<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

野辺送り

亡父のすぐ下の弟、つまり私の叔父が鬼籍に入ってしまった。
父の死後、8年経っての他界だから、享年は父よりも年上になる。
父の兄弟姉妹は7人いて、幼くして他界したという伯父は別として、6人、全員誰ひとりとして戦争で欠けることもなく年齢を重ねていたが、一人去り、二人去り、叔父で四人目、遺された伯父伯母の落胆ぶりは痛々しかった。

とはいえ、さすが父の兄弟一族、叔父が亡くなってから「あれ?ウチの宗派ってなんだっけ???」となり、「おじちゃまの時って何宗だったっけ?」と問い合わせが来たのには笑ってしまった。

「かいみょーなんて、いらねぇ」
亡父はことある毎にそう放言していたので、亡父に戒名はない。位牌にも、墓石にも、いわゆる「俗名」が刻まれている。
叔父の白木の位牌には、立派な戒名が書き込まれてあった。
それを見たとたん、脳裏にぱっと、彼岸で出迎えた亡父に、叔父がまず戒名の自慢をし、亡父が「け、」と鼻で笑い、という図というのが浮かんでしまい、読経の最中もついにやにやしてしまった。
叔父と父とはそういう間柄だったので、想像に難くないのだ。
叔父と亡父は、なんだかんだいって、一番年齢も近かったし、諸般の事情でそれぞれにややこしい幼少時代を送った父たち兄弟の中で、比較的ややこしくなく育っていたふたりは、対称的な性分でもあったようで、いつも寄ると触るとお互いをけなしてじゃれている感があった。叔父の訃報は盆の入り日だったので、ちらっと、「・・・ひっぱったんじゃあるまいな」と亡父を疑ったぐらいだ。

なんだかんだ言って、一番兄弟だったわよね、と遺族となった従姉も言っていたけれど、
亡父が息を引き取った時、いの一番に駆け付けて、無言で父を見つめていたのも叔父、
亡父が荼毘に付されている最中、待合室で「兄貴、今頃ミディアムかな~」などと言って、ふざけて我々「遺族」を笑わそうとしてくれたのも叔父。

「兄貴、ミディアムかな~とか言っていたおじちゃまが、今ミディアムだねぇ」
と、我が妹。これこれ。

まぁ、あちら側が、にぎやかになったことだけは 確かな気がする。
by kyoko_fiddler | 2011-07-18 23:25 | ぶつくさ | Trackback | Comments(6)

みたまの森にて・・・バースト!

b0019333_23211339.jpg
靖国神社でございます。
折しもみたままつりの期中でございました。あ。pattayan氏写り込んでる。

私が、赤い小女子に乗って「自転車いいよー、たのしーよー」とオルグしたせいで、5月の末に白いビアンキ、ロマIIを購入したpattayan氏。(SE&コンポーザ、だいがくの先輩。)
買ったはいいが、天気に恵まれない日々が続き、もんくたれたれおりましたが、梅雨もあがって、仕事もあがって、最近ごきげんであちこち走っているようで、それなら一度、自転車でどこかで落ち合ってお昼ご飯でも食べましょうか、という話になりまして。
で、なにゆえに靖国神社かといえば、そのあたりがちょうどお互いの自宅からの中間地点(pattayan氏談)だからでありました。
b0019333_2321817.jpg
こんな方からの献灯もありました。
b0019333_2321411.jpg
なんと。・・・あれ、だけど君が代って 2/2だったような記憶が・・・
b0019333_2321019.jpg
ラッパの音が響き渡るので何かと思って振りかえると、・・・先に逝った戦友たちへの鎮魂の奉納行進でしょうか。
何がどうあれ、今ある我々の毎日は、ここに眠る人たちのおかげなのだし、お祭りの時に来られたのもちょっと不思議だし、と真面目に参拝。本殿では、英霊たちのご遺族の方々と思しき人々が、きちんとお参りなさっておいででした。

いくらなんでもこの炎天ピーク時に自転車で移動は愚かでしょうよ、と屋台で昼食をしてしまうことに決定、参道わきの木陰で休憩。おまつりということもあってか、高校生~大学生ぐらいのワカモノが目立ちます。なんだか意外。キミタチ、お祭りに惹かれて集まっているようだけど、ここ、どういう神社かご存知か?

お天道様がちょっと草臥れてきたあたりで、移動。してほどなく、後部車輪から「ぴしゅん!」とも「きしゅん!」とも聴こえる高い音と共に、何かの衝撃が右脚ふくらはぎに走り、「?」と思いはしたものの、そのまま走っていたら、急激に後部車輪がごつごつごつ・・・
パンクでございました。
しかも、その衝撃か、キャップがこんなことに。
b0019333_23205519.jpg
ひええ。
チューブは持っていたのですが、空気入れがない。どっかに自転車やさんは・・・
「なんちゅータイミングでパンクするんだ。わざわざ寄る理由を作ったか」とpattayan氏に笑われましたが、視界に見えていた大手自転車チェーン店○'sに行き、結局店員さんと一緒にチェックしたらタイヤもばくりと割れており、タイヤも交換することに。はーびっくり。

帰り路、暑さのあまり、わざわざ会った理由を忘れていたことに気がついた。
いったいいつになったら、patayyan project 「音楽計画」が始動するのかって話の打ち合わせだった筈なのに・・・あまりの暑さに話らしい話をしていなかった・・・・。
by kyoko_fiddler | 2011-07-14 23:56 | 自転車 | Trackback | Comments(2)

すずめが

b0019333_856232.jpg

ひらがなだと、すこしいいかなー。(?)
by kyoko_fiddler | 2011-07-14 08:56 | ∟ムシ きらいなの。 | Trackback | Comments(6)

He has gone.

b0019333_10575718.jpg
先ほどブノア帰りました。
楽しかったよ。また戻ってくるから、スプロケットのみんなに宜しくぅー!!!
だそうです。

今回、アコースティック2公演、我々2公演、日程的にも精神的にもハードだったはずですが、楽しくもあったみたい。
よかった。
我々とのライブについては、あと2ステージぐらいあったら、かなりイイ感じだったのに・・(これは我々もそう思っているわけですが)という思いが強いらしく、
帰りの飛行機でアレンジ直しながら帰るから。今度は1weekぐらい事前リハしたいね。
・・・合宿ですか。河口湖でも行く?

彼の日本再演が本当にあるのかどうかはわかりませんけど、彼が今回バンドで演奏したことで、何か新しいモチベーションを持ったらしいことはわかりました。一緒にやらせて頂いた甲斐があるというか、冥利でございます。
そして、ご来場いただいたお客様が皆さんブノアの人となり、そのマリンバの音色を気に入って下さったことも、本当に嬉しかったです。
b0019333_11104276.jpg
ずっと不満で、ぶーたれ続けていた閣下にも、ご協力感謝。

ともあれ、妖怪故郷に帰るの巻。
by kyoko_fiddler | 2011-07-11 11:07 | Reviewなど | Trackback | Comments(1)

50の見習い

b0019333_812553.jpg

自転車に乗り始めたことは、前に書いたけど。
その自転車の「師匠」であるmo氏が、執拗に「ちゃんとしたカッコをしろ」と言う。
ちゃんとしたカッコとは、いわゆるサイクリングジャージを着なさいってこと。

ヤダ。

あんなショッカーみたいなカッコ。(あ、トシがばれるトシが)

そう言ったら、mo氏が、にやりと笑ってこのジャージを見せてくれました。
これならどうじゃ。ショッカーには見えんだろ。
どわ・・私が着るにはハデなような でも確かにコレなら・・・
「特別に見習いにしてやるからコレを着ろ」
素直に師のコトバに従ってこのジャージを入手しましたが、でも見習いって?
とよく見れば、50+と書いてある。
We are fifty and more...any problem? とある。
50歳以上のオ・ト・ナ限定のサイクリングチームのクラブジャージだったのでありました。で、これを入手したまだ50に満たない私は、「見習い」というわけ。
あり。いつのまにかクラブに入部したってこと・・・?

という経緯が少し前にあって、でもジャージは着られることなく(サイクリングしてないからねぇ)。時間は経過しておりましたが、
クラブのミーティングがあるとのことで、ご挨拶すべく、晴れてこれを着て初参加してきました。
正確には、私がおみそ加入したBe Not Too Hard クラブと、神奈川を本拠地とする凸凹というクラブとの合同ミーティングで、自転車情報交換会&試乗会というものでした。ご挨拶してびっくり。初心者私だけ。
美しい自転車がいっぱい並び、タイヤもいっぱい並び、その中からドロップハンドルに乗らせて頂いたり(ドコ持っていいんだかわからず走りながらオタオタ)わっかが木でできたタイヤの自転車に乗せて頂いたり、(これは素敵。木リムというんだそうだ)変な(失礼)タイヤの自転車眺めたり。大先輩が淹れてきてくださった美味しいアイスコーヒーを頂きながら、初心者なうえに、見習いという立場の割には図々しく楽しませていただいておりました。
お昼御飯を食べようという段になって、移動中に突如電池切れ。いきなり動けなくなって、何が私の身に起きたんだろか?とぼーっとしている間に、大先輩方が素早く水をスプレーしたり、タオルで冷やしたりして対処してくださいました。熱中症でした。えーん、かっちょわる。

皆さんと一緒に走ってると皆さんってば、ずーっと休まず漕ぎ続けているんですよ。
自転車ってば、ちょっと漕いだらあとはしゃーって走ってくれるもの、快適~ というのが基本だった私は
つられて漕いでるうちに「いつもより余計にまわしております」な状態に。
なんのことはない、昨日の走行距離はたった21キロでしたが、漕いでる回数からいったら、いつもの倍は脚うごかしていましたね。・・・どんだけなまくら自転車乗りなんでしょうか・・・。

ええい、トシウエになんか 負けて・・・って、完全にお話になりませんでした。
元実業団のレーサーだったという方(同い年でした) まぁ、今日は走るには暑すぎますよ。プロだってこんな日は走らないです 普通 と慰めて下さいました。
「僕は朝4時ごろに乗ってますよ、この時期は。」
…。

ん、でも面白かった。
自転車のろっと。

あ、肝心のジャージスタイルですけど
確かに、ちょとパンツなんかは恥ずかしいですが 普通のカッコよりは格段に走り易いし、
何かあっても(今回あったわけですが)心おきなく水被れるし、着る意味はあるなと解りました。
でもねぇ・・・
やっぱりショッカースタイルはやです。そんなの着ても、。バリバリ走り屋じゃないし。ロードレーサー乗ってるわけでもないし。
なんか、このジャージだけでなく、おされなのを探そうっと。
by kyoko_fiddler | 2011-07-11 09:01 | ぶつくさ | Trackback | Comments(7)

黒い森にて

b0019333_817855.jpg

ブノアの兄、ピエールは、鬼才・天才ドラマーとして有名だったそうです。
私はピエールには会っていません。
7年前、GONGZILLA来日の時、最初はピエールも参加という話があって、ベースのハンスフォードとギターのボンが、打ち合わせのために、ピエールを訪ねたんだそうですが、「話にならなかった。彼は・・・普通じゃなかった」と、ハンスフォードが言っていました。病気なのかときいても、「なんだかよくわからん」という返事で、皆揃ってしぶーい顔になったので、それ以上追及しませんでしたが、そのときブノアを見やると、首をすくめて左右に振って、「のん!」といっただけでした。

当時、ブノアは殆ど英語を話さず(話せずだったみたい)ハンスフォードとボンがフランス語を使うという状態だったので、ブノアとは、にへにへ笑い合うだけで、殆ど会話をしていません。ただ、時々ピエールの話題になって、ブノアになにかを尋ねたりする時の、ブノアの口調や反応を見ていて、あんまり兄弟仲はよくなかったのかな、と勝手に想像していました。
ブノアの経歴も、お兄ちゃんに引き回されてあっちこっちでマリンバやっているように見受けられるところもあったし、ブノアがマリンバを自分の楽器に選んだのも、「お兄ちゃんが俺はドラムやるから、お前マリンバやれ」と言ったからだと言っていたし、ブノアにとって、お兄ちゃんはいばってばっかりだったのかな と。

ほどなくして、
ピエールの訃報が日本に届いて、暫くして、ピエールを除いたPM'sGONGのメンバー、つまりGONGZILLAのメンバーと、ドラムにフランソワ・コースで、追悼ツアーをやるという話が持ち上がったことがあります。その時もブノアは「オレ、どーでもいいけどぉー?」という態度だったようです。

アルバムの中に、In the black forest という曲が収録されています。
最初に聴いた時に、・・・なんだかピエールを連想するな・・・どんな人だか知らんけど
と思ったのですが、ほどなくしてブノア自身から、これはピエールの為に書いた曲なんだ、と
演奏指示のメモがメールされてきてびっくりしました。
ああ、やっぱり悼む気持ちはあったんだね・・・とも思いました。

名古屋でのライブの時。
この曲を紹介するときにブノアが これはピエールの為の曲、彼は黒い森の中に住んでいた。
7年前死んで、今も黒い森の中にいるんだと思う。もう僕の知ったことではないけど(I don't care と言いました)
と紹介し、曲が始まったのですが、弾きはじめたとたんに、マリンバの音に胸が抉られるような気がして思わずブノアを見ると、彼はとっても静かな顔で曲を先導していました。
なんという喪失感。
そうか、そうだよね。・・・・。
・・・って、しんみりした途端に細かいパッセージ、けつまづいてしまいました・・・。
 
by kyoko_fiddler | 2011-07-08 08:53 | ぶつくさ | Trackback | Comments(2)

ご来場ありがとうございました@名古屋

b0019333_8294621.jpg
SprocketのLast Show は名古屋でした。
b0019333_8295222.jpg

ブノア本人の愛器と同じ こおろぎ社のマリンバ。美しい音色でした。特に低音が「びゃん!」という鳴り方をせず、実に佳い音で 思わず横できいていてにっこりしたら、ブノアも嬉しそうにウィンクしてぼんぼん低音鳴らして愉しんでいました。
b0019333_829586.jpg
本番前のブノア。Tシャツには スクール・オブ・ロック の文字が。「Just Joking!」とブノア哄笑。

楽しくやらせていただきました。
そして満員御礼でございました。

「惚れないと弾けない」私としては、最初から好きなミュージシャンで、しかもちょっとは知っている人でしたから、演奏以前の「惚れる」というウォーミングアップは要らなかったわけで、その分最初から愉しめた、ということがあります。
それにしても。
7年前、GONGZILLAの来日時に、なんだよ、きょーこバイオリニストなのかよ。 じゃー次回の俺達の来日時にはいっしょにやろーぜ と彼らに言われ、ガイコクにも社交辞令ってあるんだなぁ とぼんやり思ったのが
昨日のことのよう
まさか本当に、GONGZILLAとじゃなくて、ブノアとだけど、いっしょにやろーぜ、になるとは思わなかった。

USAKUMA RECORDS POSEIDON 各社、そしてブノアに心からお礼申し上げます。
スプロケの皆さんも、ありがと♪

ショウが終わって、ホテルへぶらぶら戻る道すがら、ブノアにお礼を言ったら、にひひひひっと笑ったブノア、
真顔で、きょーこ、またやろう 日本にまた戻ってくるから。と言ってくれました。

翌日、ブノアからメールが。
バンドが行っちゃって、ボクひとりであと1ステージやらなきゃならん さびしーよー
ははは

本当は聴きに行きたいんですが、生憎先約があり、名古屋まではゆかれませぬ。
ブノア、また逢おうね
とにかく身体に気をつけて。
 
by kyoko_fiddler | 2011-07-07 09:13 | Reviewなど | Trackback | Comments(2)

He’s comming

b0019333_11332488.jpg

ええ。彼、来ます。私一緒に弾きます。

いや、最初話を受けたときには、アルバムにヴァイオリンが入っているわけじゃないし、ちょろっと脇にいればよくって、主にアテンド担当だろうと思っておりましたが。
ブノアったら、しっかり「弾けー」という再アレンジのメモをどっさりくれました。
さすがに私もそろそろエンジンがかかってまいりました。(遅い)

私が出演するのは、エレクトリックバンドですが、
アコースティックのマリンバアンサンブルも、かなり見逃せない感じです。
・・・私、見に行けるのかなぁ・・・・

是非、皆さま万障お繰り合わせのうえ、お越し下さいまし。
 
http://confetti-web.com


<東京公演>
7/1 アコースティックライブ
    於:セシオン杉並 open 18:30 start 19:00
    ブノア・ムーラン/上野信一&フォニックス・レフレクション
    前売一般 ¥3,500 学生¥2,500/ 当日¥4,000
    予約⇒USAKUMARECORDSサイト(予約後、セブンイレブンで支払/受取)
 
7/3 エレクトリックライブ
    於:江古田buddy open 18:30 start 19:00
    ブノア・ムーラン w Sprocket
    前売・予約 ¥3,000 当日 ¥3,500
    前売⇒ディスクユニオン新宿プログレ館 目白ワールドディスク バディ カンフェッティサイトより
    予約⇒USAKUMARECORDSサイト(予約後、セブンイレブンで支払/受取)

<名古屋公演>
7/5 エレクトリックライブ
    於:今池TOKUZO open 18:00 start 19:00
    ブノア・ムーラン w Sprocket /ryochestra(リョーケストラ)
    前売・予約 ¥2,500 当日 ¥3,000
    予約⇒ チケットぴあ(139-844) TOKUZO
         USAKUMARECORDSサイト(予約後、セブンイレブンで支払/受取)

7/10 アコースティックライブ
     於:名古屋音楽大学Doホール Open 16:30 Start 17:00
     ブノア・ムーラン / スカル・サクラ
     ☆入場無料☆

◆Sprocket :菅野詩郎(Dr) 中島洋隆(B) 林隆史(G) 河崎今日子(Vn)

お待ちしております♪
 
   
    
by kyoko_fiddler | 2011-07-05 11:58 | ライブのお知らせ | Trackback | Comments(5)

とどヴァベ根!?

一夜明け、ブノアは我々より一足先に名古屋へ。
朝、ホテルまで迎えに行き、東京駅までブノアとブノアの荷物を運んで「んじゃ明日ねー」と帰ろうとしたら、ブノア「シーユーネクストマンス!」と言って、言った後自分でうはははは! と笑っていた。ライブ翌日、英語使うのにも疲れているだろうからね・・・。

昨夜お越し頂いた方の幾人かから、感想などいただきましたが、皆さんの感想、本当にまちまちでした。伺いながら、穴掘りたくなったり、汗かいたりしましたが、全て貴重な糧とさせていただきます。
さまざまなご感想やご意見頂いた中、皆さんブノアのことを気に入って下さっていて、そこだけは皆さま意見がご一緒、というのも、心から嬉しかったです。冥利に尽きます。

昨夜、Facebook確認したら、ブノアが謎の書き込みをしていました。
とどヴァベ根!
と ひとこと。
なんで日本の文字なんだ?なんて言いたかったんだ???
朝、ブノアに開口一番それを尋ねると、大笑いして、ああ、それはイタリア語で「Everything is OK!」って書きたかったんだけど、ごにょごにょごにょごにょ(何を言っているんだかわからず)。とのこと。
音声入力でもしたんでしょうかね・・・
とどヴぁぺぇね! と発音してました。
実は「ね」じゃなくて「こん」かと思って自動翻訳かけたら、なんと con って 「ばか」って意味だと言うんですよ、自動翻訳が。で、もしやこれは「きょーこのばか!」とか叫んでいるんだったらどうしよ、申し訳ないなーと思ったりしていたわけなのですが。どうやらそうではなかったようで、ホッ。

さっき、確認事項があってブノアに電話をしたら、トーキョーの皆はどうしてる? 今日は皆ゆっくり寝てって言っておいてね
だって。

てなわけで、明日 名古屋へ行き、そのままライブになだれ込みです。

またブノアが謎な書き込みを。
当tヴァ鼻炎じぇヴァイs目こうちぇr

・・・もうこれはわからない。
by kyoko_fiddler | 2011-07-04 21:18 | ライブのお知らせ | Trackback | Comments(0)

ご来場ありがとうございました

b0019333_028204.jpg
帽子にあるバッジには、日本語で「原子力? おことわり」と書いてあります。この日本語バッジ、フランスで買ったんだそうです。彼は強硬な反原発です。
音だし終了し、客入れ前の楽屋にて。

b0019333_0282664.jpg
客入れしてから真剣な表情でウォーミングアップを始めたブノア。・・・但しビール二口ほど飲んでいます。

前日のリハ時に構成が大幅に変わって 原形を留めてない曲なんかもあったりして、個人的には あちこち「うっきゃぁ!」だったりしましたが、でも皆さんブノアの演奏を本当に愉しんでくれているのが伝わってきて、とても熱い楽しいライブになりました。

7年前、初めて会った時からあんまり変わらず妖怪なブノア、やっぱりマリンバの演奏も変わらず素敵です。

本日のセットリスト(★GONG、GONGZILLA へ提供した曲 ☆新譜収録曲)

CAMEL
MEZZANINE
It Came Out Of the Blue
  (スカのような曲を作ろうとしてできなかったんだ と ブノアは言っていましたが・・・)
Say No More
  (PM'sGONGの激レアアルバムセコンドウィンド収録のこの曲を、全く違ったアレンジで
   お送りしました)
Bad habit
  (喫煙する習慣のことだそうです。・・・止めようよねぇ・・・)
AKINBO
  (腰に手をあてて、仁王立ちした様子のこと。マリンバ演奏するとそうなるからだって。)
Crosscurrent
♪ ♪ ♪ ♪ Break Time 10min ♪ ♪ ♪ ♪
Wasabi Time 
  (Tea timeのことだそうです。・・・回転ずしでワサビとお茶の粉を間違えたらしい)
Camel ride 
  (マンガのイメージだそうです。ラクダが空飛ぶ絨毯にのってるところの曲だって)
In the black forest 
  (亡き兄 ピエールへの鎮魂歌)
Tikami 
  (Ti というのは仏語のスラングで「小さい」という意味だそうです。kamiというのはお孫さんの
   名前。つまりちっちゃいkamiちゃん、とでもいう意味でしょうか。今回ブノアは、この曲を
   日本の全ての子供達へ、思いを込めて贈ると言って演奏しました。)
Grin and bear it!
  (曲名を探して英仏辞典を探してコレだ!と思ったそう。理由は、この曲を演奏するときに、
   彼のバンドのドラマーが、難しいからって難しい顔で叩いていたから。意味はにかにか
   笑っていなさい だそうです。)
Rocking Roller

encore
 OYE COMO BA?
 Tequilla

満員御礼でございますっ☆

次は、名古屋にて。
by kyoko_fiddler | 2011-07-04 01:02 | Reviewなど | Trackback | Comments(2)


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(320)
(172)
(138)
(109)
(44)
(35)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧