カテゴリ:Reviewなど( 82 )

明和電機ナンセンス軽音部。

と、いう計5回のワークショップに参加していました。
といっても、途中私はライブだのライブだので2回ほど欠席していたのですが。
明和電機ナンセンス軽音部。_b0019333_9415171.jpg

明和電機土佐社長のもと、集まった受講者たちが思い思いに自分で楽器をこさえて演奏する、というもの。
オタマトーンふりまわして喜んでるワタシをみて、このワークショップの仕掛け人であるM姐さんという、私が日ごろから、めったに会わないけど面白くて好きなヒトから、「チョコちゃーん、(彼女は私をこう呼びます。・・・おっちょこちょいのちょこ。)こういうのあるんだよぉ」と、お声掛け頂いたので、いくいくいくいく!と即答、寄せていただきました。(いや、まさに「寄せていただきました」という感じ。)
参加してみてびっくりしたのは、受講者の方々のあくの強さというか、濃ゆさというか、・・・・。
なんつーか、毎回ある種の毒気に中てられたような状態で、教室を後にするような状態。
計5回のワークショップ&ライブの状況は、毎回USTREAMで流されていたようですが、ま、観たところであのミョ~~~な空気は伝わらないかと思います。

土佐社長が、各自受講者の開発中の楽器を見てグループ分けし、バンドを結成させて最終日に「ライブ」を行うことになっていたのですが、ライブ明けで戦線復帰した私は、「なんだかよくわからないひと」グループに配属。
明和電機ナンセンス軽音部。_b0019333_9505255.jpg
これは、美人研究家Sさん製作のテルミーナちゃん。(Sさん面白い方でした。)
我々が「ライブ」で何をしようかと悩んでいるところへやってきた土佐社長が、多分なんの根拠もなくヒラメキ(でたらめともいう)で「ここは・・・・メディカル系ですね!」と言ったので、衣装だけはさっさと白衣に決定。
リーダーは、歯ぎしり音を増幅して人間楽器と化した人。演目は「聖しこの夜」にライブ当日直前に決定。
バンド名は「明和ク・リニック」 テルミーナちゃんがクランケで ・・・・。

今回、私は参加できた日数が少なかった、という言い訳と、ちょっとヒラメキが足りなかったので特段なにかを作るということはせず、古いPCのキーボードを叩いたりはぼきでこすったりした音を増幅してリズム楽器を担当しました。ナースの白衣着て。 ナース姿が板についていたそうですが、(本職ですかと訊かれたですよ。)それ以外には特筆すべきことはないですな(きっぱり)。考えたのは 面白くないから、弦楽器だけは止めようということだけでしたし、ほんとはもうちょっといろいろやりたかったんですけど。(土佐社長に「はははははっ!そうでしょーねー!」と笑われました)

だから昨日はライブだったけど、いわゆるいつもの「ライブ」の後とはまたく違う、妙な「ライブ明け虚脱」があります。なんか、いつもと違う筋肉使って、身体の妙なところが わる痛みするような感じに近いです。
明和電機ナンセンス軽音部。_b0019333_1019434.jpg
ライブ前、これまた妙なテンションで皆を盛り上げる社長。

・・・今気がついたけど・・・
もしかして昨日のが 今年の「ライブ納め」だったってこと・・・・
いいのかそれで??? ナースで納めてしまったぞえ・・・・?

最後に懇親会で、土佐社長とも少しお話をし、M姐さんに制服着てない土佐社長との2ショットを撮っていただきましたが、まぁそれは 秘蔵と言うことで、私のナース姿と一緒に封印です。 にゃははは!

間近で見てみたかった土佐社長は 予想通りの方でした。うん。ファンだわ、私。
by kyoko_fiddler | 2010-12-12 10:21 | Reviewなど

斑女 三島由紀夫 近代能楽集

井万里きよあちゃんが 三島作品に出演する、とな?
これは観なくてはいかん。

そう思って、当日はレッスンも時間を早めて頂いて、いざ、観劇へ、と思ったら京王線止まる。
息せききって会場へ駆けつけたので、最初の肝心のきよあちゃんの舞いを見逃してしまったが、美しい狂女の役、見事に演じているきよあちゃんを見て、ちょっと瞠目しました。
きよあちゃんが、これからどこへ向かって進んでいくのかは、きよあちゃんのみぞ知る ですが
女優もありだな、と思った時間でありました。

さすがに、舞台の写真は撮れなかったので 今日は 文字だけです。
by kyoko_fiddler | 2010-12-05 02:04 | Reviewなど

かっこいいってこと。

かっこいいってこと。_b0019333_200544.gif


ZAZOU http://www.ultra-vybe.co.jp/zazou/index.html

半月ぐらい前ですかね。コレ聴いて、いろんな意味でショック受けました。
上記サイトで試聴もできます。

音楽じゃないってば音楽じゃない。 かっこいいっす。
by kyoko_fiddler | 2010-11-30 10:21 | Reviewなど

石川 慶 舞踏公演

石川 慶 舞踏公演_b0019333_23455188.jpg

今まで観た中で、一番明快な、舞踏だったかもしれない。

舞踏家が登場した瞬間に、彼女が全身にトウシューズを纏綿させて登場した瞬間に、その意図と展開が予測できたけれど、でも、同時に 彼女がこれを踊らねばならないことも 理解した。
これから、この道を舞っていくのだ。
ラスト、全身で、裸足で白鳥を踊って見せた彼女の愉悦の表情が 脳裏に灼き付いている

3日間 彼女は踊り続けた。けれど残念ながら、私は中日しか見届けることができなかった。

だけれども、ほんとの勝負はここからだよね。

次回を 期待しています。
石川 慶 舞踏公演_b0019333_23454742.jpg

by kyoko_fiddler | 2010-11-24 23:59 | Reviewなど

HARADAをボコろう会

HARADAをボコろう会_b0019333_1034330.jpg先週、今週は盛りだくさんで、さっさと書かないと忘れてしまいそうなぐらいネタ満載。時系列は相前後するけど、先にこっちから。
毎年、何かしらの展示会(楽器フェア、または弦楽器フェア)に出品し、上京する原田親方を狙って、原田ヴァイオリンユーザの都合のつく面々が集まって原田さんを囲む。今回は、ボビー西さん、ガジ石井さん、三谷峰生さん夫妻、そして私の5人で、こぢんまりとディープな地域で原田さんを囲んで久しぶりにボコった。邂逅を愉しみました。
ディープゾーンへ行く前に、勿論本来である科学技術館での弦楽器フェアにも行き、原田さんの出品作品(5弦アコースティックヴァイオリン)をまずボコる。試奏。
これは。
かなり本気で欲しくなったのだけれど、既にほぼ売約済み、しかも行き先は私の好きな知人のヴァイオリニストさんだったので、惜しいけど、諦めることにした。
彼のところへいくのなら 幸せな楽器だ。
しばらく未練がましくヴァイオリンを抱え込んで別れを惜しみ、漸く展示台に戻したところで、S家一家が登場。現在Rちゃんが原田ヴァイオリンの4/1サイズを使用しているので「作っているおじさんに(原田さんおじさんゆってごめん)会えるよ」と伝えてあったのだ。(R音ちゃんとなり家M君も使用中だけど、遠いので今回は声をかけなかった。)会場いっぱいに展示されたヴァイオリンとヴァイオリン属、ギター属の楽器たち、それからその部品類、そしてなによりいっぱいの入場者があちこちでオトナげなく試奏しまくる姿を、少年はどう見たのだろうか。「原田のおじさん」は、Rちゃんを小脇に抱えて持ち去りたい可愛さ、とアブない発言をし、Rちゃんはあとから「ねぇ、せんせー?あのおじさんがね、せんせーがRちゃんのこと いじめない?ってきいたよ? バイオリンでばん!って頭たたいたりしない?って・・・」とヒソヒソ声で私にご注進。なんということを。あとで覚えといで。
S家と入れ替わるようにガジさん登場、いきなり「わーいアリスさんだーーーー」と言われ、沈没。追いかけるように「わー、しまったー、今回はソレで弄ろうと思ってたのにーーーアリスアリスー うわーーーーきもーーー」と原田さん。
ええい、やかましいわい。

原田さんが「今回すげー面白いとこに泊ってんの みにおいでー」というので、フェアがハネたあと、ぞろぞろと原田さんの「宿」に向かった。韓国人経営のビジネスホテル(?)で、元はラブホテルだったものをそのままビジネスホテルに転用しているらしく、ビジネスホテルにしては部屋もお風呂広いうえに、宿泊料金も爆安で、全体的にいかがわしさ満載のホテルだったので、見せたがった理由がよくわかった。ここ、治安はともかく、安いし面白いから、C_Cさんが上京するときにもいいかも。覚えておこう。

考えてみたら、この夜の集会は、全員(三谷さんの夫君も、間接的に含まれる)「武藤一派」と言えることがわかって面白かった。 酔睡のボビー、狂犬のガジ、うにょうにょの三谷、 ・・・ネーミングするとB級ヤクザ映画みたいだけど、楽しかった。

原田さんの「来年の上京までには61~2キロに減量します」宣言は、狂犬ガジがしっかり動画で記録してた。
もう後にはひけませんぜ、原田さん うしししし。

More:参加者の顔ぶれ
by kyoko_fiddler | 2010-11-07 11:18 | Reviewなど

吉本大輔・舞踏・を・観た・・・。

吉本大輔・舞踏・を・観た・・・。_b0019333_20422856.jpg
吉本大輔さんの舞踏を観に行ってきた。
観に、という表現が正しいのかどうか、よくわからないが。

始まる前、本堂には抑えた音量でバッハのシャコンヌが流れ、垂れ垂れと伸びた紅い緒が、石段の下まで伸びていた。
参道は、産道か。この緒を辿って、生まれてくるのか・・・、とまでは思ったけれど
そこから先は、秘すれば花かと。


吉本大輔・舞踏・を・観た・・・。_b0019333_20424024.jpg

舞踏が終焉を迎える際にも高らかに鳴っていたのはバッハのシャコンヌだった。

コれを(これは大輔さんのマネ) 久しぶりに弾こうと決めた。

More:吉本大輔氏:井桁裕子作
by kyoko_fiddler | 2010-11-05 20:52 | Reviewなど

シークレットだなんて。

シークレットだなんて。_b0019333_21133878.jpg

シークレットゲスト ということでの出演で、しかも発売とほぼ同時にチケットがソールドアウトしてしまっていた、ということでしたので、こちらでもあちらでも告知はしていなかったのですが、16日は伊勢正三さんのコピーバンド、BlueBandさんのライブにお邪魔出演してきました。

モノシラズなもんで、お邪魔させていただくようになるまで、伊勢正三さんの音楽って殆ど存じ上げませんでしたので、おお、知らぬ世界がここにもあったか・・・という感じ。

対バンはNSPさんのコピーバンド NASさん。

今って、コピーバンドって言わないんだそうですね。トリビュートバンドというのだそうです。

BlueBandさんへは、来月もお邪魔させていただくことになりました。
ちなみに、来月も既にソールドアウトだそうです。
ううむ、なかなか。
by kyoko_fiddler | 2010-10-17 22:17 | Reviewなど

眼福なり 第五十三回柳扇会

眼福なり 第五十三回柳扇会_b0019333_0152663.jpg

Photo: Chie Ishii
第53回柳扇会 @国立劇場


美人フォトグラファの石井千絵さんと、共通の友人、若柳優沙の舞台を観に、国立劇場へ。

地味な衣装だしあんまり期待しないでね、とか数日前にメールが来ていたけれど、なんの。
彼女が踊ったのは、吉原雀。←クリックしていただくとどんな踊りなのか解説のサイトへ行きます。
あら。よしわらすずめと読むんだと疑いなく思っていたけど、よしわらむすめと読むんだ・・・。わー、はずかし、会場でよしわらすずめ、と言い放ってた気がする。シロートばればれだったに違いない。

セリからずずずず・・・と上がってきた時は、あまりの美しさに思わず声をあげてしまいました。
普段知っている彼女とのギャップと、仕草の可愛らしさ、姿の佳さ、をどりのことは門外漢だけど、息をのんで観ているうちに、あっという間に終わってしまいました。(約20分強)

幕が引かれたとたんに、石井さんと顔を見合わせて、「楽屋いこ、楽屋!」と楽屋へ突進。
脱いじゃう前に観たい、という一心で、駆けつけて、楽屋の入り口で彼女を捕捉。
すかさずバッグからカメラを取り出した石井さんが何枚かスナップを撮ってくれたので、図々しくも彼女に使用許可を貰い、上の写真と相成りました。
実は、隣に私が写り込んでるんだけど、優沙さんだけ切り抜いてアップ。
石井さんのブログに行ってみたら、同じように処理してあったので、安心安心。

* 優沙さんから教えていただきましたが、よしわらすずめ で良いそうです ほっ・・・。
by kyoko_fiddler | 2010-10-12 00:38 | Reviewなど

未藍千紗ライブ

未藍千紗ライブ_b0019333_22524948.jpg

行ってきました。

いや 実は私、彼女のファンだったのです 昔から。
とか言って、かれこれ10年ぐらい彼女の歌を聞いていなかったのですが。

昔聴いた時も、魅力ある声の、雰囲気ある佇まいの、素敵なヴォーカリストさんだな、と思って観ていたのですが、(彼女観たさにTitaniaというバンドのライブに通った)
パワーアップしてましたね。
ステージが上がった感じ。

バンドなどのヴォーカリストさんて、原因は様々、事情も様々だと思うのですが、がなる、喚く、叫ぶ(シャウトではなくて)だけ、つー人が多いのです。声量のあるなしにかかわらず。特にロック系ね。
ヴォーカルの強みであり魅力は何かと言ったら、ダイナミズムの自在さだったり、豊かな音色の変化だったり、(ヴァイオリンも同じ)すると思うのですが、それを駆使できている人は少ない。(ヴァイオリンも同じ)

いい歌を聴きました。

もともとの声も、不思議な魅力ある声をお持ちなんですが、
歌自体も、ご本人が「あの頃よりは上手くなってますよー」と言っていたけど、本当に上手くなってて、気高さも感じさせました。
ついでにオカルトなこと書いちゃうと、「うひー、なんか召喚してしまいそうな声だ」って思いました。

Red Flower White Flower
気に入りました。

彼女のMySpaceから視聴できます。
どぞ。

…でもねライブの比じゃないよ。
ライブに行かなくっちゃあの素敵さはわからんね。
by kyoko_fiddler | 2010-09-05 22:52 | Reviewなど

御来場ありがとうございました。

御来場ありがとうございました。_b0019333_11341522.jpg

絶対無ライブ、御来場ありがとうございました。

まったく傾向の違うバンドふたつに挟まれてのライブでした。
(楽屋で扮装してたら他のミュージシャンの方々をおどかしてしまう結果に・・・ははは)
他のバンドの方々のお客さんは「なんじゃこりゃ!?」と思われたことと思いますが、
けっこういいな、と思って下さる方もいたと思うことにします。

今回、曲が1曲だけ差し替えになったので、最初はマルチエフェクターを使っていたんですけど、
「やっぱさー、音が細いよぉ」 とドラムの松橋さんがニコニコ言うので、結局ちっこいエフェクターを
繋ぐ従来のスタイルに戻しました。
いずれは、ipadなんかでエフェクトを手元操作できるようにしたらいいのかもなぁ
でも、手が使えない時、つまり演奏中に音を変えるときはどうしたらいいんだ?
ぐぐっと睨んで眼力で換えるとか・・・・。

ええ、アホなこと言ってますとも。
by kyoko_fiddler | 2010-08-19 11:45 | Reviewなど


猫、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
このブログは引っ越しました
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 08月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(702)
(322)
(172)
(138)
(109)
(48)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧