<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

招き犬 ニコ

b0019333_11555223.jpg

バケラッタ鈴木が、暇なら仕事手伝えー、というので、彼女の事務所に行った。
暇かと問われれば、それほど暇ではないんだけど、手伝いを言われた方も、言ったほうも、シタゴコロがあった。

彼。ニコラス生後7ヶ月。

去年の暮れ、バケラッタと共に暮らした愛犬イエッセ君が、虹の橋を渡ってしまった。
そして、以来彼女の母君のペットロス状態が深刻で悲嘆に暮れるあまりに、病みついてはいかん、と思ったのと、看取った獣医さんが、「こんなに可愛がって大切にしてあげられるお家なんだから、また他のワンちゃん飼ってあげてくださいね」 と言ったのと、で、バケラッタはあまり日を置かずに新しく 彼を迎え入れることにしたのだそうだ。

獣医さんからは、次に飼うなら全く別の犬種を飼うよう勧められたという。
「どうしても前の犬と比べちゃうからだって。」
「自分のトシ考えたらさ、そんでもって犬の寿命考えたらさ、もうこの先何頭も飼えないじゃん?」
と、バケラッタはいう。
だったら、今度はどんな犬と暮らそうか、バケラッタは楽しく悩んだ末、殺処分を免れ、里親を待っていた彼を見つけたのだそうだ。

保護していたおうちで、彼は確か「ころ」ちゃんと呼ばれていたと思うが、バケラッタの元に来て2週間、ニコラスという小洒落た名前を貰い、彼の為に用意された終の棲家に寛いでいる。
なるほど、こうして見ると、ニコラス(結局ニコちゃんと呼ばれているが)という名前の良く似合う、タレ耳が御愛嬌の小粋なワンコで、納得。

ニコ君は、「飼えないから」と乳離れ直後にボランティア団体に持ち込まれ、一度里子に出されたものの、1日で出戻った経緯を持っているそうだ。そして、バケラッタの家に来て2週間、まだ緊張もあるのだろう、なかなかに人見知りが激しく、(私は本来犬でも猫でも触りたいタチなんだけど、彼の方から近寄ってくるまではと我慢した!)バケラッタの仕事を手伝いながら、ほぼ半日一緒にいたけど、その間、3回ぐらいかな、自発的に近寄ってきてくれたのは。
預かり親さんのところにいた時の彼は、ひとなつっこく、誰にでもだっこをせがむ甘ったれ犬だったそうだが、バケラッタの家に来てからは、人見知りが激しくなったのだそうだから、まだ緊張しているんだろうな。
バケラッタの母君とも、まだある種緊張関係にあるらしい。
私に対しての好奇心はあるらしく、(侵入者だからねぇ、彼にとっては)バケラッタにひっついて、しなだれかかって、その状態で、チラっ チラっと私に視線をくれる姿が可笑しくて、ついついからかいたくなるのをこらえるのがケッコウタイヘンだった。
「来て最初の頃は、わたしすごく尊敬されてる人だったのに、もうすでにオトモダチレベルまで落ちてきちゃったのよね、ランクが」
とバケラッタは笑っているが、最初に「ころちゃん」に面会した時の写真を見せてもらったら、今よりまだ少し幼い顔の「ころちゃん」が、バケラッタに頭を押し付けて、そっと目を閉じていた。たまたまそういう瞬間が撮れただけかもしれないが、「ころちゃん」の顔が「みつけたー!まってたー!やっときてくれたー!」と嬉しそうに笑って見えるなかなか感動的な写真だった。相思相愛だな、あれは。

仕事が終わって(終わったのかな本当に)ニコ君の散歩につきあった。
バケラッタはニコ君が来てからというもの、何故か仕事の依頼がたてつづいて忙しくなっているんだという。
「ニコが仕事咥えてきてるみたいなのよねー。」
彼女としては、仕事は嬉しいが、ニコ君にかまける時間が減るのでジレンマらしい。
ま、また仕事たてこんだらニコ君と遊びに手伝いに行くからさ。

ニコラス、実はまだ「お試し期間」中。でも、彼があのうちから出ていくことはなかろう。もうあのうちの子だ。

うん、君、強運の犬認定。
by kyoko_fiddler | 2011-02-24 11:55 | ∟猫その他イキモノ | Trackback | Comments(3)

222

b0019333_2256382.jpg

猫の日?なにそれ。
by kyoko_fiddler | 2011-02-22 22:56 | かーは猫である | Trackback | Comments(0)

仙川 Smile

b0019333_23291179.jpg

美人3姉妹生徒の長女、 K子さんが、仲間数人と、可愛い雑貨屋さんを始めました。
京王線仙川駅 徒歩3分。
Smileというお店。
レッスン終わって帰る時、「もうお店締ってるんですけどー、見てって下さいー♪」って、特別に開けて中を見せて下さいました。
店内は、屋久杉のオーナメント、ワイヤーアート、ビーズ細工などの可愛い雑貨と、K子さんの趣味、カエル(特にアマガエルが好きだそうです)のグッズ、・・・・で、私が目についてスナップしたのが、これ。
ウオオくんでした。(いいのかそれで 私?)

勿論、もっといろいろなお品物があります。詳しくは

http://www.smile.com-co.jp/

で、どうぞ。通販対応も検討中とか・・・・。

彼女のお店では、一部委託販売も受け付けております。ご希望の方、いらしたら、問い合わせしてみてください。
by kyoko_fiddler | 2011-02-21 23:29 | ぶつくさ | Trackback | Comments(4)

まい・ふぇばりっとヴァイオリンプレイヤー


武藤さんに、出会えたのは本当に幸運だったのだと思う。
怖いもん知らずというか、若(ばか)かったというか。いきなり不躾なコンタクトをし、
どんな方かも知らずに会う約束をし、そのあと、音を聴いたのは、Coccoの カウントダウンでの、圧倒的なヴァイオリンの咆哮だった。
それで、実際にお目にかかった時には、がちがちに緊張してたんだよな、私。


以来、現在もこの方のヴァイオリンの音が好きだな。
最近、全然生で聴きに行かれないんだけど。

Moreカウントダウンはこんな曲
by kyoko_fiddler | 2011-02-19 00:51 | ぶつくさ | Trackback | Comments(9)

雪の降る街を〜

b0019333_23515312.jpg

年齢詐称疑惑を持たれそうですけど。
いま、こんなんです。
携帯だったせいもあるのかな、降ってる雪は捉えられませんでしたが(調整すれば撮れたかも)
かなり降っております。

かーをだっこしてベランダから雪見しただけでは飽き足らず、外に出てみました。
(勿論かーは留守番。)
by kyoko_fiddler | 2011-02-14 23:51 | ぶつくさ | Trackback | Comments(5)

はじまりの・・・・はじまり?


私が、「クラシックじゃないの」を弾くようになった時に「参考資料」に渡されたのが、このバンドと、カンサスと、キング・クリムゾンの数曲でした。

エディ・ジョブソンは最近も割と頻々と来日しているようですね。

そっかー、初心に帰って(!?) こーいうばいよりん、作って貰おうかなぁ・・・・
(真似るとこ、違うから!)

初めて動いてるとこみっけたので、思わず貼りつけ。
by kyoko_fiddler | 2011-02-13 00:34 | Reviewなど | Trackback | Comments(7)

猫の捕り方

b0019333_21345692.jpg

外から戻って、寸の間コートを置くと、漏れなく猫が捕れます。
by kyoko_fiddler | 2011-02-12 21:34 | Trackback | Comments(0)

検査の結果

b0019333_2315125.jpg

検査の結果は、一点を除けば問題なし。

一点、というのは、血中カルシウム濃度が異常値を示している(高い)ということ。
それ以外に気になる数値はなく、全く問題ないが、この異常値、血中リンの濃度と併せてみると、看過できないということで、再来週、再検査することに。(リンの数値は正常値だが、カルシウムとのバランス的にみると、あまり芳しくないそうだ)
血中カルシウム濃度が高い原因として考えられることをずらりと並べたねこ先生、一過性のものである可能性もあるから、2週間あけての再検査をし、それでも数値が異常を示せば、具体的に原因を探っていくことにしましょう。とのこと。
すぐに体調に変化を来すということはない数値だと言われたが、やっぱり気になるなー
2週間後 なーんだよかった、となることを願って猫神さまに御祈りを。
こないだ、猫面地蔵にかーの無病息災をお願いしてきてよかったかも。
by kyoko_fiddler | 2011-02-09 23:15 | かーは猫である | Trackback | Comments(4)

Deadly sleepy cat



かーも、こういうこと、ありました。
玩具を追いかけて宙返りして、ソファに落ちたところで、スイッチが切れて、寝てしまったので、私は一瞬かーがコトキレたのかと思いましたよ。
by kyoko_fiddler | 2011-02-09 19:39 | ∟強運の猫たち | Trackback | Comments(0)

採血検査。

b0019333_22102699.jpg
朝、布団に起き上がった私の膝で、二度寝を愉しむ閣下。
冬にしか観られぬ光景であります。

閣下は今回は運よく投薬のみにて、肛門膿治癒。
で、今度こそ採血検査をやって、健康診断をしましょう、という話になった。
採血検査の前日は、夜9時から絶食。
ほお、人間と同じなのねー、と思いつつ、閣下の日ごろの生活リズムを考えて、ちょっとナンギだな、とブルーになっていた。
かーは食は細いのだが、ちょびちょびと食べたいクチなので、「お夜食」と「おめざ」をつまむのを習慣としている。
これはもう、9時になったらさっさか寝たフリをするしかない、朝もねこ医者に行くギリギリまで寝ているフリをするしかない、と思いつめていたところ、何故か夕食を普段よりももりもりお召し上がりになった後、さっさと「フテ寝場所」に籠って爆睡状態にはいった。これは好都合、と早々に夕食を片付け、私が布団に入るなり、フテ寝場所からもそもそと起きだして、速攻同衾。こうなったら、朝まで閣下は私を布団から蹴りだすことはあっても、起きだすことはない。 第1の難関は難なく突破。
第2の難関「おめざ」はどうしたもんか、と朝布団の中で寝たフリを決め込み悶々としてたら、閣下、起きだして台所へ行った。なんにもないので私のところへ戻り、不満を申し述べようとしたところをすかさず起きあがった私が、ぬくぬくの布団へいざなってごまかしにかかると、まだ半分眠い閣下、上記の写真のようにぐだぐだになり、眠さに負けて再びのまどろみ状態に陥り、出かける時間ぎりぎりまでこんな状態。 これまた拍子抜けするほどの楽勝。

ねこ病院に到着すると、ねこ先生も緊張の面持ちで待っておいででした。
かーの猫となりを知っているねこ先生は、
「チャンスは1回、だめだったら無理にはやりません」と宣言し、事前に、採血体勢にもっていくためのシュミレーションをして、打ち合わせまでする念の入れようでしたから、当然といえば当然。
が。
バスケットから出る時に、ちょっとうがー、と怒ったのに、意に介さず前足を掴んで引きずり出そうとした私にちょっと牙を当てただけで(咬みませんでした)うーうー怒りながらも出てきた閣下、私が上半身を保定して、ほい、と診察台に置き、そのまま閣下の顔に覆いかぶさるようにして、彼からねこ先生が見えないようにし、耳に口を寄せてネンブツのように「すぐだからねーこわくないからねーがんばろうねーもうおわるからねー」と囁いて、周囲の音が聴こえないようにしたところ、うーうー唸って震えてはおりましたが、暴れることもなく、あっさりと採血終了。(針が刺さったのも判らなかったらしい。)
「なんと、意外にもすんなりいきましたね。」
とねこ先生も拍子抜けした様子。
「・・・今日は、よくがんばりました」
と閣下に声をかけるや、閣下「かーっ!」と気焔放射で返答。
「・・・次回もこうなるかどうかは、わかりませんけど・・・」
苦笑するねこ先生。まぁ、だいじょぶでしょ。

閣下のねこ病院での態度の変化は、私としては感じるものがありました。
今のねこ病院に「転院」する前に、予防接種などに通っていた動物病院での扱われ方が、かーにとってはトラウマだったんだろうと。いや、悪い先生ではなかったのですが。
今のねこ先生は、ねこ専門だけあってか、扱いが上手です。少なくとも、かーの恐怖を煽るようなことは一切しないので、かーも超弩級の猛獣モードになる必要もなく、素直に怖がることができるようになってきたのでしょう。
前の先生は、本気でかーを怖がっていたからなぁ・・・
「いざとなったら、飼い主だろうがなんだろうが、見境ありません!」と言い放ち、怒り狂うかーに近寄る私に、
「危ないっ!」って叫びながら自分は部屋の隅に逃げたもんなぁ・・・ありゃ、私だって暴れただろうよ・・・。

今の先生が近くで開業してくれてよかった。


どっと疲れたらしく、閣下戻ってからずーっと寝ていて、起きてくると、ひとしきりぐずってまたフテ寝をしております。

結果は水曜日に判るそうな。
何も問題がないといいな・・・。
by kyoko_fiddler | 2011-02-07 22:56 | かーは猫である | Trackback | Comments(3)


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(320)
(172)
(138)
(109)
(44)
(35)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧