ごめんねごめんね

b0019333_18143840.jpg

最初に何となく、違和感を感じたのは4日くらい前だったか。
何がどう、ということではなく、本当に『…?』という程度の違和感。気のせいかな?気のせいならいいが?
そんな気持ちのひっかかりを残したまま、ライブ、翌日の朝。
お尻を舐めている姿を見て、やっぱり変だと確信した。もしや、腎臓が悪いのか?膀胱か? 明日(月曜)採尿してねこ病院に持って行こう。 そう決めて、そのまま出かけたのだったが。
夜、私を出迎えに出てきたかーを見て、「やばい」と直感した。「猫背」なのだ。どこかに痛みがあるに違いない。
いつもなら、出てきて思いきり猫ストレッチをし、あくびをし、「おやつー!あそぶー! きょーこーっ!」と威張るのに、猫ストレッチをちゃんとしなかったし、じっと私を観て声なしにゃーをしたその背が丸まっていた。
観察しているとやっぱりお尻を舐める。いつもはこんなに舐めないはず。
「どうかした? おしっこでないの?」とかーを裏返しにすると「やー!」と抗議の声を上げた。ビンゴ、お尻にやっぱりなんかある。「みせてごらん?」「やー!」「みせてごらん!」「やー!!!!!」私の腕に噛みつき、爪をたて、逃げようとするけど、こっちだってもうかーとは7年暮らしている。噛まれようが爪を突き立てられようが、怯むもんではない。「やーでないっ!」とお尻を覗き込むと、お尻の「菊の御門」の左脇に赤黒く腫れた部分が。毛皮の下から覗くその赤黒いおできは100円玉ぐらいあろうか。血の気が引いた。
化膿してる!
こんなちっこい身体で、この大きさの化膿、緊急事態である。
あわてて去年の秋にかーを予防接種につれていき、納得の診療をしてくれた獣医さんの診察券を探す。
診察時間は過ぎている。
ダメ元で電話をしてみると、留守番電話が無情に診療時間は過ぎていると告げた。だめかやっぱり。
「なお、」
とメッセージは続いた。
「緊急の場合は、まだ診療可能であれば、折り返しお電話いたしますので、メッセージの後にお名前、症状などを録音してください。」
藁にもすがる思いでメッセージを残す。「あの、昨年秋ワクチン接種でお世話になりました河崎です 猫の様子がおかしいので見てみたら、肛門の脇におできができているようで、化膿しているようなので、もし可能であれば診察お願いします。もしくは明日朝いちばんで連れて行きますのでよろしくお願いします。電話番号は、090-××××-××××です」
留守電を残したあとも、尚も不安で近隣の24時間診療の獣医を探す。どうしてもっと早く気付いてやれなかったか。おかしいと感じていたのに。
視線を感じて足元を見ると、かーがじっと私を見上げていた。「おいで」と声をかけると寒い冬でもないのに、膝に乗ってきて、うずくまってみたり、丸まってみたり、どうにか身体を休めようとしながらぐるぐる回って腰を屈めている。辛いのだ。
かーごめん。ごめん ごめんごめん。
どうやっても化膿している部分が障って痛いのだろう、諦めて膝から降りて、床でまた患部を舐めはじめた。
「かーさん、そこ舐めないで 痛いんだろうけど舐めないで」と声をかけると「うなうなうなうなうな」と唸りながら舐め続け、止めさせようと頭を撫でたら「ううううううぅ~!」久々に聴くエクソシスト声になった。
刻一刻悪化しているようではないか?
まずい。一刻も猶予ならないか?

普段の私なら、ここで症状を元に、かーの現状がどういう状況なのか調べる冷静さぐらいはあったと思う。
だけど、「気づいていたのに気づいてなかった」という自責が先に立って、完全に慌てていた。
今まさに、24時間診療の獣医さんに電話しようとしたその時、携帯が鳴った。
「は、はいはいはい!」
「あ、河崎さんですかー? ○○ねこ病院の○○ですー」
「すみません夜分遅くに」
「かーくんね、診てみないとわからないけど、おそらく肛門膿です。」
「コーモンノウ?」
「猫ってね、スカンクなんかみたいに臭腺が肛門の脇にふたっつあってね」
「ああ…」
それで思い出した。そういう病気があるって本で読んだ。そうかそれか。
ねこ医者は手短に「肛門膿」とはどういう病気か説明したあと、私に的確な質問で症状の確認をし、
明日で大丈夫だから明日いらっしゃいと言った。
「今晩一晩で取り返しがつかなくなるなんてことはないですよね?」
「大丈夫、かーくんは若いし」
「えー、でももう七歳ですが」
「猫の七歳はまだ若いですよ。それにこの病気はこれが原因でどう、とかっていうものでもないから」
「それ聞いて安心しました。では明日お願いします」
「はい、お待ちしています。もし何かあればいつでも電話してきてくださっていいですからね」
深夜の電話、獣医さんにとっては迷惑千万だったろうが、これでどれほど安心できたことか。やっぱりこのねこ医者、信頼できる。
尚も嫌がる閣下を押さえつけ、仔細にお尻の問題部分を観てみると、いまにも破裂しそうになっているのが判った。これは辛かっただろう。本当に申し訳なかった。
私の手を逃れたあと、ずっと私が布団に入るまでかーは隅におかれたチーズ君の中で丸まっていたが、私が布団に入るとのそのそ出てきて、中腰から用心するようにして、どっこいしょ、と私の脚の間に陣取って、患部を舐め、時折痛いのか、虚空に向かって「かー!」と威嚇音を発したりしながらも、脚にいつもよりもずしっと寄りかかって眠ろうとする。うつらうつらしては、患部を舐め、「かー!」の繰り返し。
猫は病気なんかで具合が悪い時、人の手を嫌い、ひとりで隅っこに丸まりたがるというけれど、こうやって(脚だけど)私を頼ってくれるということは、MATEとして認識してくれていたんだなぁとちょっと嬉しかったけれど、それにも増して自分のダメ飼い主ぶりに腹がたった一夜でした。

現在、閣下は切開処置を受け、10ccほどもの膿を排出したので、かなり楽になったらしくすやすや眠っております。抗生剤を服用しているので、なんとなくダルそうではありますが、明らかに楽になったようなので、少しだけほっとしております。
by kyoko_fiddler | 2009-05-25 18:14 | かーは猫である


猫、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
このブログは引っ越しました
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(699)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧