<   2005年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

BSAリターンズ

BSAリターンズ_b0019333_21471191.jpg
これは、しゃがんで撮ったらもうすこし奥行きが出たのでしょうか…。

さっきから、雨が激しくなったり止んだりしています。沖縄に近づいている台風の影響らしいです。
涼しくなってきたのか、かーの食欲がすこし盛り返してきました。寝姿もなんとなく丸まっていることが増えてきました。人間は、まだしっかり暑いと感じているのに、猫はもう伸びきるのを止めたみたいです。
昨日あたりから、メールボックスにBSA関係者の伝令メールが飛び交い始めました。夏の間、彼らの殆どが本国に帰ってしまうため、活動停止となるのですが、9月の新学年(アメリカ式なので9月に新学年に進級するのですね)がもうすぐ始まるので、どうやらみな舞い戻ってきたらしい。あああああ、キャンプだなぁ、また…。

久々に猫目堂アップ。
by kyoko_fiddler | 2005-08-30 21:57 | ぶつくさ

宴の痕

宴の痕_b0019333_8281531.jpgはぁ。猫とか人を撮っている時は、被写体が助けてくれたりするけれど、こういうのを撮ってみると全然ダメダメなんだな、というのがうんざりするほどよくわかりますな。だいたいなんで紫色に撮れたんだろう?

クロス氏のライブが終わっての帰り道、急にとんでもないことを思い出した。今週末、友人のお母様が主催する、追い出しコンパ(!?)のパーティーがあって、(友人が結婚するのです)そこで何か弾くことになっているっぽいのだった。パーティーのことは勿論覚えていたけれど、自分がナンかやらないと、というのを忘れていた。何弾こう…?
いっそ、ジェイミーに教わったカードマジックをやるとか。(元ネタはクロス氏だそうだ)

そういえば、クロス氏はバンドで弾くときには通常より重い弓を使用すると言っていた。重いといっても特別に何かを仕込んであるということではないので、木材そのものの重さだろうけれど。杉籐さん(日本屈指の弓の製作者)が聞いたら目が点になるかもしれない。(杉籐さんは、超軽量かつレスポンスが鋭敏という、前衛的といってもいいほどの新型の弓を開発している。)
おそらくはクロスのボーイングには弓の重さを利用することが多分にあるのだろう。ちょっとやってみよう…。
クロスのソロパフォーマンスでもやっていた、いわゆるループバックを多用しての即興演奏は(彼だけじゃなく多くの人がやっているけれど、)どうもあれ、何度観てもわたしには不向きな気がする。自爆しそうだ…だいいち、機材が多すぎる(こういうことを言うから壷井さんに鼻白まれる)……。武藤さんのスタイルも参考にして、ちょっと自分のソロを考えよう…
by kyoko_fiddler | 2005-08-30 09:15 | ぶつくさ

ばよりん弾き、クロスに戦慄する。

ちゃんとしたライブレヴューは、こちらをごらんください。re:CC デビッド・クロス日本公演
ばよりん弾き、クロスに戦慄する。_b0019333_131726.jpg
去年のライブは殆どハプニングライブで、プライベートでの来日をたまたま海神の手配師M氏が嗅ぎつけて文字通り「手配」したものだったけれど、今回のライブ2本はあらかじめ想定されていたものだったから、装備からしてかなり違っていた。弓の上に無造作に置かれている小さなバッグが、ターミネーター2のロゴ入りバッグ。今回はバイオリンそのものも、2丁持参だったしね。携帯電話で撮ったので、判りづらいかもしれませんが、フレット埋め込みのカスタムメイド、ZETAです。同じタイプの黒を去年は使用。おそらく、2丁のうち使用しなかったもう1丁は、黒の方だったろうと思います。(…丁、と書いたけど、本かしらん。漱石の小説には『丁』で出てくるのだけど。)
ばよりん弾き、クロスに戦慄する。_b0019333_139933.jpg
足元も、こんな感じ。全てはギター用のBOSS。ZETA専用のものもあるけれど、それは使用していないらしい。わたしはZETAを使用したことがないので、よく知らないのだけれど、ZETA専用の周辺機器はあまり性能がよろしくないらしいようなことを訊いたことがあるので、そのせいかも。

2日続けて聴けたワタシは果報者です。
リハ中からもう顔が違っているな、と思っていましたが、今日のライブのクロス氏のテンションの上がり方は、昨日よりも高かったのではないかな…。千野秀一さんとのセッションも、手配師M氏のいう「おすすめ」カードは本当に「おすすめ」だったなぁーとしみじみ思ってしまいました。
千野秀一さんの演奏を聴くのは初めてだったんですが(なんとdojou7さんのお知りあい)いやー…ああいうピアノ、好きなんですよねー…。
クロス氏とのセッション、びっくりするほど息があっていて、駆け引きがとても気持ちよかったです。クロス氏はやはりセッション型の(=ハプニング型の)アーチストなのだと改めて思いました。ソロの曲も、もちろん彼の雄弁な音色が遺憾なく発揮されているので必聴なのですが。でも、クロス氏のバイオリンを聞くなら、ライブで、誰かとのセッションを、聴かなければ勿体無いと思いました。
あ、ちなみに、ソロでクロス氏はクリムゾンの曲も弾きました~。
ばよりん弾き、クロスに戦慄する。_b0019333_293025.jpg
これはおまけ。ライブ終了後の打ち上げでのクロス氏。実はこのかつら、ジェイミー君(クロス氏の息子さん。なかなかにハンサムです。ヴァイオリンも弾くし♪)がふざけて被っていたのですが、それを被って見せたところ。写りが悪いのでわかり辛いかもしれませんが、Back to The Futureのドクのカツラです。ユニヴァーサルスタジオでのお土産らしい。…親子鷹(^^;

そうそう ジェームズ君は、びっくりするほど背が伸びて、去年のまだ半ズボンが似合う少年が、もうメタルスタイルに身を包んだメタルロック小僧姿になっていて、あらー、もう口きいて貰えないかも、と思うぐらいの変貌振りだったのですが、ためしに手を振ってみたら、にっこり手を振り返してくれて、打ち上げではカードマジックを披露してくれたりしました。最近はコンピューターゲームも製作中だとか。今度一緒にバイオリン弾こうね(はぁと)残念ながら、今回は妹のリサちゃんには、会えずじまいでしたが、彼女も美少女になっていることでしょう。

特別に、ジェイミーがジャケットの写真に使われているクロス氏のソロアルバムに、(the Big picture)クロス氏とジェイミーのサインを入れて、頂いてしまいました(^^)V

…クロス氏は、進化しつづけています。
去年よりも、格段に自由度も表現力も増していました。リアルタイムでそれを肌で感じられるのは、やはりわたしは果報者なんでしょうねー…。
by kyoko_fiddler | 2005-08-29 02:24

ばよりん弾き クロスに涙する。

ばよりん弾き クロスに涙する。_b0019333_22192073.gif
1年ぶりの再会。なんとちゃんとクロス氏はわたしとわたしの紅子さんのことを覚えていて、バンドの進捗情況はどう?と挨拶もそこそこに訊かれてしまい、ぐうの音も出ないってこういうことよね、と思う。
リハ前に、雑談しながら近所のデニーズでクロス氏にCDのサイン入れをして貰う。
雑談の中身は専らバイオリンの技法のこと、クロス氏のご家族のこと、クロス氏自身の近況など。「コレ観てよ、この時計、クールでしょ?」といきなり腕時計を見せるから、何かと思ったら「ターミネーター2」のデジタル時計。「おお?ターミネーター?」と言ったら、自慢げに、ほら,ウエストバッグも」と言うので見れば腰にもターミネーター2のロゴ入りのバッグが。東京に来る前に、大阪でユニヴァーサルスタジオに寄って来たらしい。なかなかお茶目。
クロス氏、今大学で音楽教師のタマゴたちに音楽を教えているそうで、主に作曲や即興演奏についてのTipsなんかを教えているというので、わたしもプライベートレッスンしているよ、という話をしたら、具体的な教え方や見本のやりかたなんかについてしばらく話が盛り上がる。、「じゃぁ、今度日本でクリニックやってよ」と言ったら、やぶさかではなさそうなことを言っていた。 (手配師M氏に打診したら、30人受講希望者が集まれば次回来日の企画でできるよ、というお返事でした。バイオリン奏者に限らないと思いますよ、ご希望の方、いらっしゃいます?)そうやってさんざん真面目なバイオリンの話をしたあとで、ちらっとヨコメでわたしを見て、「ねー、毎日練習してる?」と急に訊くので、思わず「Nah~」とホントのことを答えてしまったら、ニヤリと笑われてしまった。「そうだよねぇ。毎日練習するためのモチベーションのキープってタイヘンだよねー。よくウチの子供たちがやってると思ってさー」と、タメ息ついていました。ははは。

リハの時には、PAの具合がしっくりこないのか、是巨人の面々との音あわせもいまいち噛みあわないところもあったりしたのだけれど、さすがに本番は違っていました。
途中、ディストーションバリバリにかかった音でのクロスのソロ、不覚にも視界が歪みました。
やっぱり、エレクトリックバイオリンでここまでの表現力を持つ奏者は他にそうそういないです。エレクトリックバイオリン聴いていて、トリハダが立つ事はたまにあっても、涙が出るなんて、初めてのことだったかもしれません。やっぱ、凄いわ。
明日は、ピアノとの共演。
愉しみ。 楽しみ。
by kyoko_fiddler | 2005-08-28 01:25

クロスがくるので

本日、今現在ワタクシは、クロスがサインする彼のニューアルバムの皮むきをしています。(外側をくるんであるセロファンを剥いているわけです。すぐにサインしやすいように。)これがけっこうメンドーな作業だったりするのですが、なんかこういう裏方作業好きなんですよね。(それでよく、ちまちまと海神手配師M氏企画のコンサートの裏方をやったりしているわけです。)
クロスと再会するのは午後、3時ぐらいかな。
by kyoko_fiddler | 2005-08-27 09:21

未確認飛行昆虫

未確認飛行昆虫_b0019333_850250.jpg

窓硝子に止まったところ。携帯電話のマクロ撮影では これが限界だす。
by kyoko_fiddler | 2005-08-26 08:50 | ∟猫その他イキモノ

この虫

この虫_b0019333_846476.jpg

実は今 電車に乗ってるんですが ワタクシのバイオリンケースに こんな虫がやってきました 見たことないムシです。 体長5㎜ほど 全身黄緑色 体型蝉そっくり…蝉!?
by kyoko_fiddler | 2005-08-26 08:46 | ∟猫その他イキモノ

Cat in the net (nest)

Cat in the net (nest)_b0019333_23372348.jpg
あ、ちょっと暗くなってしまいましたね。

台風の接近はかーにも判るらしく、今日はいちにちひたすらに寝ています。洗濯しようといつものハンモックのクッション部分を取ったら、ネットの上で丸まっていました。この方が涼しかったね、早く取ってあげればよかった、ごめん。
先ほど、意を決してかーのおやつとトイレを買ってきました。降ったり止んだりしていた雨が、本降りになってから意を決しているという愚かさは、いかがなものかと思いますが、わたしも低気圧の接近にはどうも弱いので、ついだらだらしてしまうのですね。ある程度まで近寄ってしまうと平気なんですけど。

風も出てきました。これから久しぶりの直撃なんでしょうかね。ううむ。車がキレイになるかなー♪(違うって)
3階に住まっているので、まず浸水の心配はないと思っているせいか、ちょっと余裕です。尤も、この部屋、最初に住んだ時は、ちょっと多めに雨が降ると、台所の換気扇(ガスこんろの真上にある)から、だーだーと滝のように雨が降ってくるというとんでもないことになっていたので(換気孔の庇がさかさまに取り付けてあったそうですよ…前の住民はそれで平気だったのか!?)雨が降ると憂鬱でしたが、今はそれも修理されたので、台所の局地的豪雨の心配もなくなりました。

かー、他のことはともかく、うちにきてよかったね。お外で暮らしている仲間はちゃんと雨風から避難できているだろうかねぇ…。
by kyoko_fiddler | 2005-08-25 23:37 | かーは猫である

Roots. あるいは脱線

Roots. あるいは脱線_b0019333_1240849.gif
これ、わたしの一族「河崎家」の家紋です。といっても、祖母がこれを用いていた、つまりいわゆる「女紋」なので、正式な紋はわかりません。ま、家紋なんてものは「コレ!」と勝手に決めていいものなのだそうなんで、正式もなにもないのでしょうけど。だいたい、これだって実は祖母が用いていた紋と同じかどうかはよくわかりません。父が亡くなって、お墓を作る段になって、石材屋さんから家紋図鑑みたいなのを見せられて「…これだっけ?いや、これだったような…??? ええい面倒だ、コレにしとけ!」と決めてしまった経緯があります。どのみち語り継がれる可能性は限りなく低いですし。

猫目堂の資料漁りをしているうちに、脱線して「河崎」姓のルーツを調べてみたくなりました。といっても、除籍謄本までとって調べることはしていません。ネットで調べただけですが、
・後漢の霊帝の末裔が日本に帰化してきた「調」氏の一族 (九州地方)
・伊勢神宮の禰宜の一族 (禰宜として近畿地方一帯に散った?)
・平家筋の秩父氏の一族 (もとは若狭あたりから関東に来た? 或いは茨城から?)
というのがヒット。
その他に、意外にも河崎という地名が各地にあるから、(「川崎」しか知らなかった)そういう地で地名になってるか、地名から貰って氏としたか、そんなのまで調べたらもうわけがわからない。
祖母はもと関西方面の出だという話なので、禰宜の一族だったかもしれないけど。
でも「調」氏の分家筋の「河崎」氏は、秀吉の九州征伐に反抗して手伝わなかったから、殿様だったのに領地を取り上げられて、鍋島家の家臣になったらしい。鍋島家ですぞ。わたしのご先祖さまが鍋島家の、もしかしたら鍋島家の猫係だったかもしれないと思うのは、ちょっと楽しい。
結局のところ、私の名前のルーツはどれだかわかりません。(あっさり諦めすぎ?)
いずれにせよ、「結果」として、わたしがいるわけなんだなぁと思うとちょっと不思議ですが。

外は時折大雨、猫魔見習のかーはまたカブトムシのさなぎみたいな格好で寝ています。今夜半、こちらに台風が来るそうです。…しまった…かーのトイレとおやつが切れている…
by kyoko_fiddler | 2005-08-25 13:28 | ぶつくさ

やっちゃった

やっちゃった_b0019333_10185277.jpg

朝から包丁で左手薬指切りました
傷はどってことないけど、問題は何故かどらえもんのバンソウコウしかなかったこと。 買った覚えないんだけどなー これ。
しかも 今日はこれから りのちゃん(4歳)なりちゃん(4歳)のレッスンが…
ううむ またばかにされちゃうぞ…
しかしレッスン前にリハが入っているから ふつーのバンソウコウ買いにいくひまがないー
by kyoko_fiddler | 2005-08-23 10:18 | ぶつくさ


猫、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
このブログは引っ越しました
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 08月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(702)
(322)
(172)
(138)
(109)
(48)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧