ちいさな手

b0019333_9145475.jpg
先日、たまたまテレビをつけたら、サラサーテのツィゴイネル・ワイゼン(値五位寝る・・・うわぉ・・・チゴイネル・ワイゼンと書くよりツィゴイネルと表記するのが好き)のやや強引な解説をしている番組が映ったので、笑って観てたら、「サラサーテは類まれなるヴァイオリニストだったけれども、決して人前で弾かなかった曲がある それは誰の曲か」という質問が投げかけられた。なんとなく反射的に「ベートーベンかパガニーニだろう」と思ったら、パガニーニだった。
「サラサーテはパガニーニに比べ手が小さかったので」と画面の中の俳優さんは説明する。
へぇー?
サラサーテって手が小さかったのか。それは知りませんでした。

本当のところは、サラサーテの手が小さいというより、パガニーニがものすごく大きな手だったのだと思うのですけどね。パガニーニの曲を弾いてみると、だんだん腹が立ってきます。こいつ、自分以外のヴァイオリン弾き全員潰す気だったんじゃなかろうか?って。実際、パガニーニのカリカチュア化された肖像は、化け物みたいな手でヴァイオリン弾いていますし。
とにかく、私には物理的、肉体的に「無理!」なオタマジャクシがにかにか並んで「どーだ、お前に弾けるか?指届かないだろう?」と挑発してくる感じです。

先日のライブに来てくださった方のひとりが、「あんな纏足されたみたいな手で、あんなに弾くなんて、びっくりして・・・」というメールを下さいました。(纏足って・・・(^^; ) 確かに私の手は普通の人より小さめなので、「手が小さい」ヴァイオリン弾きには、親近感を覚えます。そういえば、サラサーテの代表曲のツィゴイネルも、けっこうタイヘンな曲だけど、肉体的に「無理!」な部分はなかったなぁ。
「サラサーテはその手が小さいという自分の特性を逆手にとって、この華麗な超絶技巧の曲をかきました」
逆手って、やっぱりハンデというとらえ方なのねー。
それでも、ピアノよりは手の小さな人間にも打つ手があって、左手を顔により近い位置にもってきて音をとれば、音の間隔が狭まるので、場合によってはそれで事なきを得ることもできます。ピアノはそうはいかない。一番下から上まで、すべての音が予め用意されているけれど、無情なまでに等間隔に鍵盤が並んでいて、オクターブ届くのがやっと(届くだけ、演奏不能)の私には、どこまでいっても乙女の祈りなんか弾けません。

小さな手のピアニストには、でも、こういう手段があるみたいです。(^^;
確かにJOOさん手が小さめ。

by kyoko_fiddler | 2009-05-31 10:18 | ぶつくさ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://butukusa.exblog.jp/tb/11126750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uwomaru at 2009-05-31 12:54
いやいや、コッチのがずっと難しいと思いますよ…。
特訓に特訓を重ねたに違いありません。
Commented by kyoko_fiddler at 2009-05-31 16:50
魚丸さま
コッチのって? リチャード(JOO)さんのこと?
難易度は高そうですね
でも 彼は多分特訓必要なかったと思います
バイオリンのアレクセイよりも数段器用で、運動神経抜群ですから、しれっとやってのけたんだろうなと思いますー
Commented by ボビー西 at 2009-05-31 16:56 x
この二人は、例のコミックバンド<笑>の人たちですね。 自分はピアノが弾けないので分かりませんが、コレは結構難しいのではないかなー。
(「俺は韓国人で手が小さいが、小さいのは手だけだ。」の親父ギャグには笑ってしまいました。すみません、同じ親父なもので、どうもそういうところばかりに反応して。<汗>)

ところで小生は、ハイポジションに行くと音が不安定になるので(そのためにわざわざフレット代わりの色の違う木を指板に埋め込んでもらったのですが<涙>)、なるべくファーストポジションで弾くようにしています。
あ、指が太くてハイポジションに行くと、上手く正しい指の間隔にならないせいもあります。なんてね。<笑>
この前610さんのライブを聴きにいって、「ああいう具合に全ての弦のハイポジションを駆使して弾ければナー」とは思いましたが、無いものねだりをしても仕方ありませんので、できる範囲でやっていくしかないですね。
Commented by uwomaru at 2009-05-31 18:32
うーーん、運動神経抜群なら分かりませんが、後ろ向きに水平にモノを投げるのって結構難しいのです。なんでそう認識しているのかは分かりませんが。

見た目はともかく、キョウコさんは薬指が長くて親指も分かれてるので、ヴァイオリンは弾きやすいタイプだと思います。私は人差し指が長いので絶対弾きにくいと思っていたのですが、あんまり関係なかったようです。指先が細いのも不利だと信じていましたが、これまたあんまり関係なかったようで、じゃあ何が問題なのか…とだんだん崖っぷちに近づいてきています。
Commented by take525plus3 at 2009-05-31 22:18
>纏足されたみたいな手

なかなかユニークな表現ですね。(^^;;;;;

このお二人は、なかなか息のあった絶妙な間の「ボケと突っ込み」の要素があるような。。。
Commented by kyoko_fiddler at 2009-05-31 23:35
ボビーさま
小さいのは手だけだっていう意味がよくわからなくて、なんか含むものがあるんだな、ということは判るんですけど、これどういう意味なんですか?

転勤になったので、今はレッスンしてない方なんですが、大きな手で太い指をお持ちなので、ハイポジションよりもダブルストップにとても苦労してましたね。
ギターのように、すこし指で弦を寄せるようにして弾かねばならず、そうすると、本来の位置より若干下げた位置じゃないとピッチがかわっちゃうので気の毒でした。
610さんに、「610さんの手が欲しい」と言ったら、「その身体にこの手がついてたら気持ち悪いじゃん」と笑われましたけど、610さんはさすがにあの大きな手と太い指を繊細に使いこなされますねー。
あ、ボビーさん壷井さんの指見たことありますか?とても細くて長い綺麗な指で、うらやましいようなおててです。
Commented by kyoko_fiddler at 2009-05-31 23:44
魚丸さま

彼ら二人は、メニューインの弟子ですから、日頃から身体の運動能力のトレーニングはばっちりなはずです。ストレッチもヨガも日常的にやってますよきっと。だから、後ろ向きに水平にモノを投げるのも、フツーにできちゃってるんじゃないかなと思います。

あ、そうそう よく見てましたね私の手なんか(^^;
私の親指は人より生えている位置が下らしく、(ヴァイオリンの先生に「あら、今日子さんの手って変ね」と指摘されるまでわかりませんでした)それが幸いしているらしいですね。(左手は。右手は悩みの種なんですけど)

手の形っていうより、肩甲骨意識すると、けっこういいですよ、両手ともに。
Commented by kyoko_fiddler at 2009-05-31 23:50
takeさま

そうなんです。貰ったメールみて吹いてしまいました。実は足も小さめなので、(耳も小さい。末端ちっこい症なんです)私の足をみて、纏足と言った人はいますが、手をみて纏足と言ったのは彼女が初めてでした。

この二人は、恐らく同じ学校なので、学生時代からこんなことやってたんじゃないでしょうかねー(^^)
Commented by ボビー西 at 2009-06-02 03:21 x
えー、「小さいのはーー」の件は、今度お会いしたときに。<笑>
ところで、そうですね。ダブルストップって、仰せのような部分もあるし、うんと指を持ち上げて直角に下ろさないと逆に高い方の弦に触ってしまいますね。 これは、カントリー・ブルーグラスでは多用するので、いつの間にか慣れてしまってこの点は問題ありません?(って言い切れるかな?)
それと、壷井さんの指は見たことありますが、なんか「別世界の人」の指と言う感じです。<笑> 確かに一番バイオリニストらしい手ですね。
Commented by kyoko_fiddler at 2009-06-02 13:39
ボビーさま
私は逆に、ダブルストップの5度音程が大の苦手なんです。
弦と弦の間に指がおっこってしまうので(爆)情けない音がでます。
壷井さんの綺麗な指で思い出した、三谷さんの指も綺麗なんですよ。

…いいなぁ、やっぱり ああいう手指…
妹に、コビトカバの指と言われております。嗚呼。


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧