<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

オタマトーン、格納の儀。

b0019333_146695.jpg

材は桐、漆は鎌倉赤 紐は「虫が好きだから、真田紐」・・・・虫が好きって、違うから。しかもサナダって、それ、ムシ違いだから!!!

昨年秋、オタマトーンがやってきたとき、私は確かにお兄様方の中で「でぇく」「師匠」と呼ばれていたチャルししょーに、オタマトーンのケースを作りたいんだけど、どうしたらいいでしょうかねぇ、と相談していました。でも、その後、畳みかけるように決まったレースやら教室やら、その他もろもろで忙しくなったので、オタマトーンは製作者推奨のソフトケース(100円ショップで売られているA4サイズの緩衝材っぽいポーチをオタマトーン型に縫い直す)に入れたまま、ハードケース製作のことは忘れておりました。

で。

先日、アジトAに集合して次なる作戦を練ろうとしたその時でございました。
ししょーが何やら和紙にくるまれた長細いものを取り出し、「これ、プレゼント」と。
開けたらなんと、漆の匂いがする朱塗りの函が。
「う、うわーっつ、これっ!?」
なんと、オタマトーンの函を拵えていただいてしまいました。
b0019333_14125299.jpg

開けると、こんな感じ。
b0019333_14131848.jpg

納めると、こんな感じ。
なにやら、オタマトーンが偉そうに、やんごとなき楽器に見えてきます。
うわわわわ。これをくるむ金襴緞子と、それを捧げ持って私の後をついてくるめのわらわを雇わねば。

蓋側には、かーと同じ毛色の猫のレリーフが。
「ちゃんと、かーもいるよ」
と、ししょー。
まったくもう、お茶目が過ぎます。
by kyoko_fiddler | 2011-01-24 14:20 | Tools | Trackback | Comments(15)

知恵熱リセット

b0019333_13513955.jpg

これ、パン屋さんで並んでるの見つけて、みいあさんが喜びそうだ、と思わずお店の人に見咎められないようにこそっと撮ったんだけど、よくよくみると、羅漢さんのようでもありますな。

週末から臥せっておりました。
いや、実際に臥せっていたのは1日だけなんですが、その日久しぶりに39度8分、というオオイバリできる(しなくていいか)高熱を出しまして、1日コンコンと眠っておったのでございます。まさに昏昏と。
眠るというか、朦朧としてるというか、(そんな中でも猫の投薬だけは忘れませんが。)身体はもう、捨て置かれたように寝てるだけなんですが、ずうっと頭の中がものすごい忙しかった。思考の断片やら、記憶の断片、フラッシュバックする景色やら人の顔やら声やら。正に脳みそオーバーヒート状態、なんだか、脳みそ内システム組み替え作業してるって感じだなぁ・・・などと思っておりました。脳内データの検証、バグフィクスに始まって、新システムへのデータ移行、試運転、みたいなことを3回ぐらいやられた感じ。
これまた唐突に熱はスコンと下がり、アタマもカラダも なんだか かる~? くなって、身体はぎくしゃくと木偶になったかのような感じ、はーやれやれ と思ったまではいいのですが。

あり?

ほんとにアタマがリセットされてました。
熱出る前に、「あれとこれとそれと・・・」なんてココロヅモリがいくつかあった筈なのに、
きれいさっぱり、すっからぽーんと忘れております。
喜ぶべきか、嘆くべきか。
ソロバンを掃ったようなものです。少し、「空き容量」が増えたかな? 作業領域も増えたかな?

OSリインストール作業日(?)だったらしいその1日、かーはずっと一緒に眠っていました。
わがままも言わず、かといって、こちらの異変を特に妙に思うでもないようですが、きょーこが寝てるんなら、一緒に寝とくか、ってな感じでしたね。ああいうときのききわけのよさは 助かるんだけどなぁ・・・。

それにしても、頭すっからぽんですよ。
まさか、知った方にお目にかかって、・・・はて、どちらさま・・・? なんてことは、ないと、思い、ますが・・・・・。
by kyoko_fiddler | 2011-01-20 14:35 | ぶつくさ | Trackback | Comments(2)

経過観察

b0019333_184565.jpg
膝にのって寛いでいる閣下。上から見下ろして撮っています。あり?・・・・天地逆だな、これ。

どーも、新しい携帯にしてから携帯電話で写真がうまくとれなくなった。これでは本末転倒である。(え?)

閣下、早めの投薬が効いているのか、目下患部の目視確認をする限りでは異状を認めず、といった状態。
投薬始めて3日ぐらいは、患部が「腫れているな」という状態で、赤くなったり赤みが消えたり、というのを繰り返していて、まさに抗生物質とバイキンがつばぜり合いをしてる感じだったのだけれど、どうやら抗生物質優勢かと見られ。一見なんともないように見受けられる。
でも、油断はできないので、当分毎朝薬を服用して貰うことに。

猫医者と相談し、この症状が治まったら、ころあいを見計らって、閣下のゴキゲンが麗しい時に採血検査を行い、以降毎年採血検査によって、健康診断を行うことにしようと話が纏まった。
「かーちゃんは、繊細ですからね」
と、猫医者はいう。要はビビリってことですな。
それにしても、ねこ病院側も、他になんと呼んでいいやら困るんだろうけど、「ちゃん」づけされるとおかしいよね、かーって。
病院で彼の名を呼ばれる度に変な名前つけちゃったかな、と 毎回思う。
でもなぁ・・・かーの場合、名前 つけたわけじゃなくて、ついちゃった名前だからねぇ。

しかし 冬は寒いから、閣下のほうから密着してくるので嬉しい。
膝に乗ってきてすうすう眠るなんて、寒くなかったらあり得ないもんな、ツンデレ閣下。
by kyoko_fiddler | 2011-01-14 18:58 | かーは猫である | Trackback | Comments(2)

新年早々

b0019333_193556.jpg

新しい鳴き声のヴァリエーションが増えたのか? それとも身体の変調か?
と思ったのが、昨年暮れ、最後の1週間だったと思う。
なんか、もう、びっくりするような超甘ったれ声なのだ。

体調に問題があるのかと、身体中をいじくり、揉んだりさすったりしても、特にどこといって痛がる様子はなく、眼を逆さカマボコにして憮然としているだけなので、気のせいか 新手のアピールを覚えただけか、とちょっとひっかかりながらも、そのままにしていた。
はっきりと違和感を感じたのは 七草粥の日。
夜、暖を求めて私の膝を占拠している閣下を、「さて、ねましょうかね」と声をかけ、膝からおろそうとした時である。
「やーーーーーっ!」
いい気持でまどろんでいるから嫌がるのはいつものことだけれど、厭がりかたが度を越してる。
やだったらーーーー! と私の手に牙を充て、(咬みはしない) かーっ! と気炎を吐いたのである。
尚も うーーーーー と唸る。
間違いなくおかしい。
ねこ医者に、とりあえず現状の報告をして、翌朝電話を入れることにした。
現状の報告といっても、漠然とした報告しかできない。明らかになにかがおかしいが、具体的にどこかを痛がるわけではないし、お尻だってさわってみてもなんともない。
翌朝ねこ医者に電話をしてみたが、当然ねこ医者も漠然としすぎていて判らない。
徒に診察して閣下を興奮させるのは危険なので、もう一日様子見しようということで、電話を切り、改めて閣下の全身マッサージをしてみると。
ビンゴ。お尻のあたりを痛がるではないか。
再度ねこ医者に連絡、投薬開始。
ううむ。またか。
今回も、破れるところまで行くんだろうか。それとも薬で抑え込めるんだろうか。
苦痛が少なく済むといいね。
by kyoko_fiddler | 2011-01-10 01:37 | かーは猫である | Trackback | Comments(6)

あけましておめでとうございます

b0019333_0344186.jpg


本年もよろしくお願いいたします。

かー & きょうこ
by kyoko_fiddler | 2011-01-01 00:35 | ぶつくさ | Trackback | Comments(8)


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(320)
(172)
(138)
(109)
(44)
(35)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧