タグ:ヴァイオリン ( 138 ) タグの人気記事

4月の演奏予定など

ああああ・・・もう10日になってしまったあぁぁぁ

4/2  Ken&Can&Houseband        @笹塚リバティベル
4/9  Kanack Spring Concert         @アマルフィー
4/16  Ken&Can&Houseband        @笹塚リバティベル
4/17  JamesCounty              @横須賀Angelo


おまけ
4/12  歌仕込                @笹塚リバティベル
by kyoko_fiddler | 2016-04-10 22:54 | ライブのお知らせ | Trackback | Comments(0)

2月演奏予定など


2/20 Ken&Can&Houseband        @笹塚リバティベル
2/21 JamesCounty               @横須賀Angelo
2/26 Charlie's 80th Birthday Party    @ホテル日航福岡

おまけ
2/26 歌仕込                    @笹塚リバティベル
by kyoko_fiddler | 2016-01-30 21:45 | ライブのお知らせ | Trackback | Comments(0)

4月はこんな

あああ、また今頃のお知らせですみません・・・


4/5 Kentucky Moonshiners @国立 はっぽん  056.gif
4/11 The ROGANS @曙橋 Back in Town 056.gif
4/19 James county @横須賀 Angero (バンドサイト音が出ます注意) 056.gif



056.gifはサポートバンドです。


by kyoko_fiddler | 2015-04-14 11:14 | ライブのお知らせ | Trackback | Comments(0)

汝の名、・・・・玄象っ!!!

b0019333_22215513.jpg
先月中旬、付喪神が帰ってきました。
やっぱりケースをあけたらにへらっと笑ってるな、という印象は変わりませんが、ビシっとキメキメ男前で帰ってきた感じ。受け取って帰ってすぐ弾いてみたら、ちょっと驚くぐらいな大きな音で、かーも「げっ」という顔して見ていました。
その後、実はいろいろあれこれすったもんだしていたので、ろくに弾いていなかったのですが、昨晩某所にてお披露目兼ねて弾いてみたら、やっぱりめちゃくちゃに大きな音で鳴る。耳元で鳴るだけじゃなくて、聴いていた人によれば割に遠鳴りもしているらしい。
100年近く弾かれることなく死蔵されていた(らしい)ために、久しぶりに「楽器」の姿になっったので、まるで「ふなっしー」みたいな、いわゆる「ひゃっはー!!!」状態なのかしらん、と思うぐらいな大鳴りをしていました。
私が弾いてみてあまりに大鳴りするのでちょっと毒気を抜かれていたら、大先輩フィドラーの鷲見さんが弾いたら私が弾くよりもよほど柔らかな音で鳴っているではありませんか。むむむ。
フィドルはね、人柄が出ちゃうのよ、と笑われました。
実際ヴァイオリン(フィドル)という楽器、弾き手によって、本当に音色が変わります。音響学的には弾き手の体格だのなんだの共鳴体というアプローチで説明がつくんでしょうけど、「人柄が出る」というのがいちばん実際のところかなと思いますので、反論の余地はないのですが。
この楽器に関して言えば、人柄が出るというよりも、楽器が人をみてる、という感じがします。
平安の昔、帝の愛器だった楽琵琶玄象みたいに、人によって態度が変わる楽器なんだと思ったわけです。

やっぱりか。こやつ・・・・。
ある意味、最初手許に来た時の印象は正しかったといえましょう。
君の名は 玄象に決めた。弾いちゃる。
by kyoko_fiddler | 2013-12-06 22:46 | Tools | Trackback | Comments(0)

付喪神がやってきた

b0019333_1095830.jpg

b0019333_101206.jpg

あ。アタマ切れちゃった。

どこかの旧家の蔵から出てきたという、鈴木政吉のヴァイオリンを入手しました。
ラベルがぼろぼろになっていて、製作年代はわからないのですが、NIPPONの表記があるので、1910年ごろの、当時の量産品、ヴァイオリン製作者の方によれば、楽器にふってあるグレードナンバー(№ 3)の割には使っている材が良いとのこと。

上手に撮れなかったので後日再挑戦して載せますが、布袋に入ってやってきました。
この布袋、汎用性のあるタイプではなく、この楽器に合わせて製作されたと思われ、その作りの丁寧さにちょっと感動しました。ちゃんと弓を入れるところもあり、そのまま持ち歩けるような手提げもついていて、楽器を大切に扱っていたのだろうな、と。(・・・だれかこれのレプリカ作って下さる方いないかな)
もちろん、今の世の中、ラッシュの電車にこの布の【元祖ソフトケース】で乗りこむ勇気はありませんが。

ご覧の通り、駒はないし、あごあてもどこかへすっとんでいます。塗装も特に表板は歌舞伎あげのようにひびひびになっています。これから、この楽器を見つけて下さった菅沼さんという楽器製作者の方のところへ里子に出して、弾けるようにしていただく予定。年内に帰ってくるでしょう。まだ詳細はわかりませんが、『100年オールドのマサキチで一番重要なことは調整:ペグ周り、ナット、指板、ブリッジ、魂柱、バスバー取り替え』だそうなので、そのあたりを具合よくしていただくのだ思います。

なんというか、なんでこやつを入手したんだかちょっと自分でも判然としないところがあって。
なんで買っちゃったかなー・・・?と思っていたのですが、
一瞬これはなんだろう?と思うほど巨大な段ボール箱(本当に一瞬「失われたアーク」を連想しました。まさに、まるで櫃って感じだったんです)に入って届き、開けてみたらば十重二十重どころの騒ぎではない、これなら投げても大丈夫、ぐらいな超厳重な梱包に包まれていたこのマサキチ君。さっき書いた、製作者の愛情すら感じる布袋の中からぬっと現れた瞬間、冗談ではなく、ほんとうに、にへらーっと笑ってみえたのです。
なんじゃこいつ。

いやほんと、イメージとしては、岡野さん描く陰陽師の中に出てくる玄象(という銘のついた楽琵琶。手足が生えて駆けずりまわって悪戯する)そのものでした。

確かに、付喪神化してても可笑しくないご年齢か。楽器の方からやってきたのか。
長いこと、蔵の中でじーっとしてたので、久しぶりに外に出て嬉しいのでしょうね。
そのうち、イヤってほど連れ回してやることになるかもねー。
by kyoko_fiddler | 2013-10-04 10:53 | Tools | Trackback | Comments(0)

【Live information】 2月

2/5    Back in Town

2/9    Liberty Bell

2/27   Stage1

今月はライブというほどの演奏はないですー・・・多分。
by kyoko_fiddler | 2013-02-02 13:18 | ライブのお知らせ | Trackback | Comments(1)

毎年が予想外だけど

b0019333_182910.jpg

まぁだいたい毎年、1年を振り返ると予想だにしなかった1年だなぁって思うのですが、
今年ほどびっくりな1年はなかったかもしれないです・・・。

例年にも増してぼんやりと年明けを迎えたというのに、春からこっち・・・。
魔がさした、というに近い。
結果は魔じゃないんですけどね。
河岸変えようと思って、ボビーさんにさんざ「ダメ」と断られていたフィドルの世界に、もいちど「混ぜて」と
頼んでみたらば、「よろしい!鍛えちゃる」とあっさりOKを貰って、西さん主催のフィドルアンサンブルに参加して、久しぶりに生音演奏して、・・・・そっからあとはせんたっきの中に入ったみたいなもんで。
フィドルのフの字も知らないのに、カントリーのイベントにまでかんでしまった。
そして気がつけば楽器しょって都会の夜のしじまにフラフラとする日が激増。

楽しそうな方へ、面白そうな方へ漂って行った結果がこれ。自分がなにをはじめたんだかまだよくわかってないところもありますが、(それぐらいフィドルって捉えどころなく広い。)
改めて そうか、私はこの楽器が好きなんだなと思ったりして。

我が猫又閣下の不興を買いながらではありますが、来年も私は弾くのでしょう。

皆さま 良いお年をお迎えください。
そして、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

きょーこ 拝
by kyoko_fiddler | 2012-12-31 01:35 | ぶつくさ | Trackback | Comments(3)

【Live information】

演奏予定(バンド名のないものは、サポート、もしくはちょびっと寄せていただくものです)


2012/12/29 19:00~ 銀座Rockey Top
 
2013/01/11
2013/01/20        BlueBand 恵比寿天窓スイッチ

 
by kyoko_fiddler | 2012-12-31 01:20 | ライブのお知らせ | Trackback | Comments(8)

第1回Country in Country 終了。


開催決定から3カ月 やみくもぱわーで押し切って開催しましたこの音楽イベント。
これはホストバンドのDikcy Kitano & HisBand かっこよかったです。ホント。

なんだかんだで私も都合4回ほどステージによじりあがってって弾いてきました。

来年もやります。8月31日・9月1日 上野村にてお待ちしております。
by kyoko_fiddler | 2012-09-05 00:00 | Reviewなど | Trackback | Comments(2)

噛まずに弾く

b0019333_2127332.jpg

先日、テレビで上下の歯を接触させている「癖」が諸々宜しくないという特集をみて、よく考えたら楽器を弾いている時なんて、しっかり上下の歯は噛み合わさっているではないの、と気がついた。それで今日長時間のリハーサルがあるのを幸い、上下の歯を触れあわせないように楽器をホールドするという実験をしてみていた。
ぐっと歯を噛み締めるという行動は 本来火事場の馬鹿力スイッチとなって、全身の筋肉の柔軟さを増すけれども、15秒以上ぎりぎり噛み締めていると、筋肉は硬直しはじめるのだそうだ。
通常、15秒以内の曲なんてない。・・・・まずいじゃないの ってわけ。
上下の歯を触れないように楽器を構えるのは思ったよりも簡単だったんだけど・・・・
全身がなんだかぐなぐなして定まらぬ。よくいえば、無駄な力が抜けている状態といえなくもないけれど、なんというか、当世流行りの「体幹」というモノがなよなよと頼りない感じ。
でも、多分これが理想的な体勢だな、という感触はあった。

そんなこと考えて いたら、blueさんに、「どしたの? 今日はなんか静かだね」と言われてしまった。
えー・・・?
どゆいみ? 普段うるさいってか???
by kyoko_fiddler | 2012-08-26 21:28 | ぶつくさ | Trackback | Comments(4)


猫、自転車、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧

Skypeボタン

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
旧・写真少年漂流記
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(698)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧