キミにとって、私って、…何?

b0019333_11352074.jpg
『掘ってもいい?』『やめて』『……。』

冷静に考えてみると、かーはかなり「かわいくない」性格なんじゃないかと思うことがある。これが人間だったら我慢ならないかもしれないな、と思うこともたびたびある。ダメといっても何が何でも絶対に我を通そうとしたり、こっちが積極的に構おうとすると煩そうにするくせに、あ、そうか、今遊ぶ気分じゃないのね、と思って引き下がると今度はわざとらしく拗ねた様子をみせ、人間は んもー、ナンなのよ、アンタは!となる。そうかと思うと気が付くとそばにいて、そーっと前足だけ、とか後ろ足だけ、とか尻尾の先だけ、でわたしの身体のどこかに触れていてみたり、突然膝に上がってきたり、わたしの脚を抱え込んでしがみついてみたりするから、1日に何回かは「んもー、どうして欲しいのよ…」となる。
人間がペットを飼う(最近では、ゴリラもペットに猫を飼うのですね)という行為は、多分に擬似育児的な要素が多いとむかーしむかしタイムの百科事典で読んだ。今もそういう学説があるかどうか知らないけど、確かにペットを「うちのコ」と呼ぶ人も多い。「うちのは」というので、飼っている犬のことなのか、だんなさんのことなのか話を聞いていると判らない友人もいる。ペット側にしてみると、犬は飼い主をボスと思い、猫は群れる習性がないので家族関係=親子・兄弟関係に置き換えて認識しているということになっているらしい。
だけど、かーに関しては、彼がわたしを親と思っているとはどうも感じられない。兄弟と認識されているようにも感じられない。猫先輩の友人は、かーのことを「アンタの息子は」とメールに書いてきたりするけれど、私自身が、かーを息子だとは思っていない。というか、自分を母だと思っていない。友人は、犬3匹猫3匹とご主人とくらしているが、犬も猫も彼女に向かって「ママー!」と言うらしい。(かーは絶対そんなこと言ってないな。)
正直いって、かーがきた当初はあまりにも軽く小さく頼りなかったので、途方にくれていた。
…なんだよ、これ…なんかすぐ死んじゃいそうじゃん。
それで、本屋に走った。「猫の飼い方」的なハウツー本から始めて、何に注意すれば死なないのかを緊急に知る必要があると思ったのだ。途方にくれた理由はもうひとつあった。「まったく、何を考えているのかわからん」ということだった。絶望的なまでに自分と猫とは異種なんだな、と思った。快・不快のツボもワカラナイし、何かを要求していることまではわかっても、空腹とトイレ、遊んで以外は何を要求されているのか皆目見当がつかない。このままでは この猫は欲求不満でストレス死するんじゃないだろか。
だから、猫の行動学だとか、心理学だとか、それっぽい本もいくつか読んだ。読んでどれもかーにぜーんぜん当てはまらないから混乱した。
考えてみれば当たり前の話。だって、その学者や専門家の方々が見ているのは、ほんの数頭~数十頭の個体であって、そこからサンプリングして推測するものだから、そのサンプル個体の個性でしかない可能性が高い。そこから、かーの「心理」に迫ろうとしても無理だ。
一縷の望みでニャウリンガルも買ってみたけど、殆どの声が翻訳不能。考えてみれば生後1ヶ月で人とだけ暮らすという環境にいるのだから、猫語を喋っているはずがないのだ。あきらかに、こちらの音声を真似ているように感じることもあるから、多分かーは人語でも猫語でもない、クレオールのような独自の言語を喋っているのだろう。
それでわたしは開き直った。わからないものはわからない。考えてみりゃ、人間同士だって、わからないんだから。それで、猫の生態、というか、食性だの異常のサインだの、生きていく上での禁忌事項以外は全部忘れることにした。今のところ、いろんな本に書いてある「問題行動」を起こしたことは一度もないし。それで、わたしはかーに言い渡した。
「悪いけど、かーの言っていることは殆どわたしに判らないから、かーは空腹やトイレ以外の要求を満たしたかったら、それなりにこちらに伝わるように策を弄しなさいね。察してはあげられそうにないからね。」それを理解したかどうかはわからないけど、時々けっこう利用されてるな、と思うことがある。それでいい、それで対等な関係なのだと思っている。「かわいくない」性格も、わたしと暮らすための屈託や葛藤の結果の屈折なのだろうと思うことにしている。
かーはわたしのことを自分のシモベのはずなのに、時々造反する執事かばあやだとでも思っているんじゃないだろうか。
b0019333_15561410.jpgこれお気に入り。:トニー・メンドーサ/アーニー
by kyoko_fiddler | 2005-01-19 11:35 | かーは猫である


猫、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
このブログは引っ越しました
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(699)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧