<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

春よ春

b0019333_1946597.jpg
もう行列はなかろうと、車にガソリンを入れに行き、近くまで来たし、と深大寺へ寄った。
これは、道端(?)に生えていた柊の花?

月曜日ということもあって、閉まっている店も多かったし、観光客もまばら。
折角来たし、と参詣してみたら、被災された方へのお焼香をどうぞ、と言われて、本堂に上げていただいて、お焼香をする。天台宗のお作法知らないから、無作法だったかもしれないけど。

b0019333_19465461.jpg

本堂に 主のように寝そべっていた閣下と同じ柄の猫サマ。閣下とちがって、たっぷり実戦をくぐりぬけてきたらしい。顔に沢山の傷跡があったから、強いのだろう。いい面構えだし、度胸もあって、「触らせてね」と断ってちょっと触っても動じる様子もなく、眠り続けていた。

深大寺を後にして走りはじめたら、桜が咲き始めているのに気がついた。
春だ。
by kyoko_fiddler | 2011-03-28 21:48 | ぶつくさ | Trackback | Comments(2)

ほぼ復活。

b0019333_036821.jpg
実は年末から閣下の体調はずうっとイマイチだった。
一時は肛門膿の再発しかかりもあったけれど、とにかく様子がおかしかった。
遊んでやるぜ! と誘ってこない。
やたらにひっついていたがった。
べったりひっついていて、離れようとすると爪を立てて嫌がったり、気焔を吐いて怒ったり、
唸ってみたりする。
たかだか50センチかそこらの段差すら、登ろうとしない。
抱き上げて立ちあがった私から、いつもならとーん、と華麗に飛び降りるのに、無様に落ちた。
好きにさせておくと、とにかく大儀そうに横たわっているだけなのである。
四肢がなんだか萎えている感じだった。

かーはこの5月で9歳になるが、まだそんなによぼよぼになるトシではないはず。
あまりに深窓のおぼっちゃまにして、甘やかしていたから、足腰の弱るのが早いのか?
・・・にしても早すぎないか???

「とにかく様子が変なんです」
としかねこ先生に訴えようがなかった。
身体中をいじりまくっても、目を逆さカマボコにして不機嫌になるだけで、特に痛がる場所があるわけでもない。
ねこ先生も思案投げ首でとりあえずの健康診断方法として、血液検査をすることになった。
結果は血中カルシウム濃度に異常値。
ということしかわからず。
一週間後に再検査。
やはりカルシウム濃度異常変化なし。(高い)
1回目、2回目ともに、血中のリンの濃度も高めでこれもまた看過できない数値ということだった。或いは悪性腫瘍の可能性もあるかも知れない ということで、1ヶ月後に再度血液検査をすることに。
で、昨日採血検査と、エコー診断を受けてきた。
うーうー唸りつつも、ガタガタ震えながらも、私が保定に加わって、先生の姿が見えないようにしていれば、猛獣化しなくなった閣下、今回も大立ち回りなんぞなく、検査終了。
エコーの結果は特に気になる状況は観られず(腎臓、肝臓、脾臓) 血液検査の結果も、カルシウム値がなんとすっきり正常値に戻っていた。
代わりに別のところでちと気になる値が出たので、2ヶ月後に再検査をすることに決定、合わせて、チャンスがあったら採尿をして検査することになった。採尿用の注射器と尿を入れる容器を貰って、今後は閣下の隙を伺わなければならなくなったわけ。

今回の検査結果は、なんとなく最初から判っていた。おそらくもう血液の異常はなくなっているだろうと。
なぜかというに、今月に入ってから、徐々に閣下が元気を取り戻し始めているのを感じており、まさに震災の頃からほぼ完全復活して四肢にも力が入って駆けずり回るようになっていたから。
「・・・治っちゃったみたいね」
「・・・ですね。なんだったんでしょうか」
「うーん・・・今となってはわかんないです」

結局、なんだったのかわからないままで、ねこ先生も首を傾げているが、とりあえず閣下の暴君ぶりは復活。
by kyoko_fiddler | 2011-03-27 01:22 | かーは猫である | Trackback | Comments(4)

逆破門。

b0019333_052347.jpg

2週間前にブログにアップする予定だったのは この写真でした。
パインウッドカー協会の本部で、私は来月のレース用の車の製作に取り掛かっていたのです。
本来、こつこつと、自宅で秘密裏に製作するもんなんですけど、電動工具の揃っている協会本部であらかた作ってしまおうと、ミーティング前に本部へ出かけ、糸のこでだいたいの形を切りだして、けっこうゴキゲンでミーティングの席についていました。
4月のイベントへ向けての準備の進捗状況などを確認していたときのこと、
ふっと空が曇ったような気がして、同時にすっと貧血でもおこしたような感覚があって、最初のひと揺れが来たのでした。

東京でも、亡くなった方はいますが、東京はさしたる被災はしていません。
津波も来なかったし、多少の放射線にさらされてはいても、退避命令が出るような環境ではないし。

以前から、私を、「自分は弟子を持たないが、こいつはスキルを手ほどきした唯一の弟子、サバイバルとは何かを叩きこんである」と、人に紹介する人がいました。
その人が、震災翌日に、東京から車で某山中湖の知人のところへ「避難」。
(・・・それでその日に山中湖で震度6を喰らって、その後停電になって、暖房が使えず寒いのですごすご東京に戻ってきたらしいのですが)
避難したことを云々する気はありません。怖かったのでしょうし。
でも、
病身の母親を置いて。
共同で進めていた「仕事」関係者(含ワタシ)への連絡も1週間一切ナシ。

まさにクモガクレ。
まぁ、雲を霞とすごい勢いで「避難」したのが、気まり悪かったのかな、クスクス、とか思っていたのですが、
姿を現した我が「師」は、いかに自分が「被災」したか、どんだけ今「ヤバイ」かを語り、
自慢げにヨウ素のタブレットを見せる。
避難するのは自由にすればいいが、連絡ひとつ寄越さないとはどういうことか、とさすがに、眉間にタテジワを寄せた 不肖の「唯一の弟子」に、
「命が助かる術があるなら、チャンスを逃さず最優先で生き延びようとするのが当然だ」
と。友人知人、親に仕事なんざそんなときにかまってられないんだそうで。

それが教えですか。
じゃ、破門されときますわ。

つか、なんも教わった覚えないんだけどさ。

意外な時に意外なところで人は計れるものだなぁと なんだか感慨深かったり。
by kyoko_fiddler | 2011-03-26 01:34 | ぶつくさ | Trackback | Comments(4)

猫の水

b0019333_1214653.jpg
きょーこ、サバイバルってのはセンスだぜ。 

昨日の都知事がくたびれきった様子で、乳児の水道水摂取を控えるようにと会見したのをみて、はて、乳児とだいたい同じ大きさの我が猫はどうなのか? と思った。
さすがに、いぬねこ小動物についてのお達しはどこからもない。

猫は腎臓機能がイマイチなので、ミネラルウォーターはよろしくない。
水道水から活性炭でトリハロメタンとか、カルキとかをろ過したつもりの水が、閣下用水なんだけど。
オトナ猫だから、ヨウ素の感受性はそんなに高くないとは思うけど。
ううむ。
ちみっと放射性ヨウ素が溶けちゃった水と、
ミネラルたっぷり腎臓くたびれちゃうミネラルウォーター、
どちらが閣下により良い水なのか?

とりあえず、閣下用水に、小さいボトルを買いに行ったら びっくり。
また、棚が総ざらえになっている。

…この辺、そんなに赤ちゃんだらけでしたっけ。

なんだかなあ、と思いつつ、断水用に買い置きしてあったペットボトルが1本あるし、と諦めて戻る。
とりあえず、今閣下の水皿には水あるし。

帰宅して数分後、遊び疲れた閣下は窓辺へ。
拭き取りそびれていた、窓のさんに溜まった結露をお飲み遊ばした。

ははは、そうきましたか。
by kyoko_fiddler | 2011-03-24 12:01 | ぶつくさ | Trackback | Comments(10)

next position please

b0019333_1708.jpg

これ、楽譜です。

先日のライブで初お披露目した ブルーさんのオリジナルの新曲をレコーディングすることになり、
その打ち合わせで渡されました。
楽譜なんて、演奏者がどうすればいいのか判ればいいので、どんな書き方だっていいんです。
今までにもいろんな楽譜みましたけど、でもこういうのは初めてみました。
でも、これが意外に判りやすいんですよ。
これ、いずれプレミアつくかもね? 

先日のライブの録音を一部頂きました。
なんだか全体的にハウリングが激しいらしいのですが、さらにまたそのうちの1・2曲はいずれyoutubeにアップするんだそうです。
今、これを書きながら聴いているのですが、・・・・はずかしくてぞわぞわしてきた。

次回のライブの予定も決まっているようですが、まだ解禁の指令が出ていませんので、ないしょ。

More:アップにしたら、こんな感じ。
by kyoko_fiddler | 2011-03-23 01:07 | ぶつくさ | Trackback | Comments(0)

既視感



でじゃぶというか、なんというか。
既視で思いだしたのですが、このビデオクリップ観たときは驚きました。
子供のころから、高熱出す前に決まって観る夢にとても似ているんですよ、これ・・・。
もちろん、MJが出てきて踊ってくれるわけでなし、こんなタイトなダンスじゃないし、音楽じゃないし、もっと、まさに すけありーでくりーぴいな情景ですけど
こういう連中の「舞踏会」に招待されて、会場まで辿り着いたはいいが、踊れないとか、ダンスフロアに降りる階段が途中で崩れてしまっていてフロアに降りられないとか、連中に交われずに連中が早くこっちこい、と怒りだすあたりで目が覚めるとどっと発熱しているという・・・・。
先日、(震災前)突如知恵熱だしたときも、前夜観ました。観ながら「あらら・・・熱でるのかしらん・・・」と思ったら案の定、でした。
どうせならMJが出演してくれたら楽しいんだけど。
by kyoko_fiddler | 2011-03-22 00:31 | ぶつくさ | Trackback | Comments(2)

薄暗い。

b0019333_1119073.jpg
ここお日様あたって気持ちいんだぜー。

節電で、近所のスーパーやらコンビニやらが、みんなうす暗い。
既視感があるけど なんだっけ、と考えていたのを やっと思い出した。
ニューヨークの韓国系オーナーの日本食材スーパーだ。
日本食のデリやスーパー、実はいろんなアジア系 オーナーの店があって、不思議な日本食が楽しいのでよく探検してたけど、何故か韓国系スーパーは、店内がいちように薄暗かった。
その薄暗さに似ている。

スーパーが薄暗い のは、購買意欲を殺ぐなあ、と思ったけど、買い占め病の人にはいいかもね。
でも、見えないわけじゃなし 慣れてしまえばなんてことない。このままでもいいのかもしれない。
by kyoko_fiddler | 2011-03-21 11:19 | ぶつくさ | Trackback | Comments(4)

寿府でも

b0019333_2152567.jpg

クララは遠くに在って、テレビやWEBの映像を観て、やっぱりかなりのショックをうけてしまっているらしい。
彼女の血縁知人友人に誰も被災者はいないのだけれども。

ジュネーブの地元サッカーチームが 日本の為のチャリティーゲームを開催してくれ、在寿府日本人を全員招待してくれているが、サッカーなんぞ観る気になれん、とメールを寄越した。
いっておいで、と返信。
そっちの人たちの好意を、被災した人たちに代わって受け取るのが、そっちにいる貴方にできる支援じゃないかね?と。
彼女の職場(国連機関某)でも日本への募金活動が始まっているのだそうだ。
そういった話をきくと、改めて すんごい災害だったんだな、と思う。

もちろん、東京に居てすら、経験したことのないすんごい揺れだったから(震度6だものね)それなりに、未経験なことがいっぱいあったし、今もかるーく二次災害に遭っているけど、それでも、毎日自分の寝具に猫と眠れるし、ほぼ、日常の生活を取り戻していると言える。時にはこっちまで届く余震も、ある意味慣れてしまって、震度3程度だったら全くおどろかずに「またか」と思うようになってしまった。今後だんだん間遠になっていくとはいえ、余震は1年ぐらい続くと テレビでどこかのえらい先生が言っていたときも、つまりは、これまでと同じってことね、と思ったぐらいだ。

そうはいっても
あまりの揺れに、お留守番させているかーの身を案じつつ、ひっきりなしの余震に、外へ飛び出すわけにもいかず、思わず点けてもらったテレビの画面で、リアルタイムで観てしまった津波の映像は脳裏に灼きついてしまった。テレビの画面が揺れると、ほどなく自分の足元も揺れはじめるのだ。しかも、ここ何日かは、無人カメラやヘリの映像ではなくて、実際にその場にいた人の音声入りの映像がテレビで流れたものだから、よりいっそう刷り込みは鮮明になってしまった。

買占めによる「二次災害」は、台所のデッドストックを整理できるチャンスと思ってみる。
停電だって、キャンプのつもりで楽しく乗り切ればいい。(といってもまだ停電してない・・・なんだか申し訳ない)
そんなお気楽なこと言えるのは、ラッキーだと思えるし。

原発の「今そこにある危機」さえなければ。
事故が起きてしまったこと よりもその後の対応の当事者意識の薄さ(そう見えてしまうどうしても)には、
しっかりオトシマエつけてもらおうじゃないの、と思う。
でも原発反対!と声高に闇雲に言うのはどうかと思う。江戸時代に戻れ!というツイートなんかも見かけたけど、それは言いすぎでしょ、と思う。今さら、今の依存度でそうそう急に舵をきれるものではないと思うけれど
ゆっくりと、より安全な方向へ転換するきっかけになるといいなあと思っている。
いやいや。とにかくいまは、はやく冷えてくれー と祈るばかり。
by kyoko_fiddler | 2011-03-18 22:27 | ぶつくさ | Trackback | Comments(8)

日課

b0019333_9415138.jpg
君ねぇ・・・もう起きなさいよ。『もすこし。キモチいいんだもん』

東京でも大きな揺れがあった翌日、ライブの日の朝、目を覚ましたのはジュネーブ、クララからの電話だった。
揺れのあった日の夜、これだけの地震だから、何か知らせておかないと、と思って第一報をメールしておいた。
彼女は地震をはじめとして、いわゆる「災害」に非常にナーヴァスになるので、まずは安心させておこうと思ったのだ。
案の定、ジュネーブでは「大地震が起きた」程度の情報しかなく、慌てて連絡したが日本の実家にも私の携帯にも電話が繋がらず(あたりまえだ)かなり不安に思っていたらしく、メールしたとたんに異様な速さで返信があったので、どうも仕事が手についてないらしいな、と判った。
それで、「このあたりはこんなふうだったよ」というのをもう少し詳しく書いて、明日はライブをやるぐらいだから、このあたりは大丈夫だと結んで送り、それにも即返信があって、なんかあったら、こっちまで来い、殿下(かーのことを彼女はそう呼ぶ)背負ってこい、と書いて寄越したので、それには及ばないよと苦笑して眠ったのだけれど、私が「殿下」とノンキに惰眠をむさぼっているあいだに、欧州では「日本壊滅」ぐらいの勢いでニュースが流れていたらしい。
寝ぼけ声で電話に答える私に「ヨーロッパのどこでもいい、どこかに着けたら迎えに行くから」というのでびっくりしてしまった。

そのあと、上海にいる友人からも、こっちへ疎開してくるか?とスカイプがあったし、海外では日本国内で報道されているよりも「酷い、悲惨、もー日本アカン」的な報道がなされているらしい。

だから毎日クララにメールを書くのが日課になっている。
デスクトップでは消費電力も大きかろうと、モバイルノートを使って。

計画停電、連日グループには入っているものの、実際の停電からは免れている。
それもなんだか申し訳ないので、停電ではないけれど、日中、普段なら点ける室内の電気を消して薄暗い中で過ごしているが、猫が彼なりに心地のよい場所をみつけて寛いでいるのをみていると、別にそれで不具合を感じることも、気持ちがうつむくこともない。猫はいいねぇ。鑑賞するだけでも、効果絶大。

天罰だとか、選ぶ言葉が粗雑な人もいるけど、そんなのにいちいち噛み付いてる(言わせたっつー噂もあるが)マスコミもいるけど、そんなの、「毛づくろい」でもして捨て置いておけばいい。
天罰だ とは思わないが
易にある、てんらいぶもう(漢字がないーこのモバイルノートおばかー)という卦を思い出した。
天災というけど、天のせいでも、ましてや人のせいでもないのだ、この震災。
避難所生活をせずに済んでいる我々は、せめてここに人災を上乗せしないようにしないと。

携帯電話は非被災地どうしでも、基地局へのかけるから、必要最低限のメールと通話に留める。
買いだめしない(と、いうよりすでになにもないので買えないが)
エネルギーの浪費(水も電気もガスも)を控える
あとは普通に過ごす。 今しているのはそれぐらいか。

天罰じゃなくても、一蓮托生だからね。
by kyoko_fiddler | 2011-03-16 10:34 | ぶつくさ | Trackback | Comments(2)

10年も経つと

b0019333_224056.jpg
あの頃まだ君は生まれてなかったね。・・・って、なんで私の手を踏むのかね?

いきなり、奥歯が欠けた。
びっくりした。
もちろん、先日の地震とは関係がない。先月ぐらいから
「んー、歯医者さん行かないといけないんだろうなー」という感じはあった。
たまーに噛むと鈍痛が走ることがあったからね。
うわー、なんか 歯が欠けるなんて、じじむさー。(じじじゃないけど)

歯医者は、10年ほど前に、親知らずを抜いてセイメイノキキを感じて以来、行っていない。(麻酔追加沢山されて、手足がケイレンして、もうダメかもー、と思った)
私とて、楽器を弾く者だから、アスリートである。から、歯はメンテナンスしておかねばならない
と、アタマでは思っていても、どこの歯医者に行けばいいやら迷ったまま 気がつけば10年も経っているのだ。

これを機に(っていうか、すでに歯っ欠けなんだから猶予はない)数年前(!)密かにクチコミサイトなんかで評判が良かったので、気にしていた歯医者に、ついに行ってみることにした。

いやー、サイキンの歯医者さんって、ススんでるのね。
いちいち口腔内の様子をデジカメで撮って、目の前のディスプレイに見せてくれて、丁寧に説明されて、
納得の上での治療。なんというのでしたっけ、これ。・・・インフォームドコンセント?(だっけ?)
「美人に撮りますからねー」といって、べろーんと展開した歯の(つまり口周辺のガイコツが撮れている)レントゲン写真を撮って、今回の患部を撮って。

「キョウコさん、歯ぎしりの習慣ありませんか?」
と、歯科医。
「自覚はないし、親にも指摘されたことはないんですが、テレビで観ました。あごの骨のカタチですよね?」
「よくご存知ですねー 上あごも下あごも、骨がとっても隆起してるんですよー。音がしてないってことなら、ぎりぎりと寝ている間に歯を食いしばってるんですね、きっと」
・・・へえ、上あごも変形してるのか。それは知らなかった。
今回の歯っ欠け事件も、詰め物をした(中学の頃の治療だからもう 何年前だろう・・・)ところが
虫歯になっていて、それをばぎりぎりぎりぎりと夜毎食いしばってるもんだから、ついにボロっと
欠けたのだろうということだった。
うえええ、それじゃ、おばーちゃんになるころには全ての歯を食いしばり砕いてしまうんだろか。

そんなに 日常歯を食いしばって生きてるつもりないんだけどなー。

ともあれ、懸案事項だった、歯医者を見つける件、落着。
by kyoko_fiddler | 2011-03-15 22:04 | ぶつくさ | Trackback | Comments(0)


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(320)
(172)
(138)
(109)
(44)
(35)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧