<   2005年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

遥か寿府より

クララからのeメール。ジュネーブはもう氷点下の日々が続いているらしい。

クララは最近、合気道を始め、2回目にして受身を失敗し、腰をしたたか打ってしまった結果、5日間動けなかったそうだ。レントゲン写真によると、脊椎に損傷はなかったものの、医者は筋肉損傷と診断し、フィジオセラピ-に通うよう命じた。フィジオセラピーに通い始めて5日目、今までの癒し系のセラピストに代わって、地元で柔道のチャンピオンになったことがあるという男が担当した。『その猪のような男は、いきなり診療台の上に腹這いに横たわれと私に命じるのだけど、そんなことできるわけがない。「できない」と言ったら、彼は診療台の上に自ら座って私を前に立たせて後ろから私を羽交い締めにした。自分がクッション代わりになって、患者を診療台にゆっくりと寝かせてくれるのかなと思いきや、いきなりグキッと整体まがいのことをやられて、私はギャ-と叫んだ。その後、私の悲鳴には一切耳を貸さず、プロレスの技を身体の至る場所にかけられた。地獄だった。しかし、その後、何とか動けるようになったのは事実。どうやら、落下の衝撃で腰の骨がズレてたらしい。』
全治約1ヶ月。当分、腰に負荷がかかる居合はお休み。医者に内緒で杖は再開したという。大丈夫かいな。毎朝、ホカロン(日本人の同僚からもらった)貼って外出しているという。

なーにやってんだか。
それにしても、フィジオセラピーって初めて聞くなぁ。まさか本当にプロレスの技をかけられたわけでもないだろうけれど、カイロプラクティックのようなものだろうか。
by kyoko_fiddler | 2005-11-29 14:21 | ぶつくさ

我輩の辞書に妥協はない。

我輩の辞書に妥協はない。_b0019333_21505861.jpg
『君、諦めておやつを出し給えよ。』
by kyoko_fiddler | 2005-11-28 21:53 | かーは猫である

ばいよりんひきのわがまま

ばいよりんひきのわがまま_b0019333_17292087.jpg
紅子さん入院中、ピンチヒッターとしてやってきたソリッド君(仮名)。

紅子さん「大改造手術」中、代わりに、とこの楽器を原田さんが貸してくださっている。
「重いから悪いんですけどー 」とか言って貸してくださったのだけれど、確かに胴がついている分、紅子さんに比べると持った時にはずっしり重い。でもバランスがよいので構えてしまうと気にならないばかりか、胴があるせいなのか、ピックアップの種類によるものなのか判らないけれど、びっくりするほど太くていい音がする。最初に紅子さんに電気を通した時も、そのしっかりした良い音にびっくりしたけど、それと同じぐらいのビックリ。よい楽器です。

鹿児島へ「里帰り」した紅子さん、どうやら大手術は終わったらしいのだけれど(うーん、「大」というからにはどれだけ変わってしまったのだろう)塗装に入るときいて、またわたしは原田さんを悩ませてしまった。「紅子」だから、当初は最初のままのシルバーガンメタルの上に深紅を乗せる「紅子色」になるものだと思っていたし、原田さんもそのおつもりだったのだと思うけれど、急に気が変わって「色、変えちゃっていいですよ~」とやってしまったのだ。
最初に紅子の製作をお願いしたときも、デザインについては殆どお任せだったし、もしかしたら色もお任せだったかもしれない。原田さんとしては、せっかく1から作るオーダーメイドなのだから、デザインだって、思うようにしてくれたらいいのに、という思いがあったのだろうと思うし、自分でもいくつかデザインしてみたりはしたのだけれど、それを弾いている自分がイメージできなかったので、「お任せ」にすることにしたのだった。
原田さんは「創る人」、わたしは「それを使う人」だな、と思って。
今回も、「想定外」の「大手術」となったのだから、全部「想定外」にしたくなったのだ。
……我ながら、「やな客」だな~……。
勿論、今までのままの色でもいい。変えてしまってもいい。それも「任せます」。

任されたほうが たまったもんじゃない。すみません。
by kyoko_fiddler | 2005-11-26 17:47

アメイジング・グレイスの怪

アメイジング・グレイスの怪_b0019333_18163387.jpg
【福ちゃん書斎でお仕事中の巻】
…いたずらを制止されると、「くそー」と言いながらこのハコの中で作戦を練るのだそうです。

昨晩のコンサート、いらしてくださった方々ありがとうございました。

記憶にボロっちかった浜田山会館は、驚くほど綺麗に建て替えられ、(すでにかなり時間が経過しているようでありましたが)昔日の面影はありませんでした。…あたりまえか。

今回のコンサート、自分としてのデキは60点ぐらいでした。途中、ビオラとの共演2曲目にして左手の指捻挫(?)しちゃったし。久しぶりに生楽器でマイクなし、ホールでの演奏だし、ホールは驚くほどデッドだし、こりゃいかん、とビブラートを深くかけようとしたら、指がぐにゅん、と折れてしまいました。お恥ずかしい。3曲目の冒頭で、妙なミストーンに気付いた方、アレがその時の音でございます。ほほほほ。大したことはないので、もう今日は普通に弾いています。ちと痛いけど。
共演者の方々は皆さんバリバリの現役学生だったりバリバリのクラシック奏者だったり、みなさんバリバリなんで、日頃ぐーたらばよりん弾きなワタシは、ああいう場に放りこまれると、自分の日常を一瞬だけ激しく反省します………。

ところで、2曲目にアメイジング・グレイスを弾いたのですが、弾いている最中にステージの上で、妙な感覚に襲われて、思わず「ん?」と上を向いてしまったのですよ。なんというか、上の方に「気配」を感じたというか。それは一瞬だったのですが、(我ながら板の上で演奏中に、なんちゅうコトだ)全部の演奏が終わって楽屋に戻ったら、そこにいた皆さんが アメイジング・グレイスの演奏中にタイヘンなことが起きたんだよ、と言うのです。
誰も電気のスイッチのところに近寄ってさえいなかったというのに、急に楽屋の明かりが消えたのですと。スイッチが切れたのだそうです。
うひー。

実は、今回の演奏曲は全て主催者のYukoさんからのリクエストだったのですが、何故だかこの曲、どうも弾こうとすると気が散って仕方がないので、少し苦手でした。練習しようとしても、集中力を欠いてしまうのですよ。実際、本番前に1度だけ合わせたのですが、その時も、思い切り気を逸らされてしまって自分の演奏個所が判らなくなってしまい、あとのおふたりに「ごめんなさい」なんてやってました。
うーむ…なんだろう。わたしが弾いてはいけなかったのかな…?
でも、来てくださった方約1名によれば、一番よかった(わたしが弾いた中では)そうでしたが。

こーいうこと書いてるとまた「オカルトバイオリニスト」になってしまう~。
by kyoko_fiddler | 2005-11-24 18:23

猫バトン

猫バトン_b0019333_20295686.jpg

うにちゃんから猫バトン

Q1:何匹の猫ちゃんを飼ってますか?
1頭です。

Q2:猫ちゃんの愛称と年齢・性別・種類・カラー・同居期間は?
かー 3歳 男の子、mix、茶トラ&白、4年4ヶ月

Q3:命名の理由は?
初めて会った時に「かー!」と威嚇されてしまったから

Q4:好きな仕草は?
黙って寄ってきて、ぐいぐい頭をおしつけてくる時 
気に入らないことがあると、「きにいらねーなー」と尻尾で意思表示してる時

Q5:猫ちゃんの得意技&アピールをお願いします
得意技はライダーキック アピールするときのバリエーションが多すぎて挙げられない

Q6:あなたにとって猫とは?
…なんだろう…
ある意味天災であり、天恵であり…

Q7:心に残る猫ちゃんとのエピソードを1つ
年の瀬に テレビから流れる第9に合わせて歌ったら、かーが駆け寄ってきて前脚でわたしの
口を塞いだ。…ショックでした。

Q8:バトンを渡す相手は?
我こそはと思う皆様、お持ち帰りください。


かーが膝の上で眠ってしまったのでばよりんを弾けません。はよ起きてくれー(‥;
と、思いつつ、これを書いているのでした。
by kyoko_fiddler | 2005-11-22 20:18 | かーは猫である

猫の呪い(まじない)

今日も今日とて終日外出しなければならなくて、 それでも可能な限り早く戻ったら、部屋の中じゅうの扉という扉、引き出しという引き出しが開いていた。床にはわたしの衣服やバッグが散乱している。
これはかーの呪術の痕だ。

普段から「いけない」と制止される「いたずら」の限りを尽くしてあるわけ。
これは、わたしが在宅していても、彼の「苦しゅうない、遊べ」の要求に全く反応しないと起こる現象で、つまりは「いけない」ことをすれば自分に注意が向く、とか思っているのだろうと推察される。それの発展形として、「いけない」ことしたら、キョーコが(怒りに)帰ってくると考えるのではないだろうかと、猫バカは勝手に都合よく解釈している。
今朝、どうしたわけかかーは朝一度「ごはんの時間だぞ」とわたしを起したあと、そそくさとわたしの布団に潜り込んで眠りこけてしまい、わたしが出かける用意をしていても、かーの朝ゴハンの用意をしていても布団から出てこなくて(爆睡してしまていたらしい)仕方がないから 朝ご飯一式を置いて声だけかけて出掛けたのだ。
かーにしてみれば、目覚めたら家来はいないし、ごはんはおいてあるけどおかわりできない。
食後のひと暴れもできない、ブラッシングもない。どういうことなんだっ(怒!)
という状況だったのだろうと思う。帰宅時に玄関でわたしを見上げたかーの額にははっきりとタテジワが寄っていた。

で、今、パソコンにむかっているワタシに抗議して、ふとももの上に四肢をふんばって立っているので、実はホントのブラインドタッチで打っているのですね この文章。

ねぇ、かー…あのね、これからちょっとばいよりん弾きたいんだけどー…。
by kyoko_fiddler | 2005-11-22 19:09 | かーは猫である

じっと手を見る

夜ともなれば、懐中電灯も要らないほどの月明かりの中、鵺が鳴き交わし、狸が横切る米軍基地から戻ってきて、「擬似保母さん」からばいよりんひきにスイッチを切り替えて、自分の手を見て、驚いた。
指先が、ボロボロに荒れている。

どして???

特に土をいじったわけでもないのに、指先の皮がほんとーにボロボロになっている。
…って、ことは?
鏡を見ると、顔もボロボロになっている。
ひええええ
たかが3日間野外にいただけで、こんなに皮膚が荒れるなんて~~~
そんなにワタシはヤワだったのかーーーー?

と 思ったけど、考えてみれば3日間、普段にも増してお手入れなんてしてなかったのだった。
顔はともかく手だけはぬかりなく いつもよりお手入れを入念にすべきだった。
デカケルトキハ ワスレズニ だな。(古っ!)
by kyoko_fiddler | 2005-11-22 00:25 | ぶつくさ

あさってのコンサートのこと。

ARMONIA MUSICA
第1回コンサート

2005年11月23日(水) 18:15開演(開場18:00)
浜田山会館ホール 東京都杉並区浜田山1-36-3
全席自由 ¥1,500
お問い合わせ: このブログにコメントしてください


追記です。直前になってしまって申し訳ありません。
「いってみよっかな」とご連絡くださった皆様、申し訳ありません。皆さんのお名前伺っておいて、チケット受付置きにしようと思ったのですが、チケットに関しては、全て当日売りということで、招待枠もないので、ほんとに「気が向いたら」来てみて下さい。
個人的には、このホール(ちっちゃいホールなんですけどね)にまた立つっていうのが非常に感慨深いです。子供の頃、いつも発表会はここでした。ひざっこぞうにバンドエイド貼って、ばいよりん弾いている写真が多分実家にあるはずです。ははは。
by kyoko_fiddler | 2005-11-21 20:46 | ライブのお知らせ

キャンプにて

キャンプにて_b0019333_18374566.jpg

只今 暴猫の相手でパソコンを立ち上げられないので とりあえず携帯から一枚アップ。
by kyoko_fiddler | 2005-11-20 18:37 | ∟猫その他イキモノ

お手伝い。

お手伝い。_b0019333_1301754.jpg

明日の夜から日曜日までBSAのキャンプで CAMP TAMA(旧日本陸軍多摩弾薬庫)に行きます。さすがに 基地内に かーは連れてけません。靴紐をかけるのを忘れてたので がさごそ準備してたら かーが いそいそと邪魔しに来ました。
しかし わたしはほんとは こんなことしてる場合じゃないんだけどなー
本番直前なんだからばいよりん 弾いていたいんだけど…
by kyoko_fiddler | 2005-11-18 01:30 | かーは猫である


猫、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
このブログは引っ越しました
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 08月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(702)
(322)
(172)
(138)
(109)
(48)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧