<   2007年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

背が伸びた?

b0019333_2343592.jpg
『かーさん、私背が伸びたんだよ』 『あっそ』

健康診断を受けてきた。実は一度心電図をとったほうがよいかもしれない、と思い始めたところへ、区が無料でやってくれるというので、渡りに船で受けることにした。
苦しいとか、キモチが悪いとか、そういう症状はないのだけれど、時々心の臓が(多分ね、心臓だと思うんですけど)転んだような違和感を感じて「あれれ?」と思うので、しかも最近その感覚が頻々と起きるようになったので、両親ともにあまり心臓が頑健ではなかったようだし、かつて健康診断の度に 聴診器当てた医師が「動悸、息切れはありませんか?」と小首を傾げていたし、もしやガタが来始めているのでは と思ったのだ。
結果、心電図はきれいなもので、異常なし、心音の雑音もなし、とのことで一安心。
心臓の違和感について「実はー」と医者に話したら、事も無げにその医者は
「あー、心臓がアクビしてんだよ」
「は?」
「心臓が時々アクビすんの。」
「アクビ?」
「うん、結滞を起こしてるんだよ」
…それって、異常なんじゃ…?
「自覚があるんだったら大丈夫 それが常態じゃないってことだからね」
はぁ そういうものですか?
ま、大丈夫なんだったら、それでいいんだけど。

ちなみに、このお医者さん、言うことはいまいち不安なんですが、採血は今までで一番上手でした。私は毎度採血のたびに巨大な内出血痕になってしまい憂鬱だったのですが、今回は殆ど痕にならなかったので、ちょっと感動。
血液検査の結果はまだだけど、「血圧低いね」と言われたぐらいで特にひっかかるようなことはなかったようです。
…なんちて、コレが大誤診だったりしてー(^^;
ま、そういう可能性もないとはいえませんが、まずは「大丈夫」ということで。

で、身長体重測ったのですが、今まで157.8前後だった身長が「159.1」と計測され、びっくり。
1センチ強伸びておりました。
「わ、伸びた!」と言ったら
「あそう、よかったねー うほほほほ まぁそんなのは姿勢だよ、姿勢」

…さいですか。 …そりゃそうでしょうね。
by kyoko_fiddler | 2007-03-30 00:31 | ぶつくさ

ヘンなもの食わすな!

b0019333_16442295.jpg


いつも猫砂やおやつを買うネットショップからのお知らせで知った。
3月18日付けの時事通信社のニュースより抜粋

カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社は17日、同社が北米で 販売した犬と猫向けのペットフードの大規模回収・無償交換を開始し た。同社商品を食べて少なくともペット10匹が死んだため、ペットフードの安全性に対する懸念が強まり、飼い主に混乱も広がっている。
リコール対象製品には全て新しい供給元から購入した小麦グルテンが使 用されており、約60 million(6000万個)の犬用・猫用の 缶詰が大量リコールされる。 2006年12月3日から2007年3月6日の期間内に製造されたペットフードが対象。

メニュー・フーズ社が扱っているブランドは下記の通り。
Americas Choice, Preferred Pets
Authority
Award
Best Choice
Big Bet
Big Red
Bloom
Wegmans Bruiser
Cadillac
Companion
Demoulas Market Basket
Eukanuba
Food Lion
Giant Companion
Great Choice
Hannaford
Hill Country Fare
Hy-Vee
Iams
Laura Lynn
Loving Meals
Meijers Main Choice
Mighty Dog Pouch
Mixables
Nutriplan
Nutro Max
Nutro Natural Choice
Nutro Ultra
Nutro
Ol'Roy Canada
Ol'Roy US
Paws
Pet Essentials
Pet Pride - Good n Meaty
Presidents Choice
Price Chopper
Priority
Publix
Roche Bros
Save-A-Lot
Schnucks
Shep Dog
Springsfield Prize
Sprout
Stater Bros
Weis Total Pet
Western Family
White Rose
Winn Dixie
Your Pet

日本ヒルズ・コルゲート株式会社
プレミアムフードと銘打っているものの大半じゃないか…
ヒルズだけじゃない 日本で売られているブランドも多い。色つけてみたのは日本でもよく見るブランドだ。日本で売られているものは大丈夫だ、と各社言っているようだけれど、こういうことがあると とても不安になる。
使用原料の中国産小麦粉に殺鼠剤が混入していた というのが今流れている情報らしい。
今回ウエットフードが対象だそうだ。

それにしても、これらが全部同一の工場で生産されているというのも 初めて知った。
うーむ
幸い 閣下のお食事はこの中に含まれていなかったけれど…。「今回は」ってことかもしれない。
一瞬、生きた心地がしなかったぜい。
by kyoko_fiddler | 2007-03-29 12:31 | ∟猫その他イキモノ

クララ発ち桜咲き

b0019333_17175556.jpg

帰国中 盗難にも遭わず 大怪我もせず さしたる災厄に見舞われることなく無事にクララは離日した。今頃ジュネーブに着いているころだ。
彼女が今回平穏無事な「里帰り」を過ごしたのでほっと安心したけれど、あまりにも無事だったから 実際、飛行機事故にでもあわなければいいが、と余計な心配をしてしまった。あとは「無事についたよー」というメールが来れば、一安心なんだけど。
彼女が最後まで残念がっていた桜が咲き始めた。
今夜、彼女の同僚のフランス人が入れ違いで東京にやってくる。語学研修だそうだけど、アテンドを1日頼まれた。わたしはフランス語なんか知らないっつの と言ったら、「英語喋れるから大丈夫だよ」というので、「日本語は?」と聞いたら、
「5年間勉強しているらしいけど、喋るの聞いたことがない」
「…。」

大丈夫か、私?
by kyoko_fiddler | 2007-03-28 17:17 | ぶつくさ

福ちゃん近況

b0019333_1627062.jpg
肘掛、バリバリ。これは、怒れませんな。

福ちゃんももうすぐ推定2歳。すくすくと ふくふくと お育ちです(^^)

b0019333_16352385.jpg
最近、お気に入りのポーズだそうで、…ウデが楽なのかしらん?
by kyoko_fiddler | 2007-03-26 16:30 | ∟強運の猫たち

弘法は筆を

b0019333_11191765.jpg
『ま きょーこは大師じゃないからな 仕方あるまいよ』 『やかましいわい』

リハ中録音した自分の演奏を聴いていて、びっくりした。
前回のリハでの演奏が えらくモタついていて、全てにタイミングがずれている。
いくらワタシの鼻が詰まっていようと、未だに時たま咳き込んでロッコツがみしみし軋もうと、だからといって、それでこんなにタイミングがずれてボケボケの演奏になるという道理はない。
なんだこれ? シールドのせい? コンソールのせい?モニターのせい?
それとも、ワタシがヘタクソなだけ?
曲の構成チェックなんかそっちのけ、そこばかりが気にかかる。
すると、曲半ばからだんだんそのズレが修正されてきているのに気づいた。どうやら自分で奏法を微調整しているらしい。

それで、わかった。

忘れていたけど 先日のリハは予定が詰まっていて慌てて楽器を持ち替えてスタジオに向かわねばならず、その際いつも愛用している弓をうっかり別のケースに積み残してしまったので、普段は使わない「お守り」の弓を使用したのだった。
お守りの弓は、とても大切な弓ではあるけれど、実用にしていないのは大切だからではなく、弓としてはあまり(私にとって)使い勝手のよい弓ではないからで、普段使っている弓との感覚の違いが甚だしく、「ええい、やっぱり使いにくいわい」と思いながら弾いていたのだ。お粗末な演奏からだんだん「修正」されていっていたのは、なんとか自分の身体を弓の特性に合わせていったからだ。
修正されたといっても、やっぱり「なんだかなぁ、このタッチは…」というものではあるし、音色の修正まではできていないけれども。

それにしても、ハタから聴いても こんなに違うものなのか、とびっくり。
実際バイオリン本体だって、楽器が変われば微妙にいろいろな箇所の形状が違うから、しばらく弾いて身体が馴染まないと音程が当ってくれなかったりするのだけれど、それ以上に今更ながら「弓って、…弓って、…。」
考えてみれば当然ではあります。
重さから 撓り具合から 重心から、重さの分布バランスから 全部違うから、
弦に載せる間合いから速度から圧から(圧というより、重さを載せる方向、ですかね)全部違ってくるわけです。
[こう書くと、すごく緻密な作業をしているようですが、文字にするとこうなるけど、実際にはかなり(私の場合は)感覚的な作業なので、緻密な計算のようなものはしておりません 爆]
うーん。私はやっぱり「筆」は選ばないとなぁ。

…ホントに弘法大師は筆を選ばないで毎回達筆だったのか? とチョッと疑う深夜のばいよりん弾きでございました。

 
by kyoko_fiddler | 2007-03-24 11:19

お江戸弥次喜多半日記

b0019333_1425734.jpg

写真は有楽町ガード下。「にごり」を前に、張り切っているクララ。

ここ数日の寒さも去ったとはいうものの、桜は愛でようにもほころびが足らないし、歌舞伎の一幕見でもしようか、と銀座で待ち合わせることに。
鳩居堂で虫除けの香「たまむし」を探したいと言うので鳩居堂で待ち合わせ。
ところが、出かける直前に「注文しておいた舞扇が入荷したので浅草に取りに行きたいから、集合浅草じゃ、だめ?」と連絡が入り、そんならレトロに神谷バーでおひるごはんにしようか、と場所を変更。
だいたい、銀座だってよく判らないけれど、浅草なんてもっと判らない。雷門で待ち合わせと言われたって、まぁ浅草に着けば判るだろ、ぐらいな見当で地下鉄に揺られていたら、もう次の駅が浅草、という辺りで「至急」というメールが。
財布忘れたから取りに戻る パスモだったんで途中まで気付かなかった。浅草までだと貴方を待たせてしまいそうだ 銀座にしようか
…まぁ想定の範囲内である。どっちにせよ待つのに変わりないので、どっちでもいいよ 慌てて転ばないように とメールをしたけれど、こちらは地下鉄からメールを送受信しているので時差が生じていたらしく、焦っているクララから、クロスして
連絡がとれないから、とりあえず浅草に向かうね 待たせてすまない
とのメールが入り、そのまま浅草へ向かった。
最近は、どこの観光地でも人力車流行りなようで、雷門前にもずらりと車夫が並んで客引きをしている。
雷門の両脇に、風神・雷神が控えているのは知っていたが裏に弁天様(?)らしき女性と、なにやら優男が控えているのは今回始めて知った。ありゃ、どなたであろう。

彼女は幼児洗礼を受けたクリスチャン(あまり敬虔ではないが)だから、神社仏閣に興味は示すものの、作法を全く知らんようで、浅草寺の境内に入っていっても手水で清めることもせず、大きな火鉢に沢山線香が焚かれているのを見て、「これ、悪いところにつけると治るんでしょー?」と指差しつつその脇をすりぬけて、ついでに賽銭箱もすり抜けて、ずんずん本堂に入ってゆく。折りしもなにやら読経中だったのだけれど、本堂の中に置かれた賽銭箱もすりぬけて、金網にへばりつかんばかりに前まで行き、奥を伺ってから、くるりと振り返り、「あのドラムの音はいったいなんだ?」と言う。確かに 正面には坊さんがひとりいて読経しているだけなのだけれど、木魚その他の鳴り物が柱の陰より聴こえてくるのでそれを指しての発言なのはわかるけれど、ドラムって…。
続けて彼女は言う。「観音様、どれ?」「御簾の向こうじゃないかな」「あの真中のきれの後ろ?」「多分。か若しくは御本尊は別の場所かも。」「なぁんだ つまらん」
すたすたと本堂を後にしてから水場に気付き、手水桶の上にすっくと立った竜王像を見て、
「あ、仁王さまだ」
「…いや、それは多分竜王だと思う」
「あほんとだ、龍が巻きついてる。…手を洗おうか」
「……順序が逆……。」
キミはほんとに日本人か。
結局浅草であっちこっちにひっかかって歩いたために、彼女の見たかった芝翫の静御前は舞い終わってしまったとのことで、銀座までは行ったが歌舞伎は取りやめ、そのまま有楽町のガード下へ。

今回、財布忘れだとか、鍵忘れで実家で締め出しくらって観たかった日本舞踊の舞台を観損ねたとか細々としたドジの数々は枚挙に暇がないらしいが、彼女にしては記録的に無傷な休暇を過ごしている。実は一番心配していた3日間のソウルでは、日々現地の人おすすめの 観光地ではない「健康ランド」に入り浸っていたといい、怪我も病気もしなかったというからほっとした。
まぁ、彼女の場合、無事にジュネーブに着くまで安心はできないんだけど…。

More:弁天さまかと思ったら
by kyoko_fiddler | 2007-03-23 14:25

構え

b0019333_1230542.jpg
『これがかーの無敵の構えだ』 『…確かにそうかも。』

何年前になるか、右肩を故障して、全く弓が持てなくなったことがある。
その治療の過程で、心身のニュートラル状態というのがとても心地よく、基本でありながら、なかなか得がたい心身の境地なのだな、と身を持って知った。
まさに、「ああ、そうだった、忘れてた」という感じ。

以来、「いつでもそこを始点にもってゆけるように」と思っているのだけれど、これがなかなか。
武術も体術も心得がないので憶測でしかないけれど、「立ち合い」というのか「試合」というのか、そういうのの前の「構え」にも 同じものが多分求められているのだろうと思う。
身体の遣い方における「ニュートラル」な状態だけではなく、思考の面でもやはりニュートラルであることは必要だしね。

今、Seasonalとは別に、招んでくれる人があって、新しいバンドが動き始めているけれど、
話が持ち上がった時にあった「決め枠」を、いっそ外してはどうかと思い始めている。まぁこれは、私が元締めのバンドではないし、メンバーの総意が何処へ行くのかによるけれど、一度枠を外したほうがよりよいものができそうな、その潜在的な力を感じる。


同時にこのバンドが動き始めてから、Seasonalについても、見えてきたことがある。

わたしは ニュートラルでいく。
by kyoko_fiddler | 2007-03-20 12:30 | ぶつくさ

いわゆるひとつの寝違え?

b0019333_17251578.jpg
『…寝ながら怪我するなんて、器用だね、きょーこ。』 『…うるさい。』

朝、目が覚めたら左手の小指がものすごーく痛かった。
曲げられないわけではないが、曲げると痛い。小指の付け根を捻挫したような感じ。

たまーに私は眠っていて自分の小指を傷める事があります。
何故ときかれてもわかりません。これで通算5回目ぐらいですか。
3年ほど前には、夜中に右手の小指のちぎれるような痛みに目を覚ましたら、私はオノレの右手を後ろ手にまわしてあお向けに眠っており、右手の小指をオノレの体重をたっぷり載せた背骨でぎりぎりと痛めつけておりました。慌てて指を(手を)背中から引っこ抜きましたが、小指は青く腫れ上がり、1週間ばかり曲がりませんでした。他の指は無傷でしたが、小指だけ背骨の下敷きにしていたのです。(小指立ててたんだろうか…)

今回は、何をどうして自分の左手小指を受傷するにいたったか、判りません。
自力で(?)小指は苦境を脱出したあとで、私は目を覚ましたらしいので。

当然、毎回演奏に影響します。アホです。
今回もしばらく早弾きはできませんな。もともとしないけど。
というより、痛いので、小指を使わずに弾くしかありません、しばらくは。
(PCのキーボードを打つのもちみっとイタイので、小指を立てたままです。)
コレを機に、ちょっとお上品ぶってみようかしら >違

我ながらうんざりして洗面しようとしたら、鏡に映った私の顔に、うっすら赤く、流れ星の跡がひとすじ。
閣下の爪出しの一閃をくらっているのでした。再三の起きてよタッチ(爪出てません)や鼻キッス、起きてよコールに私が反応しなかったという証拠です。
そういえば、目を覚ましたのって、閣下が私の上を縦断して顔の真上で鳴きあげたからだ。

どんだけ深くねむりこけていたんだ、私…。
by kyoko_fiddler | 2007-03-19 17:25 | ぶつくさ

Get well soon...

b0019333_8185984.jpg
公陳丸先輩の本復を祈ります。

                                          かー
by kyoko_fiddler | 2007-03-18 08:28 | ∟強運の猫たち

15歳にもなって。

Excite エキサイト : 社会ニュースおもちゃのピストル用火薬爆発、中3が指失う 埼玉

今ごろ本人は何を思っているだろう。
指を失うような怪我をしたのが、本人だけでよかったこと。
…まさか、責任は止めなかった担任にある、とかいう話になるのではないだろうねぇ…。
by kyoko_fiddler | 2007-03-16 16:20 | ぶつくさ


猫、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
ひょうたん*カメラ。
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
このブログは引っ越しました
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 07月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(699)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧