二番を弾いて

b0019333_2264854.jpg

なりちゃんのレッスン。
なりちゃんは、弾きたいという曲が毎回難曲だものだから、まずはもう少し簡単な曲でレパートリーを増やそうね、と説得にかかっておりました。
だってね、ほら、と弾いて見せて、この曲はちょっと難しいからね、と言うと
な:「だって、ずいぶん簡単そうに弾いてるじゃん」
私:「そりゃ 私は簡単に弾けます」
な:「なんで?」
私:「だっていっぱい練習してるもの(…う、嘘だなぁ…滝汗)」
な:「フーン…」
私:「なりちゃんも練習すれば弾けるようになるけど?(←たたみかけのつもり)」
な:「あっそう」
練習するつもりはさらさらないらしい。
さらに、いきなりこう言った。
「せんせー、これ2番まであるんだよ ちゃんと2番を弾いてよ」

え゛。

なりちゃんが今弾いている曲は、原曲は歌曲なので、確かに歌詞が2番まである。
とはいえ、旋律は(ほぼ)同じなので、器楽曲で「2番」を弾けと言われて一瞬怯んでしまった私である。音楽であるならば、たとい器楽であっても、2番なら2番の歌詞に呼応する演奏ができて然るべき、と言われてしまったのか!? どーする私?
一瞬固まり、どどどどうしよう、と考えを巡らす私に、少年は事も無げに言った。
「あのねー、わかる?2番はここを繰り返すんだよ、」
とサビの部分を歌いだす。

ぬわんださういうことか。

嗚呼驚いた。 私はオノレの表現力を問われたのかと思っちゃったぞ。
by kyoko_fiddler | 2008-12-27 22:22 | ぶつくさ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://butukusa.exblog.jp/tb/10101036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ボビー西 at 2008-12-28 15:03 x
なるほど、なりちゃんはそう言いたかったのですね。 でも実に発想が豊かでいいな。
ところで先日は、小生のmixiの「純正律と平均律」の項に思いがけず書き込みを頂き多謝。 小生至って耳が悪いので、あまりそんなことまで拘らない(拘れない)のですが、唯一音をはずしたときだけは、「いやー、バイオリンは平均率と微妙に違うからなー」と言い訳に使っております。<汗>
Commented by kyoko_fiddler at 2008-12-28 22:57
ボビーさま
お子たちと話してると、時々自分の考え方がヒネてるなぁと苦笑させられます。
バイオリンて、音程を自分の耳に心地よくとってしまうから、純正とか平均とかということの他に、高い方の音はココロモチ高めに、低い方の音はココロモチ低めにとってしまうようです。
小学生の時、ピアノの鍵盤を見ていて、「えっ、ファのシャープとソのフラットがなんで同じなんだよー、違うでしょうがよー!」とびっくりしました。
ピアノはもともといっぱい倍音鳴ってるし、慣れもあって、こちらが気をつけることである程度キモチ悪さは回避できるんですけど、ギターとあわせるのは未だにちょっと難しいかも。
ギターとの時にはなるべくダブルで弾かないようにしています(^^;
だって、絶対にこっちが音痴だと思われちゃうんだもん。
Commented by ボビー西 at 2008-12-29 21:04 x
前に610さんも、「自分で調弦して後でチューナーであわせたら、かなりずれていた」と仰っておられましたね。 そうかー、ピアノよりもギターの方が確かに音がはっきり分かるかもしれませんね。 そこまで気づかなかったな。 ピアノとの音の違いが気になったりすると、そもそもピアノ伴奏のソナタなんかは弾けませんね。<笑>
Commented by kyoko_fiddler at 2008-12-30 01:23
ボビーさま
いつだったか、友人にピアノを弾いてもらってモーツアルトのソナタを弾いたら、えらいこと気持ちが悪くてどうにもならなかったことがありました。どっちが音痴なのか、と問われれば、多分私だったのかと思いますが、でも、私は私の出している音が間違っているとは聴くことができず、困ってしまいました。他の曲はなんともなく合わせられるのに、そのモーツアルトだけがダメだったんですよねぇ…今もってあの現象は謎です。その時だけだったんですけど。


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(320)
(172)
(138)
(109)
(44)
(35)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧