テクノポップ


この曲、スゲー流行っていましたが・・・。
今日初めて知った、これユキヒロさんの曲だったのか・・・。
YMOが一世を風靡したころ、私は生意気盛りの女子校生でした。(…確かそんくらいだったと思うんだけど)こういう曲ならなんでわざわざ人が演奏するんだろうか?ぐらいにしか思ってませんでしたが、今こうやって資料として聴いてみると、改めて なんでわざわざ人が演奏したのかわかった気がします。
by kyoko_fiddler | 2009-05-07 22:05 | ぶつくさ | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://butukusa.exblog.jp/tb/10900241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 写真少年漂流記 at 2009-05-07 23:58
タイトル : 添田唖蝉坊~高田渡~細野晴臣~そしてYMO
今蘇る書生節~貧困を唄う 拡大表示 大阪の講談師・旭堂南海から手紙が届いた。今月末に開催されるライブ『今蘇る書生節~貧困を唄う』のチラシとともに、私がかつてヴァイオリン演歌を歌っていたので、一度会えないかというものだった。今は演ってないのでお話だけならと返信しておいた。私が演歌をちょっと齧ったのはずいぶん昔のことで、確か1970~71年ごろだったと記憶している。京都市の北、北山杉で知られる周街道をさかのぼると京北町がある。常照皇寺の九重桜と言えば分かる人が多いかもしれない。その京北町に「山国青...... more
Commented by twin_lens at 2009-05-07 23:57
私はYMO結成寸前の細野晴臣サンと一緒にインドを旅行しました。そのお話をTBします。
Commented by kyoko_fiddler at 2009-05-08 00:48
twin_lensさま

あ、そうでしたよね(^^)
しえええ、と思いながら読ませていただいておりました。YMOがスゴかった当時、私ははっぴいえんどなんかも全然知らないヒトでした。この人らはどっから急に出てきたのだろうかー などと思ったことを覚えています。

YMOがとっくに散会した後で、ユキヒロさんと音楽とはあまり関係ない場でお遭いして、話かけられて、ほんの少しだけお話したことがあります。私はその時バイオリンを背負っていたし、相手がユキヒロさんだということも了解していてご挨拶していましたが、音楽とは全然関係ない他愛のない話をしました。お話し振りで、ああ、このひとはまともな人なんだ、と妙に関心した覚えがあります。

Commented by twin_lens at 2009-05-08 08:55
はっぴぃえんどのライブを聴いたことがあるのですが、まとまりのないバンドだな、と思ったものです。インドでは、細野サンと、ドイツののシュルツ、クラフトベルク、イギリスのテクノポップバンドMにジャパネスクを加えたらなんて話をした憶えがあります。それがもしかしたらYMO構想に繋がったかもしれません。坂本龍一サンは、売れないピアノ弾き時代から知っていましたが、高橋幸宏サンはサディスティック・ミカ・バンドを聴いていたものの、面識はありません。
Commented by ボビー西 at 2009-05-08 12:36 x
今考えると、YMOはすごい3人が揃っていたんですね。
ところで、この画像はNHK-BSからの録画らしいけど、何故みんなカツラに丹前なんですかね。<笑> きっと何か意味があるんでしょうが。
Commented by kyoko_fiddler at 2009-05-08 12:49

ボビーさま

これ、なんなんでしょうね どうも、前後の映像(別にありました)見ると、ニューヨークの坂本さんちを日本から高橋さんと細野さんが訪ねて行ったという設定らしいのですけれども(^^;
Commented by kyoko_fiddler at 2009-05-08 12:52

twin_lensさま

サディステック・ミカ・バンドも知らなかったんですよ
もう本当に、教則本とその他少しのクラシック音楽しか。
はっぴいえんどを知ったのは20代後半、バイオリンがアンプに繋がれて、「なんか不自由だなー」と感じてた頃です。サディスティック・ミカ・バンドはもっと後だったかも。
Commented by pattayan at 2009-05-08 21:06 x
mixiメールで、Kyokoが「テクノポップ」とかいうタイトルでBlog記事書いてるって見て、「なぜ?」と思って来てみた(^^;。YMOの音楽って、音色こそ電子音多用してたけど、音楽そのものは、別に機械的じゃないからね(笑)。(バックのピコピコシーケンスが機械的だっただけ?)

今なら、Perfumeのほうがよっぽど機械的かも(笑)。

P.S. 最近元気になってきたんで、久しぶりに曲つくったよ。ソフトの使い方の練習としてだけど^^;
Commented by kyoko_fiddler at 2009-05-09 10:23
pattayanさま

お久しぶりです。
YMOの音楽が一世を風靡したのは事実で、今だにテクノってば語られるわけです。リアルタイムでテレビで見るたびに そんなに難しそうなことやってるようにも見えないんだけど、すごいのかぁ…と不思議に思っておりました。素直な子だったのでー。

先輩パフューム好きそうですな。

私こないだフィナーレノートパッド入れました。DTMは今のところやらないだろうなーと思ったので。


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧