<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おおつごもり

b0019333_17205427.jpg
例年どおりに、深大寺へ行き、年越し蕎麦を買い求め、
b0019333_17205951.jpg
蕎麦団子を食す。
世はこともなし、善哉善哉、などと、太平楽に構え、非常に簡素に年越しを迎えておりました。

今日届いた一葉の欠礼葉書。
恩師が亡くなったことを報せるものでした。
亡くなったのは今年の2月、それと知らずに私は呑気に季節のご挨拶などをしており、
ご家族の方も、私と連絡がとれずに困っていたとの由、葉書に書き添えられていました。
そういう方ではなかったので、親しく訪うといったような師弟関係はなく、ただ、折に触れ
先生はどうしておいでだろうかと思うばかりで、連絡もしていなかった自分を今更責めたところで、
もう後の祭りですが。
いまさらですが、先生、ごきげんよう。


本年1年 遊びに来ていただきまして 有難うございました。
来年もますます猫バカ炸裂しそうですが、何卒宜しくお願いいたします。
by kyoko_fiddler | 2010-12-31 17:43 | ぶつくさ | Trackback | Comments(1)

くりすます・ぐらんぷりれぽおと。

b0019333_062856.jpg

今回出走したクルマたち。

「おもろいことやってるから、見においで~」と言われて尋ねて行ったのが 3月の初めでした。
その時には、まだ、車作って見せびらかしあって喜んでるだけだったお兄様方。
ボーイスカウト達に混じってイヴェント参加し、レーンを作るといい始め、もっと仲間を募ろうよと「協会」となり、作るところからお誘いしようぜ、と製作教室をし、ミニレースをし。
このたび、初のフルレーンでのオフィシャルレースとなりました。
今回のレースは急に決まったこともあり、出走は15台、こぢんまりと行われましたが、それでも感慨ひとしお。協会スタッフ一同揃いのTシャツもだいだいしく(・・・意味不明)初代チャンプは誰なのか、眦決して臨んだのであります。

スタッフは、レース進行の役割分担を決めていたにもかかわらず、役割分担錯綜し、カメラ担当だった筈の私は、車検やったりおかもちやったり(注:車をレーンまで運ぶ役のこと。)おかげで撮りこぼししまくり・・・。

レース前に、この車達は「車検」を受け、以後レースが終了するまでは 審査員以外の人間は一切車に触れることはできません。製作者であっても。
今回は、このルール、実はかなり重要だなと気付きました。
私の虫ちゃん、世田谷みらい博以来ダントツの速さを誇っていたので、今回けっこういいセンいけると思っておりました。だから余裕かまして先日のミニレースには出走させずにおりましたが。
何度か遊んでいるうちに、シャフトだのタイヤだののメンテが必要になっていたらしく、2回戦まではいけたものの、敢え無く敗退。安易に車検に通す前に、慎重にメンテしておけば、私の手にトロフィーが降りてきたのに。

優勝決定戦になって気付けば、集まったのはオレンジ軍団、スタッフばかり。
b0019333_053373.jpg

敗退した口惜しさも手伝ってヤジると「なにをいうか!俺たちはこの為にやってきたんだぞー」と一喝され。
そりゃまぁそでしょうけども。
考えてみれば、我々スタッフが一同に会して戦うのはこれが初めてですからね。
んで
優勝決定戦。
b0019333_1524164.jpg
出走前の各々のコメント。
「今までの苦悩がやっと報われる!」 byのぶさん(サポート会員)(ブルーレーン /中落合号)
「この日の為に・・・にやり。」byモカさん(イエローレーン /ラビット1号)
「また優勝しちゃうかなー」 byチャル師匠(オレンジレーン/ ドクターイエロー) 
「・・・・・」静かに微笑む唯一オレンジ軍団ではない本日初出場の福室さん。(グリーンレーン/スパイダー)

結果は・・・
1位  ラビット1号 by モカ
2位  中落合号  by のぶ
3位  スパイダー号 by福室さん (ビルダ チャル師匠)

でした。
私がここに居ないのは想定外でしたが(まだ言ってる)、のぶさんの健闘ぶりはちょっとびっくりでした。のぶさんの車っていつもすごく手が込んでいて、レプリカーが主なんですが、スピードがいつもいまひとつなため、いつも頭抱えてまさに「苦悩の人」だったんですよ。それが今回の大躍進に。
しかも、今回出走したのは割と初期に製作されたもの。(実は新車こさえて意気揚々と持ちこんだんだけど、わずかにサイズオーバーで車検とおらず。)
「やっぱさー、最初のほうに作った車のほうが、邪念がないから速いのかなー」とご満悦でした。
「なんかさ、虫ちゃんどうしたの?今回はあまりふるわなかったじゃん!?」
・・・・うるさいわい。

そして、
速さを競うのとは別に、車のフォルムを競うMIC(もすと・いんぷれっしょん・かー)には
我がイグちゃん&VENICO II を製作した原田親方が堂々の入賞。
b0019333_03335.jpg

でも、レース前、虫には負けたくない(=私にだけは負けたくない)と仰っていた親方、第一レースで実は虫ちゃんと並んで走ったのですが、敢え無く4位で敗退。
せっかく出場者の投票で1位に入賞したのに、「虫に負けたサメに何の意味がある・・・」とメールが返ってきました。 そんなに私に負けたのが口惜しいのか・・・・。

優勝トロフィーは、これ。
b0019333_134232.jpg
モカさんが獲得。

MICは、これ。
b0019333_134449.jpg
原田親方が獲得。

いいなー、親方。このトロフィーの車、可愛いんですよ・・・・。

More :なり兄弟の車。
by kyoko_fiddler | 2010-12-27 01:37 | PineWoodCar! | Trackback | Comments(4)

Happy Holidays

b0019333_23324815.jpg

一瞬被ってくれましたが、被ったところは写真に撮れず。
これ、本当は なりちゃんのお母様が、私のオタマトーンの為に作って下さったサンタ帽です。オタマトーンに被せてあげた画像は、また明日にでも。

クリスマスイヴ となると、もうあとは大みそかまで雪崩れるように時間が過ぎてゆきますね。

みなさま、よい週末を。

明日は、お時間のある方、昼下がりにシモキタへ遊びにおこしやす。
by kyoko_fiddler | 2010-12-24 23:40 | かーは猫である | Trackback | Comments(6)

クリスマス・グランプリ!

b0019333_121622.jpg


やります。 画面クリックしていただくと、少し大きくなります。
詳細、お申し込みは

http://pinewoodcar.org/
からお願い致します。

もう年内には無理だねー、などと言っていたのですが、急きょ開催となりました。
今回は遥か鹿児島から、原田ヴァイオリン工房の原田親方の車も参戦します。私が代理出走させますが、
「めにものみせてくれるわ!」
との親方のコメントなので、当日までシークレットカーということで、お兄様方にも見せておりません。
レース本番は、うまくいくかどうかわかりませんが、USTREAMで流すかも、知れません。
そして、私の虫ちゃん2号は、まだできておりません。間に合うのか、私!?
by kyoko_fiddler | 2010-12-20 12:07 | PineWoodCar! | Trackback | Comments(6)

明和電機ナンセンス軽音部。

と、いう計5回のワークショップに参加していました。
といっても、途中私はライブだのライブだので2回ほど欠席していたのですが。
b0019333_9415171.jpg

明和電機土佐社長のもと、集まった受講者たちが思い思いに自分で楽器をこさえて演奏する、というもの。
オタマトーンふりまわして喜んでるワタシをみて、このワークショップの仕掛け人であるM姐さんという、私が日ごろから、めったに会わないけど面白くて好きなヒトから、「チョコちゃーん、(彼女は私をこう呼びます。・・・おっちょこちょいのちょこ。)こういうのあるんだよぉ」と、お声掛け頂いたので、いくいくいくいく!と即答、寄せていただきました。(いや、まさに「寄せていただきました」という感じ。)
参加してみてびっくりしたのは、受講者の方々のあくの強さというか、濃ゆさというか、・・・・。
なんつーか、毎回ある種の毒気に中てられたような状態で、教室を後にするような状態。
計5回のワークショップ&ライブの状況は、毎回USTREAMで流されていたようですが、ま、観たところであのミョ~~~な空気は伝わらないかと思います。

土佐社長が、各自受講者の開発中の楽器を見てグループ分けし、バンドを結成させて最終日に「ライブ」を行うことになっていたのですが、ライブ明けで戦線復帰した私は、「なんだかよくわからないひと」グループに配属。
b0019333_9505255.jpg
これは、美人研究家Sさん製作のテルミーナちゃん。(Sさん面白い方でした。)
我々が「ライブ」で何をしようかと悩んでいるところへやってきた土佐社長が、多分なんの根拠もなくヒラメキ(でたらめともいう)で「ここは・・・・メディカル系ですね!」と言ったので、衣装だけはさっさと白衣に決定。
リーダーは、歯ぎしり音を増幅して人間楽器と化した人。演目は「聖しこの夜」にライブ当日直前に決定。
バンド名は「明和ク・リニック」 テルミーナちゃんがクランケで ・・・・。

今回、私は参加できた日数が少なかった、という言い訳と、ちょっとヒラメキが足りなかったので特段なにかを作るということはせず、古いPCのキーボードを叩いたりはぼきでこすったりした音を増幅してリズム楽器を担当しました。ナースの白衣着て。 ナース姿が板についていたそうですが、(本職ですかと訊かれたですよ。)それ以外には特筆すべきことはないですな(きっぱり)。考えたのは 面白くないから、弦楽器だけは止めようということだけでしたし、ほんとはもうちょっといろいろやりたかったんですけど。(土佐社長に「はははははっ!そうでしょーねー!」と笑われました)

だから昨日はライブだったけど、いわゆるいつもの「ライブ」の後とはまたく違う、妙な「ライブ明け虚脱」があります。なんか、いつもと違う筋肉使って、身体の妙なところが わる痛みするような感じに近いです。
b0019333_1019434.jpg
ライブ前、これまた妙なテンションで皆を盛り上げる社長。

・・・今気がついたけど・・・
もしかして昨日のが 今年の「ライブ納め」だったってこと・・・・
いいのかそれで??? ナースで納めてしまったぞえ・・・・?

最後に懇親会で、土佐社長とも少しお話をし、M姐さんに制服着てない土佐社長との2ショットを撮っていただきましたが、まぁそれは 秘蔵と言うことで、私のナース姿と一緒に封印です。 にゃははは!

間近で見てみたかった土佐社長は 予想通りの方でした。うん。ファンだわ、私。
by kyoko_fiddler | 2010-12-12 10:21 | Reviewなど | Trackback | Comments(12)

悩。

b0019333_10575984.jpg

なりちゃんの弟くん、M君。
僕はもう バイオリンやめたいんだ!

と、最近レッスンの度に私に訴える。

「ふーん、やめんの?へー、ぼくはまだやるけどねー」
と、まぜっ返すなりちゃんをたしなめつつ、
「やめるのは、いつやめてもいいんだよ。でも、お父さんとお母さんにちゃんと言った?」
「言ったけど、ダメなんだ!」
「なんでダメって?」
「知らない!」
膨れっ面。(かわいい)
「なんでやめたいのかちゃんと説明できたの?」
首が左右にぶんぶん。
「だからじゃないかなぁ。…なんでやめたいの?」
首、左右にぶんぶん。
こうなると、M君なかなかしゃべってくれないので、いろいろ質問をし、首の振られる方向で判断するしかない。
「なんででも、やだなの?」縦に、ぶん。
ありゃ。
「バイオリン、いやなの?」ぶんぶん。
「バイオリンは、好きなの?」
ぶん。
「レッスンがいやなの?」
ぶん。
あらま…さいですか。
「そっかぁ…じゃあもうレッスン来ないの?」
「そーか、じゃあもうMは帰りに〇〇〇のカレーも〇〇〇のラーメンも食わないんだな!」
こらこら、お兄ちゃん、そこじゃないっ。
「…Mちゃんに会えなくなるのかー」
と、言ってみる。
あり?
M君、みるみる目に涙が。
ごめんごめんごめん。そういうのがとっても悲しくなる頃だった、君も。
「…レッスンに、来る、のは好きなの?」
ぶん。涙が一粒飛んだ。
バイオリンは好き、レッスンに来るのも好き。
お稽古がやだってことかな。
しばらく首ふり聞き取りを繰り返して判ったのは、
新曲をもうやりたくない。
ってこと。
何故か。繰り返しが嫌だから。
…?
繰り返しが弾けないわけではないのだ、彼。
同じパッセージを「繰り返す」のが、「苦手」だと言う。
その「苦手」の中身はなんとしてもわからなかった。
じゃあ、繰り返しのない曲ならいいのかと問うと、それもヤダー。
じゃあ、なんだったらいいのかと聞き出したら、
既に弾けるようになって、あがった曲を、これからもずっと毎週毎週やりたいのだという。
えー。
そりは…
飽きない? ぶん。
新しい曲やりたくない? ぶん。
ずーっと? ぶん。

ありゃま。困った。

あっそう。
じゃあ、まず、今やりかけの曲は仕上げようよ。
眉間にシワよせ、ぶんぶん。
うーむ。
また来週ね、と言って別れたが、さて、どうしたもんだかねえ…。
by kyoko_fiddler | 2010-12-07 10:57 | なんちゃって先生 | Trackback | Comments(8)

斑女 三島由紀夫 近代能楽集

井万里きよあちゃんが 三島作品に出演する、とな?
これは観なくてはいかん。

そう思って、当日はレッスンも時間を早めて頂いて、いざ、観劇へ、と思ったら京王線止まる。
息せききって会場へ駆けつけたので、最初の肝心のきよあちゃんの舞いを見逃してしまったが、美しい狂女の役、見事に演じているきよあちゃんを見て、ちょっと瞠目しました。
きよあちゃんが、これからどこへ向かって進んでいくのかは、きよあちゃんのみぞ知る ですが
女優もありだな、と思った時間でありました。

さすがに、舞台の写真は撮れなかったので 今日は 文字だけです。
by kyoko_fiddler | 2010-12-05 02:04 | Reviewなど | Trackback | Comments(0)


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧