<   2008年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

反省。

b0019333_1583824.jpg

ライブの時にしか使わない化粧道具

昨日使おうとしたら 肌に当てた瞬間にボロボロに朽ちた。
マスカラもがびがびに固まってた

化粧品が使い切らずに老朽化することのないようにしなくちゃね。
by kyoko_fiddler | 2008-06-30 15:08 | ぶつくさ

泣く子も黙るすっぽんも気絶する?

b0019333_23535522.jpg

水族館 というライブバーは初めてでした。
店内に入って納得。
水族館よろしく水槽がいっぱい壁面にあり、アロワナだとか、イグアナだとか、鼈(すっぽんて、変な字ですねぇ 書けませんよ)だとか、いろいろ棲んでいるのでした。
写真は、しっかりカメラ目線をくれたアフリカツノガエル(だったかなー、でもツノないなぁ)。他にも金魚よりちっさい黄緑色に黒い水玉模様のフグとか、いるわいるわ。
で、当然音を出せば水槽の住人達はそれぞれにメイワクそうに反応するので、これがまた面白くて。
b0019333_045323.jpg
おお、元祖「イグ」ちゃん。音場のことなんかも考えて、VENICOさんを携えて行ったのですが、イグちゃんの姿みて、おー、音緒にしてもよかったか、と思ったりして。
…ケータイにしては、よく撮れたなぁ。

で、肝心の演奏ですが、久しぶりに愉しく弾かせていただきました。
ただね、とっても気になったことが。

私の隣に、大きなすっぽんの水槽があって、ブタ鼻のすっぽんが、やる気なさそうに水槽の中を回遊していたのですが、隣で私が弾き始めると、手足を動かすの止めて、水中で漂いはじめるんですよ。
まるで、ショックで気絶してるか、仮死状態になってるみたいに。
弾き止めると、またオモムロに泳ぎだす。
一度なんて、私の顔のすぐ横まで思いっきりマヌケな顔して漂流してきたので、思わず一瞬素に戻りそうになってしまいました。
どおいう反応だったんだ、いったい!?

かおりさんの歌、よかったですよ。
なによりも、歌う姿がとても愉しそうで、美しかったです。
考えてみたら、ミドリさんとも、ステージご一緒は初めてでしたが…
楽譜はちゃんと整理してステージにあがろうよ、ほんとにまぁ…。
by kyoko_fiddler | 2008-06-29 23:53 | ぶつくさ

かおり・みどりの初ワンマンライブ

b0019333_220258.jpg
てなわけで、ちょろっとお邪魔してまいります。
ゲストなので、御気楽です~。 ああ、でもタマゴ振り、上手にできるかしら…。

雨ですね。
新宿近辺は、洞爺湖サミットのテロ警戒だそうで、談笑しながら警邏するおまわりさんの行列が見られます。
ゴミバコも撤去、コインロッカー使用禁止、
皆様、お足元と挙動には充分にお気をつけて、お運びくださいませ。

かおりさんは これが初のソロライブだそうです。
朝露のような声です。
by kyoko_fiddler | 2008-06-29 09:39 | ライブのお知らせ

猫の森讚江

b0019333_2132769.jpg

…って やってる場合かー
by kyoko_fiddler | 2008-06-28 21:03 | ぶつくさ

さりげなく

b0019333_13544153.jpg

お仕事ジャマー。

むこうに転がっているのは、棚から閣下に蹴り落とされたオリゼー。
…あ、このオリゼーも本のオマケだった…。
by kyoko_fiddler | 2008-06-27 13:54 | かーは猫である

またつまらぬものを

b0019333_2328787.jpg

買ってしまった…

いや これは非売品で これについてた(逆!)ウーロン茶を買ったわけですが。
どうも、スタンプに弱くて。

ちなみに ミニガーゼハンカチ欲しさに〇右衛門も買いました
バイオリンのあごあてに敷くのに案配がよござんす。コレは私には実用的で、いい買い物(違)でしたのよ。
by kyoko_fiddler | 2008-06-26 23:28 | ぶつくさ

ゆめきち2歳

b0019333_22364224.jpg
ゆめきち2歳になりました。なんと7キロもあるそうな。
かーの1.5倍じゃないか。立派になりおって。
病気もせずに元気に溺愛されているそうでございます。
福ちゃんにしても、ゆめきちにしても、元気なようで、本当になによりです。
by kyoko_fiddler | 2008-06-24 22:38 | ∟強運の猫たち

好き・嫌い

b0019333_12335567.jpg
『…んだよぉ…さっき遊んでやっただろ…』 『え゛…あ、遊んでもらってたのか?』

I姉妹のお姉ちゃんRちゃん。
最近レッスンのノリがよろしくありません。原因は、おそらく今やってる曲が好きじゃないからなんだろうなー、とは思っていましたが、だんだんレッスンの度に顔が曇ってきて、1度弾いては「はぁ~」とタメイキ。
好きじゃない理由も、難しいからだっていうのが第一番にあるのと、バッハの曲なんで、多分、まだ「つまんない~」って感じるからなんだろうな、と見当もついているのですが。さてどうしたもんか。
教則本は、なんとこのあともバッハが続くのであります。この曲をどうにかクリアしても、また「つまんない」バッハが待っているのであります。その次も次も、バッハじゃないけど、似たような多分「難しいし、つまんない」曲が2曲待っているんであります。
で、ここんとこちょっと私も思案投げ首だったのですが、思い切って、今のバッハが終わったら、次のバッハとシューマンとゴセックをすっ飛ばして次の教則本に行くことにしました。もうちょっとして、Rちゃんが「難しくない」と感じたら戻ってあとの3曲をやろうと。
そういうやり方が、教育的によいのか悪いのかは迷うところですが。

お子さんとレッスンしてると、どのお子さんも「挑戦」をものすごく嫌います。新しいものは、やってみる前にまず「無理」「できない」って絶対に言う。これはどのお子さんも、「お約束」。
「無理」「できない」「できるって」「無理じゃないって」っていう押し問答を延々繰り返して、漸くバイオリンを構えてくれて、でも音をひとつ出しただけで「むりぃー」
「まーだひとつ音出しただけじゃないのー」新曲の出だしはいつもこう。
「ほーら、できたじゃなーい!」と最後に笑うのは私なんですけどね。

ハテ、私は子供のときどうだったんかしらん、と思うのですが、あまり記憶にない、というか、基本的に私には、何につけ「NO」と言える環境ではなかったので、おそらく、難しいとかやだーとか思うという思考回路もなく、ただやっていたのではないかと推測します。コレもいいんだか悪いんだか判りませんけどね。

Rちゃんも気に入らん曲だろうが難しかろうが、弾けてしまえばなんてことないわけなので、このまま順番どおりに進めるべきなのかもしれませんが、それでつまんなくなるんじゃぁ、元も子もないかなと。
by kyoko_fiddler | 2008-06-23 12:33 | なんちゃって先生

おべべのモンダイ。

b0019333_23455235.jpg


先週、月末のライブのリハに行った際、かおり・みどり(こう書くと、漫才コンビみたいだー)のふたりから当日の衣装はコレ! と見せられて以来、実はずーっと悩んでいる。
いや、あくまでもゲストなんだから、彼らのドレスコードに準拠する必要はないんだけど、わざわざ見せてもらったわけだし、まるでカンケーないカッコをするのも悪いではないか。
でも、アレを見せられたら、ワタシとしては、金太郎のはらがけか、柔道着かなんか着るしか、対抗する術はないではないか。>大間違!

というわけで、シェイカーフリフリ考える日々なのでございます。
うあぁ、もうすぐじゃん。
by kyoko_fiddler | 2008-06-21 00:03 | ぶつくさ

見ちゃった。

レッスンに向かう電車の中。
目の前に座っているおっさん。細っこい若者二人連れて、袴に下駄履いて、(若者ふたりはよれよれのTシャツとよれよれのジーンズ、ジャージ)若者ふたりの手には杖がはいっているらしき袋。
なんとなく全体にこきたない、よれっとした3人組。

このおっさん、どっかでみた。…どっかでみた。どっかでみたどっかでみた。

しばらくじーっとおっさんの顔を眺めて(おそらくガン見してましたな)考え込み、おお!と膝を打たなかったけど、ケータイ取り出し鹿児島の原田ヴァイオリン工房の原田親方にメール。
「わー、今目の前に甲野先生がおるですー」
古武道の、求道者ですな。
私は、直接には存知上げませんが、身体の遣い方について武藤さんや原田親方が熱く語る中によくでてくるお名前で、(実際武藤さんは勉強会などにも参加なさっていたそうです)勧められるまま、本など読んだり、おすそ分けでトレーニング方法を教わったりしていたんで、顔みてわかったんでございます。
で、「わーわーわーわー、ホンモノダホンモノダ このひと、つおいんだぞー」
と思いながら、なおも不躾にガン見してたわけですが、見れば見るほど、「………?」

武術だの、体術だのソノ道の大家っていったら、それなりに、こう 近寄りがたいような、
ゴルゴ13並みの(まだ引き摺ってます うひゃひゃ) オレは強いぞオーラが出ていそうな感じがしますが、この方からは、…。
目の動きも、立ち居振舞いも、いたって「フツー」。
若者ふたりと、こしょこしょっと話してクスクス笑ったりしてて、なんか、このおじさんたのしそーだな、ぐらいにしか見えません。
なんかちょっと姿勢も「くたっ」としてるし。
くたっとしてるとはいっても、なんか骨が太そうな感じなので(筋肉は全然隆々としてませんが)柔らかくは見えないんですが、とにかく「グダグダ」。
ううむ、さすが。
実際は、こういうものなんだなぁ、となんだかとても納得。
池波正太郎描くところの「小兵衛」とは、こんな感じだったかもしれない、と。

そうこうするうちに、先生一行下車。

携帯には鹿児島の親方から返信が。
『真後ろから飛びげりしてみればよかったのに。もったいないなぁー』

なにお茶目なこと言ってるんだか。
そんなこと考えもしなかったけど、考えて一歩踏み出した瞬間に弟子っこに制圧されるに決まってるでしょうが。
by kyoko_fiddler | 2008-06-18 11:57 | ぶつくさ


猫、ときどき提琴。 ~Fiddler on the Moon~


by Kyoko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

Twitter Button from twitbuttons.com

【猫・その他イキモノ】
The Cat who...
溶けてゆく猫
ひげのいろいろ
こちび日記
猫のおきて
猫毛フェルトの部屋


【かー殿下御用達】
猫の首輪工房
柔らかく軽い素材のセンスよい首輪があり、裏にネームも入れてもらえるようになったので、箱入り猫さんにも万が一の時の迷子札がわりになります。殿下もお勧めです。

カテゴリ

全体
Profile
ライブのお知らせ
Works
Tools
なんちゃって先生
∟レッスンについて
Reviewなど
Link
かーは猫である
∟強運の猫たち
∟猫その他イキモノ
写真教室
∟ムシ きらいなの。
魔法使いの弟子
ぶつくさ
Ring
PineWoodCar!
自転車
未分類

フォロー中のブログ

女プログラマってどうよ?
今夜もeat it
クロマチック・ハーモニカ...
えぬ!にっき
花猫風月(はなねこかぜつき)
*ムスカリのしっぽ*
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぶろぐれCAT!
ちょこちょこ
☆やなぎでめきん☆
COMPLEX CAT
七匹目のどじょう
魚丸記
TAPIRUS B.I....
Gitte's Photo
Greenfarmアンドー日記
安うまワイン紀行 -赤編-
ねこのまにまに
だらだら猫写真記
王様のみみはロバの耳!
カメムシも面白い!!
T a b b i e s
猫目堂
ねこじゃら日記
猫飯診療所-乳がん再発の記録
栗太郎本舗(猫)
Music Avenue
ヒトは猫のペットである
猫にひとり言
ねこばか帳 
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
九匹目のどじょう
どうぶつのおうち
World is 峰-m...
ヴァイオリン工房は不思議...
猫の目かわら版
素なっぷ
Hug your horse.
永尾まる☆てげてげブログ
のんびりと動物園散歩
ペネロペの星 きれい
このブログは引っ越しました
写真で日記
帽子をかぶった猫のいる暮...
うにょ子の絵日記 (ヴァ...
Une oreille ...
風景って「風の景」by ...
迂路有漏胡乱 urour...
solesole工房
elää vapaa
Give me a Re...
★ Charlie Na...
cultural cre...
三谷峰生:Violini...
よたっこのよた
パインウッドカーで遊ぼう!
= T a b b i ...
Maro Kawabat...
カウントダウンノート

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
more...

最新のトラックバック

ムローヴァのバッハ:無伴..
from クラシック音楽ぶった斬り
自作
from だらだら猫写真記
例の2人がまた…
from Kladrei's憧れの五線譜♪
添田唖蝉坊~高田渡~細野..
from 写真少年漂流記
豚インフルエンザに関する..
from 写真少年漂流記

ライフログ


Ernie: A Photographer's Memoir


さらば、ガク


Banana fish (1)


11人いる!


陰陽師 (1)


動物のお医者さん (第1巻)


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))


硝子戸の中


羅生門・鼻


ノラや


大風呂敷―後藤新平の生涯〈上〉


闇狩り師―ミスター仙人・九十九乱蔵


しゃばけ


文庫版 姑獲鳥の夏


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER


メンデルスゾーン:VN協奏曲


アンコール!~ヴァイオリン愛奏曲集


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


Gongzilla: Suffer


Expresso II


Phantazia


Hold On


Never Lose Your Heart


Quiet Life [Expanded]


GATHERING WELCOME TO ANIMATION WORLD


月の夜にアイまShow! Live in Drama Theater Vol.2“~アルトの声の少女


Ingmar-for the beginning-


百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)

タグ

(699)
(321)
(172)
(138)
(109)
(45)
(36)
(35)
(30)
(18)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
音楽

画像一覧