クロスが再びやってくる

b0019333_034226.jpg
昨年8月、David Crossのライブで共演した「新月」のギタリスト津田治彦氏に、クロスが提示した“楽譜”を持って頂いて携帯電話で撮った写真。いままで秘蔵してました。ゴメンナサイ。

元クリムゾンのヴァイオリニスト、 デイヴィット・クロスが再び来日します。
いや、今年4月には彼自身のバンドと共にやってきていたのですが、返す返すも残念なことに、4月は行かれなかったんですねぇ…。
今回は、単身来日し、日本のミュージシャン達と共演するようです。

彼のヴァイオリンを聴かなかったら、今日のワタクシはなかったと思います。
それまで、ただヴァイオリンを弾いていた、クラシックのヴァイオリンだけを弾いていた私に、「バンドで弾いてくれないか」という誘いがありました。そのとき、誘ってきたメンバーたちが、おそろしく無知蒙昧だった私に(実際彼らはかなり驚いたらしい)いろいろなヴァイオリンを聴かせてくれたのですが、そのときに、琴線に触れたヴァイオリニストは エディ・ジョブソンでもなく、ジャン・リュック・ポンティでもなく、ダリル・ウェイでもなく、デイヴィッド・クロスでした。
技術的に見れば、クロスより、他の人たちのほうが卓越しているでしょう。(爆)
でも、それを凌駕する圧倒的な表現力をクロスのヴァイオリンに感じました。
同時に、私をして「これなら、やってみる」と無謀にも思わせる力がありました。

まさか、生ライブも含めて本人に「会える」とは思っていなかったので、去年、会ってインタビューすることになった時には、「長生きはするもんだなー」と思いました。

正直いって、でもライブは聴くのが怖かったんですね、聴くまでは。
落胆したらどうしよう って。
「往年の」という冠だけを頼りに繋いでいるのであれば、そんな姿は見たくないと。
杞憂でした。
クリムゾンの頃より、もっと雄弁になっていました。

彼の場合、インプロヴィゼイションといっても、非常に緻密に計算されたプロセスがまずあって、(上の写真参照のこと)その自分で計算したガイドラインに沿って、自由に音を膨らませてゆくというスタイルでした。
インタビュー時、そのスタイルのことも含めて、現在に至るプロセスのことや、
何故エレクトリックヴァイオリンなのか、といったことまで、いろいろ質問したのですが
面倒そうな顔ひとつせず、熱心に答えてくださいました。音色そのままの人柄だなと
思ったので、調子に乗って、「Because of you, I 've been playing.(the violin)」と言ってしまったら「そりゃ光栄だね」と笑って「keep it on!(^^)」と言われてしまいましたっけ。

Eraとして、共演した鬼怒無月さんも、壷井彰久さんも、クロスに向かって「We are your child!」 と言ってましたからね、同じような思いのミュージシャンは多いのだろうな。

この夏こそは、「再会」せねば。

2005年8月27日(土) David Cross + 是巨人(吉田、鬼怒、ナスノ)
2005年8月28日(日) David Cross + 千野秀一(pf)、David Cross solo
 両日 吉祥寺Star Pine's Cafe 前売3000円 当日 3500円 ドリンク別

デザイン・フェスタ
by kyoko_fiddler | 2005-06-27 00:34 | Trackback(2) | Comments(16)
トラックバックURL : http://butukusa.exblog.jp/tb/3014028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広告の裏より at 2005-06-27 03:46
タイトル : デヴィッド・クロスがまた来日するらしい!
家でPCと向き合ってたらブログに新しいコメントが。 以前の記事で紹介した河崎今日子さんからでした。 050515 そうかぁー、行けるかなー。どっかに出かけてさえいなければ絶対行きますが。 クリムゾンも来るの来ないのでかなりわくわくしていましたが、 結局なんだかエイドリアン単体フジ出演のみに終わりそうでげんなりしていたところ。 行きます行きますー。 教えていただいて感謝感謝。行くなら鬼怒無月の出る27日ですね。 楽しみだー。 ・・・しかし、河崎さんはどう...... more
Tracked from David Cross .. at 2005-06-27 15:35
タイトル : D. Crossがいたから: ヴァイオリニスト 河崎今日子
クロスが再びやってくる ... more
Commented by dojou7 at 2005-06-27 01:42 x
すみません名前の挙がった方がた、ほとんど知りません。
千野さんは白州のダンスフェスティバルでご一緒しました。
あっ、我が家はダンサー一家なので。(私は違いますが)。
8月後半はいまのところ時間が取れそうです。
Commented by benebello55 at 2005-06-27 02:11
あー、千野秀一って昔ダウンタウンにいた人ですね。
といっても松ちゃん&浜ちゃんじゃないですよ(笑)。
kyokoさんがそこまで影響されたDavid Cross、見てみたいです。でもこのライブ、安すぎないですか?
Commented by deskaoki at 2005-06-27 03:55
ああ!嬉しい!トラックバック&コメントをいただけるなんて。
さらに素晴らしい情報まで頂いて、ありがたい限りです。多謝。
クロスが今どんなヴァイオリンを聴かせてくれるのか、本当に楽しみにしています。
何か盗めるといいな、と思いつつ夏の終わりを待つ。

夏の入り口より。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-06-27 08:22
dojou7様
ダンサー一家…すごい。千野さん、わたしまだ面識ないのですが、手配師の方の話では、インプロ弾かせたら右に出るものの無いピアニストだと伺っているので、楽しみにしています。
ああ、クロス氏去年来日したときに、「コンテンポラリーダンス」と共演したいと言っていたので、そういう繋がりもあるかもしれませんね。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-06-27 08:25
benebello55様
…確かに、ライブ 安すぎますねぇ…ノーギャラか?っていうぐらいの値段ですね。きっと手配師M氏が自分の取り分を削ったのでしょう。
…すごくお得な気がしてきました。(値段をまだよく見てませんでした 爆)
Commented by kyoko_fiddler at 2005-06-27 08:29
deskaoki様
不躾にTB&コメントして失礼いたしました。はじめましてです。
クロスまた来るなぁと思ってネットをうろうろしていて「発見」させていただきました。
今回は是巨人との共演が、どんなことになるやら楽しみですね。
千野さんとの共演は、千野さんの演奏をまだ存じ上げないので、これもまた全く未知数です。
Commented by complex_cat at 2005-06-27 12:05
最近,自分のブログも抑えていたプログレへの憧憬をちらちら出し始めた矢先です。実際,一番最初に kyoko_fiddlerさんのプログレ系のバイオリン弾きのお話,共時性を考えずにはいられませんでした。生クロス,見てみたいです。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-06-27 21:30
生クロス。(^^;
長身の、物静かな、イギリス紳士ですよ。子煩悩で。
でも、音楽の話になると、時に非常に辛口でしたね。自分のありようを、リキむことなく、しっかりと持てている、よい年を重ねた方でした。物静かな外見ですけど、時に音は激しいです。
Commented by deskaoki at 2005-06-29 01:26
偶然だったのですか?・・・すみません、インタビューページに勝手にリンク張らせていただいてました。ごめんなさい・・・。それにしても、羨ましいですね。クロスは、同じくヴァイオリンを扱うものとしての僕の憧れです。ああ羨ましい。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-06-29 08:27
deskaoki 様
え?いいえ リンクどうぞご自由に、あんなんでよろしかったら(^^;;;
クロスは非常に気さくなヒトなので、今度のライブの時に話し掛けてみたらいかがでしょう?
きっと喜んで話をしてくれると思いますよー
Commented by deskaoki at 2005-06-29 12:06
えー、そんなことできるのでしょうか・・・!?どきどき。
出待ちとかするんですか?やっぱり。
もしそうなら、出待ちは元ガンズのダフ・マッケイガン以来のことになるな。
あー・・・もしサインとかしてくれる人ならば、ヴァイオリンのケースにしてもらおうかしら、持って行って・・・。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-06-30 17:22
あ、それ名案かも!
Commented by nekoromochi at 2005-06-30 22:26
ウニャニャっ≦⌒◇⌒≧З
David Crossが来るのかぁーっ。
壷井彰久氏との掛け合いが面白そうっ♪
東京だけかニャァーっ≦・δ・≧З

ジャン・リュック・ポンティの名前、久しぶりに聞いた。
大昔、レコードも置いてある某書店で騙されて買ったのが1枚あったっけっ≦ ̄□ ̄;≧З
Commented by kyoko_fiddler at 2005-07-01 07:43
騙されて…(^^;;;;;;
確かに、何故かあの人のアルバム、上手なんだけど退屈なのが多いですねー 爆
Commented by motorsportfb at 2005-07-05 23:26
Cross来日公演のチケットを確保した翌日に、広島転勤を言い渡された俺が来ましたよ。
でもライヴ当日は戻ってくる所存。ええ何があろうとも土曜日だけは見ますともさ。
しかし、中央線系ミュージシャンのライヴを見放題聴き放題だった吉祥寺在住の4年間、楽しゅうございました。
当分は中央線系ともお別れ(web通販でCD買うぐらいですかね)ですが、いつかはまたこの楽しい吉祥寺に戻ってきたいものです。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-07-05 23:34
おおおおお、なんと…
では、吉祥寺で来月お目にかかれますね(^^)
…って、すみません、お顔わかんないですけど…ん、いや、
吉祥寺のライブハウスのどこかで、すれ違ってますね、きっと。


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧