血迷うばいよりん弾き

b0019333_12492747.jpg

健康診断にひっかかった。
自分史上初である。
オールA判定、若しくは1つBがある、というのが決まりだったのに、
今回なんとC判定3つにD判定1つ。
D判定=要治療、である。
ええええええええっ!? である。ワタシ、アタマ以外にどっか悪いのか? である。
「血小板増加症の疑い 治療してください」
と、愛想も素っ気もない文言。・・・・そもそも・・・血小板増加症ってきいたことないんですが。
ネットで探すと、なんと検査方法脊髄穿刺。・・・・・。
既にどういうビョーキなのか、とかそういうことではなくて、脊髄穿刺だけが脳裏で点滅。
でも、それにしては、検査結果の数値と、この症状で示される数値とではかなりヒラキがあるな。
とりあえずは普通に血液検査もう一回だろか、と近所の内科医へ検査結果の紙を持って出かけた。
「あー、こんなんだったら、45万なんて、ぜーんぜんなんてことないよ 気にしなくていい」
紙を一瞥、お医者さんは言い放った。
おー脊髄助かったか。アタマはそれしか認識せず、「でも」とお医者さんが続ける言葉も聞いちゃいない。
「貧血が問題。かなりよろしくないから、こっちは治したほうがいい。」
へ?
そういえば、確かに貧血の疑いでC判定でしたが、赤血球の数はちゃんとあるし、要経過観察だったし、全然気にしなくていいのかと。
「数はあるけど、ちっこいの。んで、ヘモグロビンも足りないから、血が薄いの。・・・・すごくくたびれやすくない? だるくない? かなりしんどいはずなんだけど。」
いえ、全然?そもそも「貧血の疑い」っていうのもびっくりしたんだから。今までそんなん言われたことないし。
「採血した日の体調とかってことでは・・・?」
「ないね。これは今検査しても同じだよ。このタイプはだんだん進行するから、根治しないと。」
ううむ、そうだすか。
てなわけで、貧血根治をいたすことになりました。
by kyoko_fiddler | 2010-02-09 13:33 | ぶつくさ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://butukusa.exblog.jp/tb/12811490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by damedez at 2010-02-09 19:58
うむ。がんばってくだされ。
私は赤血球数も少なめだぞー。
ヘモグロビン・ヘマトクリット値も基準値以下だぞー。
白血球数も足りないぞー。

でも友人(貧血歴20年)に言わすと、
「あー、このくらいならまだ大丈夫。あんた今までどんだけ健康だったのよ?」

ひとそれぞれですなあ。
Commented by kyoko_fiddler at 2010-02-09 23:22
damedezさま
一昨年と昨年と比べると、成績ガタ落ちなんですけど、(血液の)
ここまで成績ガタ落ちだったら、少しはひ弱くなるとかあっても
よさそうですが、機嫌良く変わらず暮らしておりました。
よくみると、基準値内だけど、白血球もそのほかの値も減ってるんだよねー。
爪もなんともないし。
Commented by ボビー西 at 2010-02-10 17:01 x
KYOKOさん、申し上げにくいのですがある程度以上の年代になると致し方ないことです。 60過ぎたら必ずどこか悪いところが出てきて、非常に悲惨です。<涙> でも全然問題ありません、自覚して微調整していけばよいわけですから。 人間そんなに簡単に駄目になりませんって。<笑>(注)陰の声:そういって不摂生していると(KYOKOさんではなく、私自身のことです<汗>)危ないようー。
Commented by kyoko_fiddler at 2010-02-10 20:58
ボビーさま
おととい、ボビーさまと同年代の先輩にこの話を致しましたら
「そーんな、私なんて、判定Fまでありますよー」と哄笑されました。
Fがいくつかあるそうですが、日々普通に生活なさっておいでです。
ほおお、人間て、すごいなーと思ったり。

Fでも元気 と伺ったので、そうかそんなにびっくりしなくてもいいのか と。
ちょっとほっとしました。
だって、判定D 要治療と言われて まるで自覚症状がないなんて、まるで私はアホではないか?とそこにちょっとショックを受けていたのでございます。


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧