<   2007年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

昔の話。

b0019333_19201416.jpg
『うーん 極楽。』

久々に なりちゃんのお話を。
倦まずに というか 気がついたら足掛け2年近く トト〇のテーマをおけいこしているなりちゃん、最近お家でもたまに練習するとかで 加速度的上達を見せております。私としては 最初に用意したキラキラ星を嫌ってのこととはいえ、いくら本人の希望でもいきなり難易度の高い曲を練習しはじめたというのに、飽きず 投げ出すこともなく、弾き続けてくれたのが驚きなんですが もうちょっとで曲が仕上がるので、ついつい欲を出したワタクシ、トト○ができたら、キラキラ★の続きのコースへ戻ろうと思い、なりちゃんに水を向けてみると、なんとなりちゃん キラキラ★をやったことを全く覚えていないという。
この年齢のお子たちって、案外近い過去のことを覚えていないようで、なりちゃんだけじゃなく、他のお子さん達も1年前、2年前の記憶ってびっくりするぐらい忘却してることが多いです。恐らく、インプットの情報量が多すぎて、記憶のクラスタが散らかっていて、デフラグかける暇なんかないんでしょうねきっと。
それで、ちょっと誇張も混ぜて「えー? 覚えていないの? あんなに上手に弾けていたのに?」
と言ってみると、(じゃぁやってみよっかなぁ なんて言ってくれることをあざとく期待したわけです)なりちゃん、決然と

「そんな、10年前のことなんか 覚えてないっ!」

…なりちゃん 10年前って、まだ生まれてないんじゃ…?
by kyoko_fiddler | 2007-02-28 19:20 | なんちゃって先生

オ・ト・ナの事情にて

b0019333_0121220.jpg


今回は、こまごま書きません。
いいライブって、あとから 時間が経って
「ん~ 美味しかった♪」と思い返せるライブなんだなー と、
思ったことでありました。

次も 楽しみ KBB。 (^^)
by kyoko_fiddler | 2007-02-28 00:17 | Reviewなど

それでも腹筋は割れない。

b0019333_12375514.jpg
絶不調で、2日ばかりほぼ完全にネット落ちしておりました。寝込んでいたわけじゃなくて、最低限の外出はしておりましたが、それ以外の余力がゼロでしたー。
でもまぁ、漸く回復傾向のようです。
咳き込みだした日をちゃんと記録していたわけではないのですが、どうにも咳が酷くなって医者に最初に行った日から数えてなんだかんだ、もう1ヶ月以上経っているではないか、ということに気付き、自省しております。こりゃ、医者のせいではなく、自分の医者へのかかりかたがマズかったに他なりませんな。まだ体力あったからいいようなものの、コレで体力なかったら、耐性菌の培地となって寝込んでたかもしれません、マジで。
いや まだ油断は禁物ですが。

あれだけ、それこそロッコツがおかしくなるほど咳き込んで腹筋に負荷がかかっていたはずなのに、腹筋が鍛えられて割れてくるというようなこともなく、ちょっとがっかり。それぐらいの余禄があってもいいのになー。
by kyoko_fiddler | 2007-02-27 12:56 | ぶつくさ

すきー

b0019333_1705841.jpg

ほっとかーぺっと まい らぶ byかー

多分 この世で一番好きなのは ヒトではなく 暖かいホットカーペットなんだろうな 君は。
ち。
by kyoko_fiddler | 2007-02-25 17:00

豆蔵さんに捧ぐ

b0019333_21203424.jpg

思わず買ってしまいました。
讃岐の豆蔵さんに捧げます。
味は未確認。これから戴きますー。


**********
甘いお豆腐ですな。これはなめらかプレーンですが、まったり黒ごまっていうのもあり、これはまさにごま豆腐でした。まぁまぁ美味しいかな。
by kyoko_fiddler | 2007-02-24 21:20

大王はコメントします。

b0019333_12133288.jpg
『…なんだよそれは…』 『自動翻訳だよ』 …大王とはキミのことだな、かー。

Great comments. を自動翻訳にかけたら、こんなんでました。
…なんのこっちゃ。
自動翻訳にかけると、フランク氏がことごとくフランクフルトソーセージ と翻訳されてしまうのをいつも笑っていたが、(BSAの隊長はフランクという)この迷訳には恐れ入ってしまいました。
いーこと言うじゃん、までこなれてなくても、いい意見ですね ぐらいな日本語になるのだろうと思っていたら。(Greatって、大王って意味があるんですか。で、念のため大王 と入れて自動翻訳かけたら、Big kingとでました。そんな英語あるんかな?)

実は、私の従兄弟がグリーンアイの(嫉妬の目じゃなくって、本当に緑色の瞳なのです)奥さんと共に、フロリダに居住しているのだけれど、この奥さんが乗馬の先生をしており、今般、日本ではじわじわと乗馬人口が増えているという情報を仕入れたので、(そうなんですか 知らなかった)日本からの1週間乗馬体験ツアーを企画してみようと思い立ったとかで、日本向けのウエブサイトやパンフレットを作成中なのだという。見てみるとお馬さんの背に乗って、カリフォルニアの海岸をぽくぽく歩いたり、現地に住み暮らす人々が愛飲するちいさなワイナリーを尋ねたり、驢馬に乗って(馬じゃ回れないそうです)ヨセミテ公園を見学したりという、なかなか魅力的なツアーになりそうな感じ。
先日、そのプロジェクトの立ち上げのために、従兄弟が仕事で来日(じゃなくて帰国か)するのに併せて奥さんも来日し、従兄弟夫妻とかれこれ20年ぶりぐらいに逢ったのですが、その時素案をみせてくれて、意見を求められていたので、2・3のコメントをし、原文の日本語を多少修正した文面案のメールを送っておりました。それに対しての彼女からの返事のメールの冒頭にあったのが、「大王はコメントします」だったわけ。 (メールを全文自動翻訳にかけないで、それぐらい自力で読めと言われそうだけど)義理の従姉妹が大王になってしまった ひええ。先日の来日はアンゴルモアが空から降って来たってこと?(御霊合戦から抜けきれていない)

それにしても、フロリダに住んでるってのは知っていたけど、従兄弟ったら、自宅に馬が5頭もいるんだそうです。 すごいなー いいなー…。

そうだ、ツアーに興味おありの方は ご一報ください。年3回、1回7名限定でスクール受け入れだそうです。義理の従姉妹は日本語普通に話せますので通訳不要です。
by kyoko_fiddler | 2007-02-23 12:13 | ぶつくさ

毎日が殿下の日

b0019333_12443892.jpg
『毎日かーの日!』 『…確かに。』

今日は猫の日だそうで。「今日はなんの日」と検索してみたらば、

1467年(応仁元年1月18日) - 上御霊神社周辺で御霊合戦が起こり、応仁の乱が始まる。
1585年 - 天正遣欧少年使節がローマ教皇グレゴリウス13世に公式謁見。
1819年 - アメリカがスペインより500万ドルでフロリダを購入。
1886年 - イギリスの「ザ・タイムズ」紙に初めて尋ね人欄が登場(尋ね人欄の最初)
1905年 - 竹島が島根県に編入される
1971年 - 成田空港建設予定地で第1回強制代執行開始。反対同盟と機動隊が衝突
1999年 - NTTドコモがiモードのサービスを開始

だそうで。個人的にほお、と思ったものだけ書き出しました。
正月だろうが、バレンタインだろうが、猫の日だろうが、誕生日だろうが、委細かまわぬ閣下のお姿。…そんな、鼻にシワ寄せて、足の裏、まずいの?
by kyoko_fiddler | 2007-02-22 12:45 | かーは猫である

医薬分業

b0019333_23145716.jpg

コルセットを巻いてみたら、びっくりするほど楽になりました。一度巻くと、外すと胴体が「あわわわわ」という感じでうろたえるような気がして可笑しいです。
それにしても、今回って、なんだか医者に行かなかった方がよかったのかなぁ…?
過去、咳が出ていたのを放置していたら4ヶ月止まらず、しまいに気管が傷ついてしまったことがあったし、今はお子たちと接することも多いので、うつしちゃいかんし 喋らないと仕事になんないところもあるので、酷くなった時点で観念して医者に行ったのだけれど。
ま、もう今考えても仕方ないっすね。

最近は医薬分業とかで、お医者さんに行った後、薬局へ薬を貰いにいくというのが多いけれど、(これって、具合の悪い患者にとっては体力的に負担だと思うんですけど。しかも薬だって薬局で貰う方が高くつくしー。)薬を貰う際、戸惑うことが多い。
「これは○○のお薬で、」って説明してもらうのは助かるのだけれど、薬に対してのアレルギーはないか、とか、既往症はないか、家族にこういう病気の人はいないか、とか「…さっきお医者さんにも訊かれて答えたんだけど」という内容を「問診」されることが多い。薬による事故を防ぐための二重チェックなのだろうと理解していたけれど、昨日の薬剤師さんは、処方箋を渡したら、開口一番「はい、今日はどうされました~?」と言った。
薬を医院とは別の場所に買いに行くだけでも大義なのに、なーんでそこで最初からあーたに説明しなきゃなんないの。喋ると咳が出て苦しいし、痛いんだよ。アンタは医者か!
と一瞬言おうかと思ったけど、そんな元気もなかったので、「咳が…」とおとなしく言いかけたら、ほんとに咳き込んでしまった。 うもー。
by kyoko_fiddler | 2007-02-21 23:36 | ぶつくさ

暁の霍乱

b0019333_14153833.jpg

仕方がない、明日医者行くべ、と決めた昨晩のこと。
とうに日付は変わって、もうそろそろ明け方に近い時刻。
私の脚の間に嵌って、ぬくぬくと眠っていたかー閣下が、もぞもぞっと布団を抜け出し、布団の脇でいきなりえづきだした。
すぐに気付いて飛び起きると、吐いたものの後始末をしたのだけれど、いつもならそれでおさまるのに、かーがまた別の場所へよたよたと移動していって、苦しそうにえっくえっくやっている。
どれだけえづいても、もう胃の中には何もなく、 胃液を泡のように吐き出すばかり。 何度も何度もあちこちへよたよたと移動してはそれを繰り返し、あまりにも苦しそうなので、どうにかしてやりたいのだけれど、かーの後をついてまわり、背をさすることしかできない。どうしてもこみ上げるらしく、舌まで吐き出しそうな勢いなので、見ているこっちが切なくなる。5~6回、胃液の泡を吐いたあと、今度はトイレへ行き、ゆるめの○○○。
それで漸く落ち着いたらしく、あー参った、という顔で、私の顔をちっと観たあと、のそのそとチーズくん(カドラーです。写真は別の日に篭っていた時のもの)に入ってしまった。
かーさん、水分とった方が… と思ったが、そのままそっとしておくことにして、再度布団へ戻り、なんとなく不安なままで気配を探っていると、しらじらとしてきた頃に、閣下わたしの枕元へ来て、「寒い、入れてたも」。
朝、ぬるま湯とウエットフード少な目を普通に食べ、以後 しばらくしたらおやつを所望するし、普段と変わらないのだけれど、ナンだったのだろう。なんか、ヘンなものでも口に入ったのだろうか。
実は、自分の咳より、肋骨より、こっちのほうが心配。
by kyoko_fiddler | 2007-02-20 14:33 | かーは猫である

緋牡丹博徒

b0019333_1330581.jpg

昨日の午前中、実は焦りまくってました。
相変わらず 沈静化しているような気はするんだけど、咳は続いていて、げほごほやっていたら、 突然みしみしみしっ と右脇の下あたり、つまりいわゆるバストの脇っちょですな、に軋むような、スパークするような激痛が。
痛い。痛いが咳は出る。脇をかばいつつ、咳をしては「いでででで…」と唸る。カッコ悪いったらない。ふと不安になって、ポーズしてみると、楽器のホールドがキツいぐらいに痛むことがわかった。咳しちゃった筋肉痛だろうけれど、このまま悪化して楽器が持てなくなってはシャレにならない。だめだこりゃ。別の医者に行ってみるべ。

てなわけで、別の医者へ。
そのお医者さんも、木べらで咽喉を覗き、聴診器を当て、「のども肺もなんともないですね」といい、おとといまで飲んでいた薬を見せると「あら、これで止まらなかったのぉ…。」 
処方されていたのは結構強めの鎮咳薬だそうで、(?)今度は咳止めよりも、炎症を抑えることに重点を置いた処方にしてみましょう、ということになった。
のども肺もなんともない、というのに、炎症とはこれいかに? と尋ねたところ、気管が炎症を起こしているのでしょうね、とのことだった。そして、脇の痛みはひょっとすると肋骨にヒビが入っている可能性があるので、固定してください、と言われる。
「固定って、あの、どうすれば…?」
「そうね…、さらしを巻くとか」
へっ!? それって、「どちらさまもよろしゅうござんすね、…丁半揃いました!」の世界ではないか。
緋牡丹お龍なら仇な姐さんでカッコイイかもしれないが、…。

また、抗生物質を処方されてしまった。
こんなに長いこと抗生物質飲んでたら、体内で耐性病原菌培養しちゃいそうで怖いんだけど、
大丈夫なのかねぇ。どっちのお医者さんも「ヒトに感染するもんではないよ」と言ってくれているけれど、…?

複数の人から、血液検査してないの?ときかれたけれど、前のお医者さんでも、今日行ったお医者さんでも血液検査もレントゲンもしてません。多分聴診器当てた段階で、どちらも必要ないと判断されているのでしょう。
もうなんでもいいから止まってくれい。
by kyoko_fiddler | 2007-02-20 14:03 | ぶつくさ


猫、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
このブログは引っ越しました
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(699)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧