タグ:ものづくり ( 18 ) タグの人気記事

ちょいのり君。

b0019333_21472196.jpg

自転車増えました。うふ。

小女子は美しいのですが、ばいよりんを背負っていると彼女には乗れないのです。
転居して、駅からかなーり遠くなってしまい、バス便もあてにならないので、駅までの足として是非なにかに乗りたい。殊に楽器を持っていれば尚更。車では嵩張りすぎる。
仕方がないから、ちょいのり買うかなー、とボヤいていたのでした。
この時点で私がイメージしてたのは、生産中止になってしまっているあの○ズキのチョイノ○でした。
状態のよい中古でもあれば、それでも買うか・・・と。
そしたら。
「自転車のおにーさん」達が、これなら楽器も背負えるんじゃなーい?と 作って組んで下さいました。
あんぐり。
Mさん宅で使わずに眠っていたマウンテンバイクだった骨組みに、「オイラんとこにタイヤあるよぉ」とカメラマンわくさん、(またの名を鬼走りのわく蔵)ご自宅でこれまた眠っていたタイヤを歯車つきで持ってきて下さって、わわわわわーっと自転車のできあがり。

自転車ってさ。作る組むもんなのね。

とりあえずこれでちょっと乗ってみてー、と言われて2・3日乗っていたのですが、路面の震動がずいぶんとダイレクトにくるのと、時折オートマティカリーにギアが勝手に大きくなったり小さくなったりするという、なんだかごっつくて面白い自転車だったので、その旨Mさんわくさんに言ったら ふたりして妙な顔して「…ん?」
再度チェックして頂いたところ、ナントカが緩んでて、ナントカが割れてただか折れてただかしていたそうで、
チェーンも少し延びているようだから、と謎の目利き男ジミー氏がチェーン調達してきて下さって、チェーンもお取り換え、現在とっても快適な乗り心地と漕ぎ心地で、勝手なギアチェンもしないよい子になって活躍しておりまする。

確かに小女子嬢よりもタイヤが小さいため、サドルとタイヤに距離があり、ちゃんと楽器も背負えまする。
ライト以外何もつけていないのでとてもスッキリしていて、後ろブレーキも下の方についているため、
最初後ろブレーキがないのかと思ったらしく、レッスンに早速乗って行ったら、なり弟のM君なんぞ、見るなり「あー!ピストだーっ!」と騒いでおりました。違うから~。
シンプルでありながら、御大HUPAさんによれば、搭載されているのはマニアックなギアらしく、見る人が見たら「おお!」な自転車だそうです。乗る人はよくわかってなくて、機嫌良く乗っているだけなんですけど。
というわけで、ばいよりん背負っても乗れる自転車君がやってきましたの巻~。

お兄様方 ありがとうございまする♪
by kyoko_fiddler | 2011-10-12 22:17 | 自転車 | Trackback | Comments(1)

戦果

b0019333_2254369.jpg
パインウッドカーレースに参戦してきました。
自粛したわけではないのですが、震災でなんとなくメンバーが皆しゅんとしてしまい、事前の宣伝とか参加募集とか、さほど大々的にしなかったのですが、先週あたりから、そろそろ張りきって行こうかい、という気分にもなってきて。
今回、ワタクシがんばりました。2台エントリーいたしました。
b0019333_0384757.jpg
パインちゃん一号。
我らが日本パインウッドカー協会のマスコット パインちゃんを模して作成しました。
パインちゃんっていうのは、これ↓
b0019333_2210369.jpg

このとおりの寸法で作ると、あまりに顔が大きくなりそうだったので、ちょっとデフォルメ。パインちゃんの被っている帽子は、普通に丸い帽子だと思っていたら、デザイナーより「テンガロンハットだ! ものはよく見なくちゃあかん!」と怒られたので、テンガロンハットの製作に挑戦。・・・挑戦しはじめてから、ああ、ワタシ手芸ってやったことなかったんだった・・・と気がつく。顔のニュアンスもちょっと違ってしまったけど、それなりにフォトジェニックに仕上がりました。
b0019333_2255532.jpg
これは、最初、すんなりとシンプルな曲線の車を作ろうと思って、カットした段階で、「・・・・?」
自分のイメージが所在なくなってきてしまい、しばらくどうしたものか思案投げ首していたものを、とにかく車にしてしまったもので、淡いスカイブルーとか、そんなんを塗ろうと思っていたのに、いざ塗る段階でもって急にカーキ色を塗りたくなってしまったという・・・。着手から完成までよくわからない、私的にはエクトプラズムのような車。色のせいか、でーくの師匠にツチノコちゃん、と言われ、危うく目を貼りつけられそうになった一台。

どちらも、工作ど素人の私ですから、見かねたお兄様方にずいぶん手伝っていただいてはおりますが、自力製作度は上がってきております。さすがにボディは単色が精一杯なんですけどね。

で、結果は見事にパインちゃんが最下位、ツチノコがブービー。
でも、私の苦心を哀れに思って下さったお兄様方の同情票が集まり、パインちゃんはみごとMIC(Most Impression Car)に輝き、かわゆらしいトロフィーを頂きました。 
うれしい。
とってもうれしいっす。

それにしても、いつになったら全部自力で製作できるようになるかな・・・とぼやいた私に、
今年のクリスマス・グランプリぐらいじゃない? と 常連のT塚氏。
うううむ。
いや。
それより前に、できるようになってやる!
・・・かも。

うひ。たのし。

More:これが頂いたトロフィーです!
by kyoko_fiddler | 2011-04-17 22:29 | PineWoodCar! | Trackback | Comments(15)

仙川 Smile

b0019333_23291179.jpg

美人3姉妹生徒の長女、 K子さんが、仲間数人と、可愛い雑貨屋さんを始めました。
京王線仙川駅 徒歩3分。
Smileというお店。
レッスン終わって帰る時、「もうお店締ってるんですけどー、見てって下さいー♪」って、特別に開けて中を見せて下さいました。
店内は、屋久杉のオーナメント、ワイヤーアート、ビーズ細工などの可愛い雑貨と、K子さんの趣味、カエル(特にアマガエルが好きだそうです)のグッズ、・・・・で、私が目についてスナップしたのが、これ。
ウオオくんでした。(いいのかそれで 私?)

勿論、もっといろいろなお品物があります。詳しくは

http://www.smile.com-co.jp/

で、どうぞ。通販対応も検討中とか・・・・。

彼女のお店では、一部委託販売も受け付けております。ご希望の方、いらしたら、問い合わせしてみてください。
by kyoko_fiddler | 2011-02-21 23:29 | ぶつくさ | Trackback | Comments(4)

くりすます・ぐらんぷりれぽおと。

b0019333_062856.jpg

今回出走したクルマたち。

「おもろいことやってるから、見においで~」と言われて尋ねて行ったのが 3月の初めでした。
その時には、まだ、車作って見せびらかしあって喜んでるだけだったお兄様方。
ボーイスカウト達に混じってイヴェント参加し、レーンを作るといい始め、もっと仲間を募ろうよと「協会」となり、作るところからお誘いしようぜ、と製作教室をし、ミニレースをし。
このたび、初のフルレーンでのオフィシャルレースとなりました。
今回のレースは急に決まったこともあり、出走は15台、こぢんまりと行われましたが、それでも感慨ひとしお。協会スタッフ一同揃いのTシャツもだいだいしく(・・・意味不明)初代チャンプは誰なのか、眦決して臨んだのであります。

スタッフは、レース進行の役割分担を決めていたにもかかわらず、役割分担錯綜し、カメラ担当だった筈の私は、車検やったりおかもちやったり(注:車をレーンまで運ぶ役のこと。)おかげで撮りこぼししまくり・・・。

レース前に、この車達は「車検」を受け、以後レースが終了するまでは 審査員以外の人間は一切車に触れることはできません。製作者であっても。
今回は、このルール、実はかなり重要だなと気付きました。
私の虫ちゃん、世田谷みらい博以来ダントツの速さを誇っていたので、今回けっこういいセンいけると思っておりました。だから余裕かまして先日のミニレースには出走させずにおりましたが。
何度か遊んでいるうちに、シャフトだのタイヤだののメンテが必要になっていたらしく、2回戦まではいけたものの、敢え無く敗退。安易に車検に通す前に、慎重にメンテしておけば、私の手にトロフィーが降りてきたのに。

優勝決定戦になって気付けば、集まったのはオレンジ軍団、スタッフばかり。
b0019333_053373.jpg

敗退した口惜しさも手伝ってヤジると「なにをいうか!俺たちはこの為にやってきたんだぞー」と一喝され。
そりゃまぁそでしょうけども。
考えてみれば、我々スタッフが一同に会して戦うのはこれが初めてですからね。
んで
優勝決定戦。
b0019333_1524164.jpg
出走前の各々のコメント。
「今までの苦悩がやっと報われる!」 byのぶさん(サポート会員)(ブルーレーン /中落合号)
「この日の為に・・・にやり。」byモカさん(イエローレーン /ラビット1号)
「また優勝しちゃうかなー」 byチャル師匠(オレンジレーン/ ドクターイエロー) 
「・・・・・」静かに微笑む唯一オレンジ軍団ではない本日初出場の福室さん。(グリーンレーン/スパイダー)

結果は・・・
1位  ラビット1号 by モカ
2位  中落合号  by のぶ
3位  スパイダー号 by福室さん (ビルダ チャル師匠)

でした。
私がここに居ないのは想定外でしたが(まだ言ってる)、のぶさんの健闘ぶりはちょっとびっくりでした。のぶさんの車っていつもすごく手が込んでいて、レプリカーが主なんですが、スピードがいつもいまひとつなため、いつも頭抱えてまさに「苦悩の人」だったんですよ。それが今回の大躍進に。
しかも、今回出走したのは割と初期に製作されたもの。(実は新車こさえて意気揚々と持ちこんだんだけど、わずかにサイズオーバーで車検とおらず。)
「やっぱさー、最初のほうに作った車のほうが、邪念がないから速いのかなー」とご満悦でした。
「なんかさ、虫ちゃんどうしたの?今回はあまりふるわなかったじゃん!?」
・・・・うるさいわい。

そして、
速さを競うのとは別に、車のフォルムを競うMIC(もすと・いんぷれっしょん・かー)には
我がイグちゃん&VENICO II を製作した原田親方が堂々の入賞。
b0019333_03335.jpg

でも、レース前、虫には負けたくない(=私にだけは負けたくない)と仰っていた親方、第一レースで実は虫ちゃんと並んで走ったのですが、敢え無く4位で敗退。
せっかく出場者の投票で1位に入賞したのに、「虫に負けたサメに何の意味がある・・・」とメールが返ってきました。 そんなに私に負けたのが口惜しいのか・・・・。

優勝トロフィーは、これ。
b0019333_134232.jpg
モカさんが獲得。

MICは、これ。
b0019333_134449.jpg
原田親方が獲得。

いいなー、親方。このトロフィーの車、可愛いんですよ・・・・。

More :なり兄弟の車。
by kyoko_fiddler | 2010-12-27 01:37 | PineWoodCar! | Trackback | Comments(4)

クリスマス・グランプリ!

b0019333_121622.jpg


やります。 画面クリックしていただくと、少し大きくなります。
詳細、お申し込みは

http://pinewoodcar.org/
からお願い致します。

もう年内には無理だねー、などと言っていたのですが、急きょ開催となりました。
今回は遥か鹿児島から、原田ヴァイオリン工房の原田親方の車も参戦します。私が代理出走させますが、
「めにものみせてくれるわ!」
との親方のコメントなので、当日までシークレットカーということで、お兄様方にも見せておりません。
レース本番は、うまくいくかどうかわかりませんが、USTREAMで流すかも、知れません。
そして、私の虫ちゃん2号は、まだできておりません。間に合うのか、私!?
by kyoko_fiddler | 2010-12-20 12:07 | PineWoodCar! | Trackback | Comments(6)

パインウッドカーで遊ぼう企画第2弾の巻

b0019333_10182022.jpg
もっと、同好の士を集めたい、ということから企画した、パインウッドカー製作教室。今回の講師は我らが師匠、「でぇく」チャル平田。
b0019333_1017324.jpg
ウチの「会長」感涙ものの、親子で共同制作中のほほえましい光景だったのですが
b0019333_1016405.jpg
数分経過、父だけの作業に。
b0019333_10241077.jpg
ひたすら父だけの作業に。
b0019333_10294179.jpg
仕上がった車がこれ。デコレーションは子が。ちゃんと共同作業完成。
b0019333_10175657.jpg
何故かしゃがんだ体勢で、ナイフ1本で勝負する人。(なり父)この車は3位入賞してました。
b0019333_1019678.jpg
隣はなにをする人ぞ。
b0019333_10272921.jpg
可愛いレースクイーン登場。(なり妹)
b0019333_10195086.jpg
できた車たち。
b0019333_1037395.jpg
できたてホヤホヤの車でミニレース。

今回、教室の広さの関係で、ショートコースでのレースとなりましたが、それでもかなり楽しめました。レースは、なんと1位が講師を務めたチャルさんの車、2位が今回の共催だったのっちょさんの製作した車、という主催者側が上位をかっさらうという実にオトナげない結果。さらに副会長から「いっときますけど、ウチらからは、真打の車は出走してませんから(←自分の車のこと)」というオトナげない発言。まったくもう。まぁ、でも私の無敵の虫ちゃん号も、出走見合わせていましたけどね。

予想を超えての盛況でした。
前日のライブの余波で、まだ半分アッチの世界のヒトだった私、「目をあけたまま寝てる」とかお兄様方にいろいろ言われていましたが、確かに写真撮るぐらいしかしてなかったなぁ。
でも、楽しかった。
はやくフルコースでレースしたいぜっ。
by kyoko_fiddler | 2010-11-29 10:47 | PineWoodCar! | Trackback | Comments(3)

第1回パインウッドカー製作教室

b0019333_933467.jpg

準備始まりました
by kyoko_fiddler | 2010-11-28 09:03 | PineWoodCar! | Trackback | Comments(0)

お知らせ

b0019333_9275749.jpg


パインウッドカーを作って遊ぼう という企画イベントを 世田谷区池尻小学校に隣接されたものづくり学校にて開催いたします。
当日は時間制約もありますし、お子さんの参加も想定しているために プレカットキットを使っての製作体験となりますが、製作後、ミニレースを開催します。

お子さんは小学校3年生以上を対象(一部電ノコ等を使用するため) 、小学生以下の方は保護者同伴にて参加可能です。

勿論、お子さん大歓迎なんですけど、おにいさま方は、車製作やその周辺について熱く語れるオトナたちの参加も熱望しております。 是非 奮ってご参加下さい。
当日、私も会場にてジャマーお手伝いしております。

申し込みは下記サイトから受け付けております。
http://pinewoodcar.org/
リンクしておりますので、アドレスクリックしてね。

お待ちしております。

ちなみに!
上記サイトのトップページから、ギャラリーへ行っていただくと、私の栄えある1号車がグッドデザインカーに選ばれて掲載されています。 この車、早くて無敵だったんだぞー!


※ お問い合わせ、ここのコメント欄からでも結構ですよ~
by kyoko_fiddler | 2010-11-27 09:27 | PineWoodCar! | Trackback | Comments(10)

あわれ虫ちゃん

b0019333_1121165.jpg

週末に控えたパインウッドカー製作教室、その準備の為にアジトAに集まっていましたが、レーンの設置テストをしていたらに、予想できたこととはいえ、皆で自分の新車の試走を始めてしまいました。

一番の新参者で、木工超初心者、ノコギリを持てば○チガイに刃物状態のへたくそさ。なのにできたクルマがダントツ一番早かったことで、お兄様方の不興をおおいに買ってしまったらしい我が虫ちゃん号、戯れに「目をつけようかな」と言ったら チャルさんが 釣具屋さんで疑似餌用の目玉を買ってきて下さって、目がつき、それを観た皆が、羽つけろ、透明な羽、セミになるぞ、と口ぐちに言いだす始末。
まったく大人げないんだから。
口さがないお兄様方のブーイングなぞものともせず、お兄様方渾身の新作たちを無情にねじ伏せぶっちぎり勝ちしていた虫ちゃん、なんと新参者にテスト走行で敗れたのであります。
むむむ。

この虫ちゃん、意外とライトウェイトなので、錘を足せばよいのでは

ということになり、何か錘を仮で足そうとしたら、チャルさんがこれ貸してあげるよー、とレンチ2本を触角状に。
触角のようでもあり、なにやら 丑の刻参りのようでもあり。

しかしこれで再びめでたく王座奪還。

現在は、この触角は外され、ちゃんと目立たぬようにお腹側にウェイトが搭載されております。
触角は、別につけようとお兄様方は仰います。
いつのまにかつけられちゃっていそうで怖い。
28日出走予定です。 走ってる最中、この目がくるくるしてけっこう可愛いです。

んで

早いです!
by kyoko_fiddler | 2010-11-26 11:02 | PineWoodCar! | Trackback | Comments(2)

HARADAをボコろう会

b0019333_1034330.jpg先週、今週は盛りだくさんで、さっさと書かないと忘れてしまいそうなぐらいネタ満載。時系列は相前後するけど、先にこっちから。
毎年、何かしらの展示会(楽器フェア、または弦楽器フェア)に出品し、上京する原田親方を狙って、原田ヴァイオリンユーザの都合のつく面々が集まって原田さんを囲む。今回は、ボビー西さん、ガジ石井さん、三谷峰生さん夫妻、そして私の5人で、こぢんまりとディープな地域で原田さんを囲んで久しぶりにボコった。邂逅を愉しみました。
ディープゾーンへ行く前に、勿論本来である科学技術館での弦楽器フェアにも行き、原田さんの出品作品(5弦アコースティックヴァイオリン)をまずボコる。試奏。
これは。
かなり本気で欲しくなったのだけれど、既にほぼ売約済み、しかも行き先は私の好きな知人のヴァイオリニストさんだったので、惜しいけど、諦めることにした。
彼のところへいくのなら 幸せな楽器だ。
しばらく未練がましくヴァイオリンを抱え込んで別れを惜しみ、漸く展示台に戻したところで、S家一家が登場。現在Rちゃんが原田ヴァイオリンの4/1サイズを使用しているので「作っているおじさんに(原田さんおじさんゆってごめん)会えるよ」と伝えてあったのだ。(R音ちゃんとなり家M君も使用中だけど、遠いので今回は声をかけなかった。)会場いっぱいに展示されたヴァイオリンとヴァイオリン属、ギター属の楽器たち、それからその部品類、そしてなによりいっぱいの入場者があちこちでオトナげなく試奏しまくる姿を、少年はどう見たのだろうか。「原田のおじさん」は、Rちゃんを小脇に抱えて持ち去りたい可愛さ、とアブない発言をし、Rちゃんはあとから「ねぇ、せんせー?あのおじさんがね、せんせーがRちゃんのこと いじめない?ってきいたよ? バイオリンでばん!って頭たたいたりしない?って・・・」とヒソヒソ声で私にご注進。なんということを。あとで覚えといで。
S家と入れ替わるようにガジさん登場、いきなり「わーいアリスさんだーーーー」と言われ、沈没。追いかけるように「わー、しまったー、今回はソレで弄ろうと思ってたのにーーーアリスアリスー うわーーーーきもーーー」と原田さん。
ええい、やかましいわい。

原田さんが「今回すげー面白いとこに泊ってんの みにおいでー」というので、フェアがハネたあと、ぞろぞろと原田さんの「宿」に向かった。韓国人経営のビジネスホテル(?)で、元はラブホテルだったものをそのままビジネスホテルに転用しているらしく、ビジネスホテルにしては部屋もお風呂広いうえに、宿泊料金も爆安で、全体的にいかがわしさ満載のホテルだったので、見せたがった理由がよくわかった。ここ、治安はともかく、安いし面白いから、C_Cさんが上京するときにもいいかも。覚えておこう。

考えてみたら、この夜の集会は、全員(三谷さんの夫君も、間接的に含まれる)「武藤一派」と言えることがわかって面白かった。 酔睡のボビー、狂犬のガジ、うにょうにょの三谷、 ・・・ネーミングするとB級ヤクザ映画みたいだけど、楽しかった。

原田さんの「来年の上京までには61~2キロに減量します」宣言は、狂犬ガジがしっかり動画で記録してた。
もう後にはひけませんぜ、原田さん うしししし。

More:参加者の顔ぶれ
by kyoko_fiddler | 2010-11-07 11:18 | Reviewなど | Trackback | Comments(6)


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

お気に入りブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(697)
(319)
(172)
(138)
(109)
(44)
(35)
(34)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧