<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

美女とランチなど

b0019333_0222645.jpg

まともな写真はこちらをご覧ください。
広味坊✕9種類のおかずランチ  @千歳烏山

美人フォトグラファ 石井千絵さんが、ご主人の転勤について急遽名古屋へ行くということで、じゃ、まあとりあえずということで、ランチデートをしてきました。
彼女の得意分野は食。撮影も食にまつわるものが多いですが、実際、ご主人と睦まじくあちこち食べ歩くのが好き。彼女のブログはそういう美味しそうなものの写真が掲載されているので、空腹時には覗かないことにしています。
で、転勤先が名古屋。
名古屋、というか東海地方の食って、我々関東の食とはだいぶ違います。関西とも違うし、独特の食文化があるな、と行くたびに感じます。最近は有名なコメダ珈琲も関東に進出してきていますし、世界の山ちゃんも大増殖していますから、だんだん関東圏も名古屋グルメに慣れていくのでしょうけれど、私にはまだまだ未知の食文化。
今後は彼女のブログで名古屋の美味しい店がアップされていくことと思われ、ちょっと楽しみにしています。
東海地方へ行く時には、参考にしよっと。
by kyoko_fiddler | 2012-03-30 00:50 | ぶつくさ | Trackback | Comments(0)

赤坂の世は更けて

b0019333_1050520.jpg
敢えてお顔の特定しにくいお写真をば。あ、でもちなみにボビー氏はしっかり確認できますね。

ボビー西、七つのバンドで弾く男。
に、ようやくのお赦しをいただいて、(?)ライブを見学に行ってまいりました。
殆ど未踏のカントリーの世界でしたが、会場は超満員、お客さんも歌うわ踊るわ(ツイストダンスまで見ちゃったー!)気がつけば巻き込まれるように私も愉しんでおりました。
おととし、bluebandに最初に参加した時も、ほええ、こんな世界があるのか、と驚愕しましたが
ここでもまた、ああ、こんな場があって、こんなに楽しい人たちがひしめきあっているんだな、と思いました。
いちいち詳らかにする無粋は致しませんが、お客様の中にも、バンドメンバーの中にも、世間知らずの私ですら「え?」と思うような、いわゆる「名士」がわんさかおいでで、それもびっくり、そういう普段おすまし系の方々が、「ハジケて」踊っている姿はなかなかチャーミングでした。
ライブの構成なんかも粋なはからいあり、お客さんからのサプライズもあり、これはきっと今後いろいろ参考になるなと。

そうかー、ここにこんなにたのしいトコロがあったのか、と思った次第。
by kyoko_fiddler | 2012-03-29 11:05 | Reviewなど | Trackback | Comments(4)

練習開始はしたけれど

b0019333_059377.jpg

後ろがいつも乗ってる小女子ちゃん、手前が練習機、@微調整中。
練習機は、オーナーの名前を冠して、ジェイムズ君と呼ぶことにしました。私が伯爵を気取っているわけではないですが。(解る方は笑ってください)
ジェイムズ君、私のサイズに合わせてハンドルの位置やら角度やら、サドルの位置やら変えて貰ったので、ほんの30分ほどですが、車の来ない道を選んで乗ってみました。まだ、慣れないために身の置き場が定まらないこともありますが、いろんな筋肉がミシミシいって、内臓がうにょうにょ収まり場所を探してうごめいた感じで、ちと酔いました。小女子ちゃんとはまるで別の乗り物でした。
風景も変わるし、面白かったけど…これで遠乗りできるようになるんだろか。
by kyoko_fiddler | 2012-03-23 00:59 | 自転車 | Trackback | Comments(2)

初サイクリングの記憶。

b0019333_10542417.jpg
この時間はここに日が当たるんだぜ、と閣下は私をいざないます。カメラを構えたのを察知して、耳がこっちを向いている。

最近長いこと放置していたFacebookをちゃんと整理して、使っていたアイコン写真より、本人がだいぶ経年劣化したのでアイコン写真も取り換えてうろうろしていたら、なんだか生まれたときからの幼馴染が見つかるわ、小学校の時のクラスメートがみつかるわ、中学、高校時代のクラスメートがみつかるわ、ですごい勢いでバーチャル再会してしまって驚きました。
そうすると、なつかしいことや、なかったことにしたいことや、すっかりわすれていたことなんかも思い出してきて、ちょっとはずかしーくなってきたりするのですが。

小学校の時、もう卒業近くだったんじゃないかと思います。
クラスの何人かで、井の頭公園に行ったことがあるのを思い出しました。
言いだしっぺが誰だったのか、どういう経緯でそういう話がもちあがったのか、は全然記憶がないのですが、
男の子数人、女の子数人。
あれはなんだったのかなぁ。
当時、まだ若くて今よりも元気で、意味不明に厳しかった母姫が、私の参加をよく許したな、とも思うのですが
そこらへんの母娘の攻防もよく覚えていません。(基本的にくろーしたことは忘れる体質なので)
覚えているのは、当日、男の子たちがわらわらと家まで自転車で迎えに来てくれたこと
(おそらく、迎えに来させろと母姫が条件を出したのでしょう)
やたらとお菓子だのなんだの母姫に持たされて、ヘンな帽子被せられて迷惑だったこと
自転車で必死に男の子たちについてったこと、(・・・他の女の子たちはどうやって行ったのかな・・・バスだったのかな)
決して乗ってはいけませんと言われていたボートに乗ったこと
ぐらいしか覚えてなくて
どうやって帰ったのかも忘れいていますが
あれが私の、「はじめてのサイクリング」だったな
とこの間思い出しました。
当時男の子たちの半分ぐらいは、「サイクリング車」というのに乗っていて、私は、いわゆる普通の自転車(20インチの今でいうシティサイクルって感じのですね。女の子仕様の可愛い自転車ではなくて)で、サイクリング車いいなー、と思って後ろからついてったのも、思い出しました。
それまでは、近所の書道塾に行くときとか、休日、父の気まぐれで自転車でそこらを走る(本当にただそこらをふらふら走るだけ)とかしかしたことなかった私が、初めて目的地を持って遠乗り(ったって5キロ弱なんですが)した日でした。
バスで行く距離のところ、と認識していたところに、自転車で行けるんだな、ととても驚いたのを覚えています。
当時、
ひとりで長時間(1時間以上)外出するなんて自由は私には許されていませんでしたから、どうやって時間を捻出したのか記憶がないのですが、その後、男の子たちが連れて行ってくれた道を、記憶を頼りに辿って、ひとりで井の頭公園まで自転車で行ってみたことがあります。
私にしてみれば、大冒険でした。ははは。
by kyoko_fiddler | 2012-03-20 11:11 | 自転車 | Trackback | Comments(3)

ドロップハンドルへの道?

b0019333_2242171.jpg
あーあ、ボケちゃった。
私には、自転車の「師匠」が何人いるんだかよくわからなくなってきました。
5人はいるな。もっとだな。

で、赤い小女子に乗って1年ちょっと経ったから、そろそろドロップハンドルに、と師匠の一人が、手持ちの自転車を見繕って、貸与してくださるということで、持ってきてくださって、別の師匠がサイズ調整を始めて下さいました。
自転車なんてさ、○インチ、とかタイヤのわっかの大きさで決めるものだと思っていましたよ。
違うんですね。
手前の赤い自転車が(別に私が『赤じゃなくちゃイヤ!』と言っているわけではなく、単なる偶然で、この自転車も赤なんです)その貸していただけることになった自転車なのですが、比較的小ぶりな自転車だそうですけど、それでも私にはこのままだと10センチほど横長なんだそうです。
乗れますけど、長時間乗るにはキツイんだそうです。
それで、ステム(ハンドルを本体につないであるヤツ)を交換することになりました。
さて、どろっぷはんどるでびゅーは、桜咲く頃になるのでしょうか・・・。
by kyoko_fiddler | 2012-03-19 22:53 | 自転車 | Trackback | Comments(3)

天領だった村

b0019333_0272594.jpg

群馬県上野村。天領だった村。
関東で一番小さい村。
なぜかというと、ブームに乗らず、どことも合併しなかったから。
関東で一番大きな鍾乳洞のある村。
日本で一番綺麗な水の流れる川。
なんだそうです。
・・・に、行ってきました。
b0019333_0274527.jpg

名産品は、猪豚と茸、麦みそ。
ここのいのぶたは、生産農家のプライドと美意識に守られて、第一種交配のいのぶたのみなので、臭みがなく、しかも脂肪分はぶたの3分の1という品質を崩さずにあるのだとか。
但し、それがために生産量がとても限られていて、(年間160頭)この上野村の地でしか食せないのだそうです。
殆ど出荷していないとか。
いのぶたは精肉の他、ベーコンとフランクフルトにも加工されています。これも上野村でしか食べられません。行けばお土産に買って帰れますが、いわゆる「お取り寄せ」には対応していません。生産量が限られるため、対応できないんだそうです。
ベーコンは見た目ほどの脂っこさはありません。フランクフルトは、みそが練り込んであって、独特の風味があります。はっきり言って美味しいです。
そして、そのほかにも、行ってみて営業していたらラッキーなうどんやさんがあったりします。
b0019333_0413172.jpg

b0019333_0414440.jpg

村の上の方はまだ冬期通行止めで山が雪を纏っており、霧なんかも出ていたりしてムード満点。
今回は、この地で、ひとつふたつやらかそう、と思っていわゆるロケハンに行ったのですが、予想以上になんというか、「よいところ」でした。
プライベートで来るのもいいかもしれない。
日帰りで、駆け足だったので、今回は入りませんでしたが、温泉もありますし。
山女魚や岩魚や鮎もいるし。
by kyoko_fiddler | 2012-03-19 00:51 | ぶつくさ | Trackback | Comments(6)

メジャーな歌にしてくれ!?

b0019333_1847375.jpg

お皿が真冬柄ですが(^_^;)

桃の節句だから、と和菓子を携えて実家へ。

そのあとスーパーに買い物に行って、店内を徘徊し始めてすぐに、眉間にタテジワがよってしまった。
商品を物色しながらでも耳は音をなぞる。
流しているBGM が、おかしい。
お約束の「灯りをつけましょ ぼんぼりに~」が流れてい…違う。漫然ときくのをやめて、聴いてみる。
うええ、なんだこりゃ。
き、気持ち悪い………
メジャーにアレンジされていたのだ。

子供の頃、なんでお雛様の歌はこんなにメロディーラインが悲しげなんだろか、と思ったことがあったけど、そこに儚いナニかを感じこそすれ、明るくすればいいのにとは思わなかった。メロディーが美しかったからね。

頭上に流れるメロディーは、ニュー雛祭りとでも言ったら良いのか…地方の観光ホテルやビジネスホテルで名前に「ニュー」がついてるとこは、大抵外れ、のセオリーを思い出すようなダメさ加減だった。

なんでこんなモノわざわざこさえたんだ?
誰がどんなセンスで採用したんだ?

…買い物断念。
by kyoko_fiddler | 2012-03-03 18:45 | ぶつくさ | Trackback | Comments(8)


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(320)
(172)
(138)
(109)
(44)
(35)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧