<   2009年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

雪は降る

b0019333_1029789.jpg
かーは気だるい。
「雪が降っている」と認められるほどに降っているのはこの冬初めてじゃないでしょうか。ちらついてたね、あ、そお?気がつかなかったー なんてのが1~2回でしたから。
かーは、雪がちらつくと、ベランダで遊ぼうよと誘ってくるのですが、今日も私は遅いので、降る雪では遊べそうにないなぁ…ごめんね、閣下。夜も降っていたら、ちょびっとだけ遊ぼうか。
写真を撮ろうと思いましたが、携帯のシャッター速度が速いのか遅いのか、雪が写りません。
by kyoko_fiddler | 2009-02-27 10:29 | かーは猫である | Trackback | Comments(0)

禁断のお菓子

b0019333_16574273.jpg

この〇ールというお菓子、幼い頃「食べてはいけない」お菓子でした。〇っぱえびせんは食べてもよくて(ぶつぶつ言いながらもいつも家に買ってありましたな)なぜこれが食べてはいけなかったのか謎ですが、とにかく母コードにひっかかって、買って貰えなかった禁断のお菓子でした。

オトナになったので、もう自分で買って食べられる身分となりましたけど

…カブトムシの幼虫みたい。
by kyoko_fiddler | 2009-02-25 16:57 | Trackback | Comments(7)

顎当て環境改善計画

b0019333_23264024.jpg
原状。ガルネリタイプがついています。
b0019333_2327733.jpg
ちょっと解り辛いですが、このふたつ、かなり厚さが違います。
b0019333_23272239.jpg
交換後。ちょこなんとちっこいカウフマンタイプ(に近いですが、スズキオリジナルです)がくっつきました。

あまりじっくり選んだり迷っている時間がなかったので、暫定ですが、しばらくこれで弾いてみます。
…わー、なんかあごあてちっこい。
by kyoko_fiddler | 2009-02-24 23:33 | Tools | Trackback | Comments(7)

Padam Padam


シャンソン、全然詳しくないですし、おフランス語もまったく判りません。ぼん! ぐらいしか。
でも、この人のこの歌が好きなんですよねぇ。

一度だけ、中学・高校生の部活のオーケストラですけど、演奏会で指揮棒を振ったことがあります。
その時の曲も、そういえばシャンソンでした。

これでした。
勿論、インスト(爆)でですけど。これをフルオケ歌なしでやるってのも、なんだか今考えると、不思議ではありますね。
当時、この歌詞が全然ピンとこなくて。今でも違う意味でピンと来ないです…。
by kyoko_fiddler | 2009-02-23 14:19 | ぶつくさ | Trackback | Comments(9)

猫の日

b0019333_1157135.jpg
猫の日だろうがなんだろうが、毎日がかーの日。
by kyoko_fiddler | 2009-02-22 13:37 | ぶつくさ | Trackback | Comments(2)

驚きの決着

b0019333_23201022.jpg

信じてませんでした ごめんなさい。
2日で決着! と言われて、そんなふうに断言する医者って、なんだか信用できん と思ったわけです。
薬、まる2日分、あと1回分を残した段階で、この回復ぶり。
いや、実際にまだ咳は出ます。時々咳き込みますが、咳の剣呑さが違うのですよ。
なにより、楽。声ももどって来ましたし。

前の医者の出した薬は5日分。
よく調べてみると、或いは副鼻腔炎までは想定していたかどうかはともかく、「もしかしたらアレルギーではないかも」という想定もしていたようではあります。製薬会社が違いましたが、どちらのお医者様も同じ抗生物質を出しましたし。
ダイレクトな「治療」を行うのか、行わずに薬でどうにかしようとするのか、の
違いなのかもしれません。

小児科医を教えてくださったのは美人3姉妹一家で、ご一家は、そのM小児科を信頼するあまり、M教信者と言われているそうですが、今日から私も入信しようかと思います。
盲信はしないけど、アレルギーじゃないと明確に看破した経験値とセンスはさすが。
次からは、咳がひどくなったら、腹を括ってネフライザーと。
by kyoko_fiddler | 2009-02-20 23:20 | ぶつくさ | Trackback | Comments(12)

偽花粉症ギワク。

b0019333_15413268.jpg
拗ねてます。『きょーこのバカ。』

毎春恒例の「気管支のアレルギー」による「咳喘息」。
ああ 花粉症なんだ とあきらめて おとなしくげほげほ(…おとなしくないか)咳こんではゼイゼイ言っておりましたが。

昨日夕方のレッスン中に 鼻タレになりそうになって、かっちょわりいと慌てて鼻かんだら、耳の奥で厭な感じの水音がし、両方の鼻の穴から鼻血ブーとなりました。(ばっちい話でごめんなさい)さすがに お医者さんの薬飲んでまる2日経つのに 微熱が続いてるし、咳も減らないし、耳もまた痛くなってきてるしこれって…、どっちかというと悪化してませんかね?
私としては 耳に違和感と痛みがあるのが何よりも気になるわけで、そもそも医者に行くべ、と思ったのも耳の穴が痛くなったことがきっかけ(でなければまた1ヶ月ぐらいしないと、咳が止まらないのに気づかない)だったわけなので、耳で水音なんかしたら もう 一大事なんであります。
耳鼻咽喉科に行くべきか?
次のレッスンに向かった先でお母様に いい耳鼻咽喉科ご存知ありませんか?とげほげほ尋ねたところ、紹介されたのは耳鼻咽喉科ではなく小児科でした。
「でも大人も診てくださいますし、薬少なくて早く治してくれます。うち一家全員でお世話になってます」
朝起きて、まだ熱があっさり7度超えしていたので、ゼイゼイ言いながら教えられた小児科へ。
当たり前だけど 待合室は乳幼児とお母様ばかり かなり場違いでしたが なつっこいお子たち(但しハナタレばっか…当たり前か)が遊び仲間に入れてくれたので そんなに所在無いこともなく診察の順番が来ました。
ざっと私の愁訴を聞き、喉診て耳の穴診て聴診器当てて、「ハイ、そこへ休んでください」
指し示された長椅子に横になると、「ハイ、気楽に」「は?」
問い返すいとまもなく鼻にナンかを突っ込まれ、「!!!!!」
有無を言わさずなんかつっこみながら、先生は何をか説明してくださいますが、今だかつて体験したことのない異物感で、私の鼻の奥の奥やら喉の奥やら耳の奥やらはきゅえええ くえええ けっけっけっ となってしまい それどこぢゃありません。
「はい、気楽にねー♪」
「けーっ!(ムリーッ!)」
「えーとね、説明しますとね、ここね、このここんとこ」
なにやらつんつんされる。
「く!!」
「ここが副鼻腔っていうんだけれども」つんつんつん
「ハイ、気楽に♪」
無理だっつの。
痛いのでもなく 奇妙な異物感は 何やら液体を注入された感じで最高潮に達し、(耳から水が出るんじやないかと思った)ぞぞぞぞぞ というバキューム音と共になんかが抜去された時にはもう 茫然自失。
ネフライザーというんだそうですね。

「副鼻腔炎だね。」「副鼻腔炎?」
「咳出てるのは、副鼻腔に溜まった膿を出そうとしてるから。」
「毎年春先こうなってたんですけど。気管支炎とか、気管支のアレルギーとかって…」
「うん。咳喘息とか言われたりしたでしょ。あれはね医者が作った言葉で、そんな病気はないの。咳なかなか止まらなくても喘息、って言われたら納得しちゃうでしょ、だからそういうんだよ。でもね、諸悪の根源は副鼻腔炎だな。だから咳いつまでも止まらなくて気管支が炎症起こしたりするの。」
「そうだったんですかー」
「アナタは比較的早いうちに来たし、薬替えて2日で決着!」
「じゃー花粉症でもないんですね?」
「うん!違うよっ!」

明快。
2種類のお薬を2日分戴いて退出。
はてさて ほんとに明日でケロリンパなんでしょうか。
だったら いつぞやの 肋骨骨折疑惑は 医療ミスの賜物だったのではっ!?

…まあいいや
明日で治ったら いいお医者さんみつけたってことで。

「で、今後はどうやったら防げるんですか? こまめにハナかめばいいんですか?」
「副鼻腔のハナは自分じゃ出せないから、コレやりに来なさい」
げげげ。

さて。明日快癒となりますかどうか。
by kyoko_fiddler | 2009-02-19 15:41 | ぶつくさ | Trackback(1) | Comments(20)

毎年恒例?

b0019333_23341968.jpg
ほんとに仲良し、夢吉&なな。

先週あたりから、「花粉症か、やはり…」という症状があったものの、昨日突然おカマ声になってしまい、夜半にはおカマからアヒルに悪化し、今朝起きたら、「もしやこれは扁桃腺炎かぁ?」という咽喉の痛みと(耳の穴まで痛い)共に、まったく声が出なくなっておりました。
今日はともかくとして、明日これでは困るんだよなぁ。ということで、重い腰を上げて徒歩1分のお医者さんへ。
症状は、咽喉の痛みと咳だけ、あとは微熱。
「…のどの炎症ですね」
と、言われ、それは、シロートにも判るんだけど…と思いつつ、カルテをぺらぺらめくる若先生の横顔を見つめていたら、
「あー、去年も同じ時期に同じような症状でいらしてますね。」 という。
あら、そうでしたっけ。
「うーん、咳が止まらないで、おー、かなり強い薬使ってるなぁ…」
…あ゛。思い出したぞ。
そうだ。ここんちの老先生が、ムキになって咳止めを次々試してくれたけど、止まらなくって、どんどん咳が酷くなって、しまいに肋骨傷めたんだった。
「じゃぁ、お薬4日分出しておきますね 様子を見ましょう。」
黄門様のようなことを言われ、若干の不安を残しつつ退出。

今年は、コルセットしたくないぞ。
by kyoko_fiddler | 2009-02-17 23:53 | ぶつくさ | Trackback | Comments(6)

先立つ不幸

b0019333_14163318.jpg
昨年の暮れも押し詰まった頃、私が最後に会社員をしていた会社の、上司に当たる方が急死なさいました。上司と言っても、私より1つ年若かったのですが、若手ながら役員にまで昇進した方で、私がその会社に入社した時には、まさに「ブイブイ」言わして社内外闊歩していた方でした。私はその会社を辞めてだいぶ経ちましたが、独立したというところまでは風の噂が届いていたものの、その後の消息がいきなり訃報だったので、少なからず驚きました。
神道に則ったものだそうですが、50日祭とやらいう、法事のようなものを執り行うということで、私の直属の上司だった方が、はるばる「隠居」先の奈良から上京してきたので、その50年祭には参列致しませんでしたが、その元上司とお昼ゴハンをご一緒しました。

元上司は、昨年、最初に勤め上げた会社の同期と、その同期と共通の部下だった人と、そして私の知っているもうひとりの部下を立て続けに送ったとかで、少しめげておりました。故人は生前、上司を「親父」と慕っておりましたので、ショックもひとしおだったのでしょう。
先立つ不幸とは、こういうのも含まれるんだなぁと、立ち去る背中を見ながら思いました。
by kyoko_fiddler | 2009-02-16 14:16 | ぶつくさ | Trackback | Comments(2)

今日はVeniko さんと

b0019333_20211161.jpg

朝練でした。
音出し前に なんとなくそれぞれにそれぞれの写真を撮り合う不思議な光景が。
4日前 朝練の後帰る途中で発症、インフルエンザに倒れた邪悪な黒幕 ビーフシチューカワサキ氏、ドリンク剤携えて登場。
しかもダブルリハだって。ご愁傷様(^。^)/チーン☆
ヘロヘロで弾いてましたけど、唐突に「ああー鍋焼きうどんが食べたいなぁ」なんぞ言ってましたから 回復期なことは確かなようで。

しかし 本当に皆さん手練れです。
組長(仮)改め部長(仮)冥利です。

さて。このバンドのリハは、3月下旬までちょっとお休みなので、今日を境に3月のライブに集中致します。
ああ、MIDORIさん すまん。まだ楽譜できてないす…明日やります。
by kyoko_fiddler | 2009-02-15 20:21 | ぶつくさ | Trackback | Comments(8)


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧