Get over it!

今日は4歳の少年とバイオリンのお稽古。

…別に無理して猫ネタから離れようとしているのではないのですが、世間が連休している間、どういうわけか本業(!?)に勤しんでいるばいよりん弾きなのでございます。

で、この少年なりちゃん(仮名)、おそらく今彼の生涯において初めてだろうけど、彼の人生全般的にうまく行ってないらしいのが、おけいこしてると判る。もう、今、彼を取り巻く全ての環境が彼にはオモシロクナイらしい。暗雲がたちこめちゃって、前途に夢も希望もないのだな、恐らく。
幼稚園に通い始めて1ヶ月がたち、幼稚園にいるオトナ(つまり幼稚園の先生)は自分個人のいうことなんかいちいちききいれちゃくれない。全て他人(先生)の都合に従わなければならず、好き勝手に行動すれば先生のみならずクラス全員から「糾弾」される。帰宅すれば、彼にはまだ立って歩くのもままならない弟くんがいて、しかもこの秋にはもうひとりきょうだいが増える予定で、今まで長子で長男で、一家のアイドルだった彼の地位は危うく、ここでもまた彼の意向は無視されがちである。週に一度通ってくるバイオリン教室は、唯一おかあさんを独占できる機会なんだけど、バイオリン弾くよりおかあさんにだっこしてたいのに、おかあさんは「バイオリンひかなきゃごほうびのケーキはなし、日曜日のおでかけもなし!」と意地悪をいう。(少年にとっては、おそらくこれはネゴシエイトではなく、意地悪でしかありません。交換条件というのが、教育上よろしいかどうかは親でもないわたしのどうこう言う問題ではありませんが、記憶を遡って考えるに、親の出す交換条件って、子供からみて、フェアだったためしはないような気がします。)せんせーは、(わたしのこと)おかあさんが意地悪言っていじめるのに、庇ってくれないし、全然コナンを弾かせてくれない。(少年は少年探偵コナンが弾きたいといって、バイオリンを手にしたそうです)いっつもキラキラ星ばっかりで、もう飽きちゃった。思ったほど簡単じゃyないんだもん、ばいよりんって。もうチェロに替えたいんだけどなー。(最近チェロを弾きたいと言い出しました)
こんなところではないかと推察できます。とにかく感情の不安定さが目立つのですね。彼がもっと語彙豊富であったなら、この現況は全て、「なりちゃんの望んだことではない!」と言うのではないかなと思います。幼稚園に行きたいといった覚えはなく、きょうだいがほしいと言った覚えもない。コナンは弾きたいといったけど、キラキラ星を弾きたいといった覚えはない!
確かに。
なりちゃんは、お母さんにだっこが叶わないと悟ると、いつもお母さんに教室からの退出を命じます。そして、わたしと1対1になって、どうするのかというと、バイオリンをひっつかむや、ひきつけでもおこしそうな勢いで、むちゃくちゃに がぎぎぎぎぎぎぎー と弾きながら、「うーうーうーうーうーうーうーうーうー!!!!!」と喚くんですね。声を限りに。それから、バイオリンを放して金切り声で叫ぶ。幼い少年の金切り声は、かなり耳に刺さります。
発散しているわけです。彼なりに。
しかもその姿を、母には見せまいとしているわけですね。
しばらくして、彼は「あーちゅかれた!」と言うので、それまでは、好きなだけ喚かせておきます。
もう、この状況が3週間続いているんですね。幼稚園始まってからずっと。最初は、ひきつけでも起こすんじゃないかなと思って、心配しましたが、その後、そういうことに詳しい友人に、子供がひきつけ起こしたらどう対処すればいいのか訊いてあるので、ひきつけても大丈夫、ただスタジオ内の器物にぶつかって怪我しないことだけ気をつけています。彼なりに、苦労してるんだろうなぁと思って、内心、ガンバレ少年! なんて思いながら狂騒状態の4歳児とスタジオに篭っているわけです。(いや、スタジオでレッスンしててよかったっす。)
今日はその狂騒錯乱むちゃくちゃ弾きに変化が。
いつものように、絶叫しながらバイオリンをぎぎぎぎぎぎ!とやっているのですが、先週までは、左手の指で弦を抑えることを断固拒否していたんですね。ところが今日は、ちゃんと左手の指を使って、弦を抑えてみたり離してみたりして、音程に変化がついているのですよ。そして、大絶叫のあと、「ねーしぇんしぇー、おと、かわってるでしょー?」
確かに。「かわってたねぇ、なりちゃん、指使って弾けるようになったのねー」
「しゅごい?」「すごい。」「なりちゃん えらい?」「えらい!」「じゃぁ、おかーしゃんケーキ買ってくれるよねー♪」「…(それはどうだろうか)…そうだね、じゃぁ、あとはキラキラ星手伝うから、それお稽古したら大丈夫だよ」「しょか、やるーっ!」
珍しく、自分からやると言い出しました。彼はどういうわけか、曲を弾くとなると、ほんとうはもう自分で覚えていてわかっているのに「手伝ってくれないと弾けない」といって、右手も左手も自発的に動かそうとしません。(まるで器を床に置くと食べないで、器をわたしに持たせた状態で食べようとするかーのようだと思ってしまいます)それで、二人羽織のような体勢でキラキラ星を1曲、弾き終わって「まんぞくー!」
思わず苦笑。そうかそうか。満足ならよかった。案外、将来彼はすごいアーティストになるかも知れん、と思いつつ、元気よく帰っていくなりちゃんを見送るのでありました。
by kyoko_fiddler | 2005-05-06 19:38


猫、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
このブログは引っ越しました
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 07月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(699)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧